サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界のはての泉 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:20cm/363p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7949-1692-2
  • 国内送料無料

紙の本

世界のはての泉 下 (ウィリアム・モリス・コレクション)

著者 ウィリアム・モリス (著),川端 康雄 (訳),兼松 誠一 (訳)

名づけ親から託された不思議な首飾りに導かれ、再会を果たしたラルフと美しい少女アーシュラ。数々の危難を乗り越えて、ついに二人は泉に到達したが…。モリスの生涯の主題が結実した...

もっと見る

世界のはての泉 下 (ウィリアム・モリス・コレクション)

2,484(税込)

ポイント :23pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

名づけ親から託された不思議な首飾りに導かれ、再会を果たしたラルフと美しい少女アーシュラ。数々の危難を乗り越えて、ついに二人は泉に到達したが…。モリスの生涯の主題が結実した大河ファンタジー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ウィリアム・モリス

略歴
〈モリス〉1834〜96年。イギリスの詩人、美術工芸家、社会改革家。家具や壁紙など室内装飾で知られる。著書に「世界のかなたの森」「理想の書物」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/05/25 23:33

投稿元:ブクログ

上・下で百ページの差があるというのに、同価格なのが解せない。
 長編ファンタジー。
 ウイリアム・モリスの書く女の人はしっかりとしていて、だいたい謀略家か策略家。
 主人公の王子を世界のはての泉に案内するアーシュラは賢く強い美女。
 泉の水を飲んだものは比類ない強さと賢さと永遠に等しい若さと長寿を手に入れられる。
 主人公ラルフが出会い、恋いこがれた女王は泉の水を飲んだ女。男すべてに愛され、ほとんどの女からは憎まれ嫌われ、医術にたけて、魔術も用いる。
 彼女は彼女に恋をした男たちを破滅させ、ラルフと恋仲になったのもつかの間、殺されてしまう。
 彼女はラルフの若さを愛していたので、死ぬ前に彼とアーシュラがともに泉に向かうことができるようにしくんでおいた。
 アーシュラもまた男たちから愛される女だが、レイディほどの魅了を発しないというのか、もっと強力であるのか。レイディは夫から無理矢理にそういうことをされたり、夫の親友が懸想してきてはねつけると敵に回って彼女を窮地に立たせたりするのだが、アーシュラの場合は求婚をはねつけられた蛮族は彼女を命がけで守り、道中に指一本ふれたりはしない。また敗退的な王にアーシュラは捕まってしまい、王から無理強いされそうになるが、死んでやるという脅しで貞操を守り、自分に懸想する王の甥をうまく騙して城を逃げだす。
 そしてラルフと再会し、ともに泉に向かう。

 長いロマンス。恋愛物なのに読みやすい。
 登場人物は多い。前半に出てきた者はたいてい後半にも出てくる。
 きれいに決着がついて終わり。後味はよい。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む