サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

身体/生命
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:19cm/129p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-026426-5
  • 国内送料無料

紙の本

身体/生命 (思考のフロンティア)

著者 市野川 容孝 (著)

身体/生命 (思考のフロンティア)

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本を読む醍醐味

2001/02/22 23:33

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桐矢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まさに思考のフロンティアを開かせてくれる本だから、斜め読みでは読み込めない。
 本書では、フーコーが「生−権力」と名指したものを下敷きにしながら、近代西洋社会と医療の歴史的な関わりを読み解いていくのだが、著者はさらに踏み込んでビシャやピネルのテクストからフーコー自身さえも吟味していく。
 自分の、近代西洋医学に関しての今までの印象がいかに表層的なものであったか、思い知らされた。特に、脳死にかかわる、生と死の境目に関する考察が興味深かった。死というものが身体現象である以前に、社会的現象であるということがよく分かった。生きている状態から個々の細胞が死ぬ…腐敗する…まで死への段階は滑り落ちる坂道のようなものだ。その何処で区切るかは、身体的な事情ではありえない。
 本を読む醍醐味を思う。著者が、何年もかけて、原著を読み、海外に取材に行き、論文を書き、そうして到達した思考の境地に、三時間もあれば行く事が出来る。申し訳ないくらいだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/02 15:01

投稿元:ブクログ

フーコーの生‐権力論を下敷きに、西洋近代医学史を検討。頁数は決して多くないのに、力のこもった筆致と丹念な作業に惹きつけられる(単なるファンかも(^^))。近代(現代)医学に違和感や危機感を感じる人には一読の価値大アリ。

2012/02/20 23:06

投稿元:ブクログ

 フーコーが提出した「生‐権力」という概念、その基盤には社会が人間の身体/生命をどのように捉えているのかがあるのだが、本書はその系譜(“死”の揺らぎ)をたどっている。脳死問題から始まり脳死問題に回帰していく本書の中で、フーコーが肯定した「死への権利」、つまり安楽死・尊厳死はたしかに生‐権力に対する抵抗にはなるが、それは、抵抗しようとした生権力のメカニズムと共振しうるという市野川氏の指摘はまさにその通りで、投げかけられているのはフーコーを乗り越えること、と言えばやはり目眩が始まる。明確なことは何も打ち出せず、ひたすら要検討スタイル。ただ乗り越えるバネとして、本書の系譜は必ず役に立ちうるであろう。
 余談だが、個人的に、ビシャの主張した、「有機的生命」と「動物的生命」のうち前者の機能停止こそが死であって、後者の機能停止は死ではないという話から、それをルソーの社会契約論にみる政治体に関する記述、つまり国王からその権力を剥奪し、彼に優越する近代民主制に対応させたのはなかなかアクロバティックだと思う。

2016/10/08 16:17

投稿元:ブクログ

【目次】
はじめに [iii-vi]
目次 [vii-viii]

I 身体/生命はどう語られるのか 001
第1章 暫定的なスケッチ 001
分離と結合の循環  焦げたプティング  「転換」というメカニズム  間身体性  性愛の経験  暫定的なスケッチ
第2章 身体/生命の文化的差異 012
異なる身体観/生命観  脳死議論と身体観/生命観  ポストコロニアリズムと反‐脳死論  逆オリエンタリズム批判

II 生‐権力の系譜 019
第1章 王の身体の変容 019
「生‐権力」とは何か  もう一つの身体  レスとニイカング――シルック族の儀礼  王の身体  不死なる王  殺される王  王の二つの身体  「政治的身体」とは何か  国富の源泉としての「人口」  「第一の下僕」としての王  外在性から内在性へ  まなざしの反転

第2章 死の医療化 037
啓蒙主義の医療倫理  ヒポクラテスの誓い  physicianの誕生  キリスト教  ヨハン・ペーター・フランクと「医療ポリツァイ」  「死の医療化――アポリアの克服」  早すぎる埋葬  人はいつ死んだと言えるのか  脳死は人の死ではない  死生‐権力との医療化

第3章 individualとしての身体/生命 059
ビシャの生命観  屍体解剖  死が照らし出す生命  総合する力としての生命  individualとしての身体/生命  屍体と革命  リソーとビシャ  頭としての王  ギロチンをめぐって  総力戦の条件

第4章 こころの在り処 080
上昇するベクトル  ピネル  カント  公共性の喪失としての狂気  道徳療法

第5章 「種」としての身体/生命 089
ショーペンハウアーとビシャ  性と生殖の医療化  変質(退化)という不安――ルソー  モレル  グリージンガー  さらなる不可分性の原理  狂気の物象化  「種」における死としての変質  「種」から剥がれおちる性  フロイト

第6章 身体/生命をどう語るべきか 107
もう一つの大量虐殺  それはいかにして始まったのか  生命観の書き換え  脳死はなぜ人の死なのか  死への権利  私は訴える

III 基本文献案内 119

あとがき [127-129]

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む