サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 法学・法律
  4. 規範と国家アイデンティティーの形成 OSCEの紛争予防・危機管理と規範をめぐる政治過程

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

規範と国家アイデンティティーの形成 OSCEの紛争予防・危機管理と規範をめぐる政治過程
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 多賀出版
  • サイズ:22cm/367p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-8115-5691-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

規範と国家アイデンティティーの形成 OSCEの紛争予防・危機管理と規範をめぐる政治過程

著者 西村 めぐみ (著)

民主制度、法の支配、ナショナル・マイノリティーの集団の権利の保護といった規範を対象国に移入することで、国家内部の紛争の根本的原因の除去を目指す、OSCEの紛争予防・危機管...

もっと見る

規範と国家アイデンティティーの形成 OSCEの紛争予防・危機管理と規範をめぐる政治過程

7,020(税込)

ポイント :65pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

民主制度、法の支配、ナショナル・マイノリティーの集団の権利の保護といった規範を対象国に移入することで、国家内部の紛争の根本的原因の除去を目指す、OSCEの紛争予防・危機管理のメカニズムの発展と実際の活動を分析。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/11 19:03

投稿元:ブクログ

 規範は国家アイデンティティーにいかなる影響をどのような経路を通して与えるのかという命題について考察し、コンストラクティヴィズムの議論の有用性を提示しようと試みた著作。

 本書は上述の目的の為に、OSCEに焦点を当て、その紛争予防と危機管理のための旧ソ連地域における活動が、対象国にOSCEの規範をいかに伝播したのかを明らかにしようと試みている。

 理論部と実証部、それぞれにその専門家からは疑問を提起される素地があるように思うし、個別的には種々の論争や問題点を有していると思われる。他方で、評者がそれでも本書を評価するのは、旧ソ連の多数の事例をOSCEの活動という点から総合的にまとめようと試みている点である。

 旧ソ連地域の紛争や民族対立を「国際関与の視座」から考察している論考は、今もって本書しかなく、本書は個別事例を背景情報や基礎的知識の不在という根本的な問題を抱えつつも、OSCEの視点から問題を捉えると言う方向でこの問題を相殺しようと試み、インタビューや現地調査なども試みている。

 個々人の研究者の能力的限界を考えれば、複数事例を扱う事の困難さは、言うまでもない。他方で、事例を横断的に総合的な理解を試みる事が必要なのは言うまでもなく、こうした試みは行うべきものである。

 本書は、本来的にはコンストラクティヴィズムの理論的意義を主張したいという背景を持ち、事例としてのOSCEの、活動としての旧ソ連地域という位置づけなので、議論の飛躍や実証面での疑問は感じざるを得ないが、それでもその意義も否定できないように思う。

国際法 ランキング

国際法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む