サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

凍える牙(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 248件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/520p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-142520-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

凍える牙 (新潮文庫)

著者 乃南 アサ (著)

【直木賞(115(1996上半期))】【「TRC MARC」の商品解説】

凍える牙 (新潮文庫)

810(税込)

女刑事音道貴子 凍える牙(新潮文庫)

896 (税込)

女刑事音道貴子 凍える牙(新潮文庫)

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー248件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

ハヤテのファンになりました。

2008/08/16 17:31

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

凍える牙 乃南アサ(のなみ) 新潮文庫

 わたしは、主人公オオカミ犬「疾風(ハヤテ)」のファンになりました。アラスカの大自然を描いた星野道夫著「長い旅の途上」を読んだあとだったので、アラスカの寒い風景とハヤテの姿が重なりました。「長い旅の途上」には、アラスカにいるオオカミの記事もありました。
 いくつかの視点でこの物語を語ることができます。そのひとつに女性差別があります。12年前の作品で、今となっては記述の古さが感じられます。白バイ刑事、音道貴子(おとみちたかこ)さんの相方である滝沢刑事(40代)のような男性像は、今はもう見受けられません。そのように女性を扱う男性は定年退職をして現役の世界に別れを告げました。わたしは49歳ですが、女性に気軽に何か話そうとするとその内容はすぐにセクハラ発言と直結してしまうので、若い女性には話しかけません。仕事の世界では、そういう中年男性ばかりになりました。
 推理小説、警察物語なのですが、文章のかなりの部分に女性のつぶやきが挿入されており違和感があります。優柔不断な女性心理、女性週刊誌的記述がサンドイッチになっています。事件の進行とは無関係な貴子さんの経歴が延々と語られます。作者自身の紹介かと受け取りました。
 人間が燃え出すところから物語はスタートします。伊坂幸太郎著「ガリレオ」にもありましたが、どうして人間が燃えたのかは思い出せません。化学薬品のことはちんぷんかんぷんです。
 ところどころにある貴子さんと男性刑事とのやりとりは、銭形平次のセリフのやりとりのようでもあり、江戸時代の岡っ引きを思い出させます。291ページで殺人事件の犯人が分かってしまいました。このあと512ページまで、どのような記述をしていくのでしょうか。
 20年ぐらい昔に見たNHK大河ドラマ「足利尊氏」で楠正成(武田鉄矢役)が語ったセリフを思い出しました。その言葉がオオカミ犬ハヤテの意志です。「戦(いくさ)とは勝ち目があるからするとか、勝ち目がないからしないとかではなく、自分が愛する家族や一族を守るためにただひたすら戦うことです。」というような趣旨でした。ハヤテは家族を守るために戦い、だれひとり家族がいなくなったから姿を消したのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

バツイチ女刑事の行方は…

2004/08/22 02:25

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なかちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この著者の本の中では、かなりキリっと登場人物像が
描けている本です。

バツイチの女刑事が一緒にチームを組む羽目になった
典型的な今時オヤジ刑事。
初めは心を開かなかった二人が、仕事を通じて
何となくお互いを認め合っていくのが気持ちいいです。

世の中まだまだ男性社会。この中で戦っていくには
ある程度突っ張らないといけないのだな…と思い知らされます。

でもこの女刑事がかっこいい。
冷静沈着でなおかつバイクも操る。
クライマックスのカーチェイス(片方は動物なのだが)
の描写も見物だ。

「鎖」を読む前に読んでおきたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

男社会の中で闘う女刑事貴子が見た真実

2002/06/07 00:20

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くろねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんて衝撃的なスタート。
深夜のファミリー・レストラン。
突然、燃え上がる男の体。
さらに、男の体に残されていた野犬の噛み傷。
けれども、それは、単なる始り。
よく似た噛み傷で致命傷を負った殺人事件が連続するなんて。
いったい、誰が、なんのために、犬にそんなことをさせるのか?
被害者の間のつながりは?

事件を追うのは、音道貴子。
バツイチの女性刑事。
物語のもう1つの核は、「警察」という男社会の中での彼女の孤独な闘い。
女であるというだけで受ける不当な扱い。
ましてや、それが、行動を共にする相棒の刑事からのものだとしたら、
なんて救われない。
なにしろ、その滝沢ときたら、貴子とうまくやっていこうという意識が
まるでないんですから。女と組まされたことを、貧乏籤としか思わず、
相手を思いやることをしない。
普通なら、何日も、何日も行動をともにしていれば、多少なりとも打ち解け、
「女」としてでなく、「音道貴子」として見るようになるものでしょうに。
一緒に歩いても、まるで無視。
聞き込みで、自分と同類の男の元へ行けば、本人を目の前にして貴子を
侮辱する。
いったい、あんた、何様のつもりだよ。
何度、心の中で叫んだことか。
分かるから、それが、決してフィクションではなく、警察だけであることでなく、
まだまだ、社会は「そう」であることが。
この作品が書かれたのは、5年前。
でも、いったい、どれだけの進歩を、この社会は遂げたのでしょうか。
男と女の「絶対的」な違いなんて、結局のところ、妊娠・出産について
以外にあるのでしょうか。「男の大部分」がそうであり、「女の大部分」が
そうであることは、「男と女の違い」なんかではないでしょうに。

おまけに、そういう差別をもたらすのが、異性だけでなく、同性からも
だとしたら、いっそう、やりきれない。
ましてや、それが、肉親からだとしたら。

でも、それでも、そんな社会で、なんとか上手にやっていこうと、
貴子は奮闘します。
どんなにがんばっても、誰からも、認めてはもらえないけれど。
自分だけは、自分のがんばりを知っているから。

事件の裏にあるのは、哀しい思い。
でも、だとしても、忠実な犬をそんなことに使うなんて、許せません。
犬は、ただ、大切な人間の命令に従うだけ。
彼は、ヒトの持つ善悪の観念とは別の次元で生きているから。
それを、利用するなんて。
信頼する人間を見る犬の瞳。
真っ直ぐで、曇のない瞳。
あんな瞳で自分を見詰めるものを、どうして!
逃げて!
逃げ切って!
そんな鎖から、自らを解き放って!
祈るような思い。

私は、お前の瞳を忘れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

働く女性の前に男性に読んで欲しい一冊です!

2001/08/18 21:24

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高城 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 仕事をもつ現代女性像をいま、一番リアルに描けている本だと思います。この本に共感する女性、それは仕事をもっていない女性にも一杯いるでしょう。でも何よりもまず、男性に読んでほしい一冊です。主人公の音道貴子刑事がペアを組むことになった典型的オヤジ刑事について、あなたは「こんな男は今時いない」と思いますか? それとも「おれも本音をいえば…」? 貴子みたいな女性はやりにくいって思いますか?
 当たり前の仕事をもつ社会人としての女性、それが簡単に受け入れられない現状をバーチャル体験してみてください!
(P.S.続編「鎖」も五つ星です!)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

迫力の追跡シーン

2004/07/16 17:53

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:luke - この投稿者のレビュー一覧を見る

 深夜のファミリーレストランで人が炎上。捜査本部が設置され第三機動捜査隊女性刑事音道貴子が招集された。捜査中に人が獣に咬殺される事件が発生。炎上事件とのつながりが推測され、音道は所轄刑事と追い始めるのだ。過去に傷を持つ女性刑事と家庭に問題を抱えるベテラン所轄刑事のコンビは互いに反発をしながらも謎に迫る。暴かれていく謎の行く先にあるのは…。

 これまで短編小説でしかお目にかかれなかった乃南アサですが、いよいよ本格的に取り組もうかと選んだ最初の一冊目が「凍える牙」でした。想像したとおり期待は裏切られなかったものの、期待が大きすぎたせいか今ひとつ物足りなさも残りましたが十分に満足しています。謎が解明されて行く捜査過程と女性捜査官が過去を断ち切って一人前の刑事として育っていく過程が大きな柱になっています。それが交差し終盤に並びますが、それを象徴するのが深夜の高速道路を走る追われる獣と女性刑事のバイクでしょう。このシーンこそ乃南アサが一番書きたかった所じゃないだろうか。中央高速から首都高速、湾岸線そして幕張の海岸までのシーンは目の前の映像が広がるようです。追いつめる公園の木立の中でバイクが転倒、立ち止まる獣、双方の見つめ合う眼が互いの中に見たものとは何だったのでしょうか。115回直木賞受賞作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

普通のようで普通じゃない

2000/10/31 13:31

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てんぷら - この投稿者のレビュー一覧を見る

 オジサンと独身女が仕事でコンビを組まなければならなくなる。互いのやり方が気に食わず、最初は衝突してばかり。だが、あることを堺に二人は最高のコンビとなる…。一見ありふれた設定だが、それを単なる大衆本で終らせないのが、さすが乃南アサ。二人の個性が見事に表現されているし、それに絡めて男社会における職場(この場合刑事)での女性の扱われ方といった社会テーマもふんだんに盛り込んでいる。事件解決の経過の描写も素晴らしい。本嫌いでもすんなりと読める秀作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

疾風を主人公と一緒に追いかけていた

2000/09/29 00:31

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:boo - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ウルフドッグが出てくるまでは、私のなかでは実在する生き物が犯人とは思わなくなっていて、いつのまにかSFじみた感覚になっていました
 神秘的で賢く気品がある、ウルフドッグに魅了されていく主人公主人公と同じく一緒に追いかけて、走ってる気持ちになっていました
 事件の真相はとても悲しく切ないもので読みながらも少し居たたまれない気持ちになりながらも、疾風に会いたい気持ちでこの本を読みました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真犯人と刑事、孤高の二人。

2017/05/22 23:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

直木賞受賞作ということで読んだ。
新たな作家さんに挑戦するときに使う手の一つだ。
もちろん直木賞という理由だけで手にする訳ではなく、
ちら見もして最終判断する。この作品はタイトルと裏表紙の
紹介文で読もうと決めた。

少し引用する。
> 深夜のファミリーレストランで突如、男の身体が炎上した!
> 遺体には獣の咬傷が残されており、警視庁機動捜査隊の
> 音道貴子は相棒の中年デカ・滝沢と捜査にあたる。
> (中略)
> 野獣との対決が次第に近づいていた-。

警察ものであるが、登場人物の描き方に迫力がある。
犯人を追い詰めていく過程や、野獣の関わり方なども面白い。
野獣が何なのかは物語の半ばで明らかにされ、半分予想通りと
いったところ。そこからの展開がぐいぐい引き込まれていくのである。

音道刑事は女性で、事件の対策本部にメンバーとして入る。
男職場による弊害を充分すぎるほど理解しているが、
肩を突っ張って生きている。

事件が起きると、捜査員の二人組が作られる。
指名されたのは滝沢という現場たたき上げの堅物だった。

二人とも自分のスタイルに固執し、全幅の信頼を寄せることなく、
プロとして認め合うという方向性に共感した。
女性刑事なので偏見などが分かりやすい表現になっている。
しかしこれは女性じゃなくても同じだろう。

必死に突っ張る音道刑事の姿は、失われた昭和のサムライみたいな
ものを思い出させるのである。追い詰めていく真犯人も孤高な存在だ。

最後のエピローグが効いている。
格好いいなあ、でもちょっと格好つけすぎか。読み応えがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いい作品。

2003/01/08 01:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すみれ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いままで読んだ直木賞受賞作品の中では
一番面白かったし、よく書けていたと思う。

少し、しつこい言い回しや、
用意しすぎたプロットの突然の変換に疲れてしまうことも
あったけれど、それらがちゃんと全て結末に向かっているし、
まるで連ドラのように、
読み出したら止まらなくて、
中毒性の高い本だとも思う。

描写も見事だし、惹きつけるような事件が、
読み始めてすぐにあるから、
読書が苦手な人でもすいすいと読めるんじゃないかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

作者はこのクライマックスを描くためだけにこの作品を書いたのではないか

2002/04/05 22:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新幹線の中で3時間かけて、少し長い目の映画を観るような感じて読んだ。ウルフドッグ疾風[はやて]とヒロイン音道貴子の追跡シーンと一瞬の交錯。作者はこのクライマックスを描くためだけにこの作品を書いたのではないか。すべての結構はこの一点に向かって収斂していく。人間の犯罪の矮小さなど、この際どうでもいいことだ(安原顕氏の解説は、ちょっとひどいと思う)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女刑事とオオカミ犬の魅力

2013/05/02 16:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジミーぺージ - この投稿者のレビュー一覧を見る

男社会でボヤキながらも活躍する女刑事の躍動感あふれる魅力や、オオカミ犬の忠誠心がこの小説の見どころである。また、女刑事がオオカミ犬をバイクで果てしなく追跡するシーンは読者も一緒に追跡している気にさせる切迫感があり圧巻である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/27 15:06

投稿元:ブクログ

題が犯人を表してるといいますか…。
まんまです。いや、まんまなんですけどね。
音道さんかっこよす。

2006/08/09 00:26

投稿元:ブクログ

なんていうか・・・
終ってみれば面白かったの。
でもさ、やっぱり暗いんだよねえ。頭の中で描く映像が良くて曇り空なんだよね(^_^;A グレイなの。

これが、直木賞受賞なのかと思うと、なんとなく私としては反発したくなっちゃって「まあまあ」に記録(^_^;A 、
なかなか話しに入り込めなくて結構時間もかかっちゃったしね。

新しい作家さんも見つかったことだし、この方は、しばらく良いかな・・・なんて(^_^;A

でも、続編があるって言ってたよね・・・
それはそれでキニナル。
滝沢が音道を認めるようになる経緯がもう少しはっきりわかると良かったんだけどなあ。だってあまりにも酷かったじゃない?最初。

2010/01/23 02:35

投稿元:ブクログ

展開がスピーディで楽しめる。犯人の動機に関する書き込みが少ないので、事件の必然性、リアリティが乏しい。一年後にはもうストーリーを忘れている程度の犯罪小説。 520頁

2004/10/25 21:05

投稿元:ブクログ

離婚した三十路の女刑事が主人公。
人が突如発火するという連続殺人事件の捜査の中で、曲がった女刑事とまさに脂ぎったオヤジが中心に書かれている。
仕事に頑張る女性は勇気をもらえると思う。あとはバイク好きな人、動物好きな人は感動するかもしれない。
ミステリーとか、刑事小説とはちょっと違うかな、