サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ベター・ハーフ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/403p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-774452-1
  • 国内送料無料

紙の本

ベター・ハーフ

著者 唯川 恵 (著)

バブルに躓き、不倫に溺れ、不意打ちのリストラ、ボケ始めた親、お受験に奔走。それでも別れられないのはなぜなんだろう−。結婚生活の実態に挑む長編小説。【「TRC MARC」の...

もっと見る

ベター・ハーフ

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バブルに躓き、不倫に溺れ、不意打ちのリストラ、ボケ始めた親、お受験に奔走。それでも別れられないのはなぜなんだろう−。結婚生活の実態に挑む長編小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

唯川 恵

略歴
〈唯川恵〉1955年石川県生まれ。金沢女子短期大学情報処理学科卒業。銀行勤務を経て、84年「海色の午後」で第3回集英社コバルト・ノベル大賞受賞、作家に。著書に「病む月」「愛なんか」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

哀しいほどに現実

2004/02/10 22:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SHIGEさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

グサッ、ドキッ。何回言葉のトゲが刺さっただろう。
だってあまりにも現実すぎるんだもの…。
結婚生活を共に歩んでいくということがどういうことなのか、
この1冊で全てがわかると言っても過言ではないくらい
現実の中の現実が描かれている。
男と女の本音の部分が嫌というほど表れていて
未婚の人が読むには正直キツイかもしれない。
でも、あえて読んでほしい。
結婚というものの中に潜むもの、
パートナーが鏡のように互いの成長を映しあう存在であり、
時には夢から冷める瞬間であったり…
全て覚悟して読んでほしい。
そして、その上で結婚というものをゴールではなく
スタートとして共に一歩踏み出せる自分になってほしい。
未婚の人へは人生の手引書として
既婚の人へは歩んできた道を振り返る材料としてお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

現代に大河小説があるとすれば

2002/03/12 10:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かいたろー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 物語は最悪の結婚式から始まる。出席者への体面だけのためにとりあえずこなした結婚式のあと、二人の男女に、まるでアクションゲームのように次々と困難が訪れる。「別れてしまえばいいのに」という状況なのに、その選択すら許されない。しかしそんな時、人間の脳はアドレナリンやらドーパミンやらがドバーッと出るようにできているらしい。
 「やるしかない」とばかりに、もだえながらその場を切り抜けていく夫婦の姿が、90年代の大事件を背景に描かれていく。バブル崩壊、阪神大震災、地下鉄サリン事件、少年A…読者はいつしか、主人公の境遇を自分の10年史に重ね合わせてってしまう。
 日本という国が金銭的にはすべてを失ったに近い、いわゆる「失われた10年」の波に洗われる夫婦の姿は、ちょっと見、不良債券化しているように見えるのだが、物語を読み終わってみれば、ちゃんと夫婦として成長していることに安心する。困難は人を磨く、などと言うつもりはない。ただ、人はどこかで生きて行かなくてはならないとしたら、逃げ場などないのだという単純な真理に気が付く。そして、世の中は思ったほどよくもならないし、悪くもならないのだと。
 現代に大河ドラマがあるとしたら、それは庶民の物語にしかあり得ない。今の時代においてドラマは、時代を作る人間にではなく、時代に立ち向かう人間にあるからだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

理想と現実と

2003/11/07 11:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オクヤマメグミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 長編なのだが一気に読み終えてしまった。
すごく現実味のある結婚小説で、目の前で見ているみたいだった。
 バブルの最盛期に恋愛し、結婚した二人。
時代背景を絡めながら描かれてゆく。
 理想と現実。愛情と憎しみ。許容と諦め。
色々あるものの、決して離婚へは至らなかった二人。
 あとがきに著者は、結婚相手はベストではなくてベターな方が成功かもしれないと書いている。
本書を読み終えた後で、それが少し理解できた気がした。
完璧な人間などいない。足りないものを補って、ベストに近づくために寄り添いあう。
結婚とはゴールではなく、スタートなのだなと改めて思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ベター・ハーフ

2001/05/20 09:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 結婚式当日に、夫の愛人が自殺未遂をおこした。そして、次から次へと問題がでてきて、解決するたびに、どんどん二人の距離が遠くなっていく。
 結婚している人にはおすすめです。とっても切ない夫婦のラブストーリーです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/07/05 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/22 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/23 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/21 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/14 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/29 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/02 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/21 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/15 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/30 02:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/20 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る