サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 人生のエッセイ 4 神谷美恵子

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人生のエッセイ 4 神谷美恵子
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 日本図書センター
  • サイズ:22cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8205-6653-9
  • 国内送料無料

紙の本

人生のエッセイ 4 神谷美恵子

著者 鶴見 俊輔 (監修),神谷 美恵子 (著)

生きるヒントがつまった珠玉のエッセイを精選したシリーズ。第4巻は神谷美恵子のエッセイ・講演のなかから、おもに人生をテーマにしたものを集める。「私の人生」「思い出すことども...

もっと見る

人生のエッセイ 4 神谷美恵子

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「人生のエッセイ 4 神谷美恵子」が含まれるセット商品

人生のエッセイ 第1期 10巻セット

人生のエッセイ 第1期 10巻セット

  • 鶴見俊輔 監修
  • 税込価格:19,440180pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

生きるヒントがつまった珠玉のエッセイを精選したシリーズ。第4巻は神谷美恵子のエッセイ・講演のなかから、おもに人生をテーマにしたものを集める。「私の人生」「思い出すことども」「愛に生きた人」など15編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/12/02 19:55

投稿元:ブクログ

高校の時の恩師(倫理の先生)が大好きだった神谷美恵子。

いつか読みたい読みたいと思って4年が経っていましたが、
何とオカンが神谷美恵子にはまるという奇跡笑”

運命だったんでしょう。

「生きがいについて」を読む前に読みたかったこの一冊。

この一冊だけでも非常に多くのものを得れました。

神谷美恵子、さすがです。


【どんな地位や境遇状況にあっても常に自分というものを、いつもどこかで見つめていて、その自分に対して嘘のつけぬ人であった】

【ほんとうに人生において必要とされるのはそういう詰め込みの知識ではなく、知恵なのでしす】

【私たちがものを考える時には、その神経細胞の間に激しくインパルス(刺激の交錯)が伝わってるわけなんです。だから、よくものを考える人の頭の中はこの神経細胞から神経細胞への刺激で大騒ぎの状態なのです。これと反対に毎日をただ漫然と暮らしている人の頭の中は全く天下泰平で、あんまり刺激は行き交っていないのです。】

【平和と物質的安定が続き、身心にゆとりができると初めて生きがいのことが問題になってくるもののようです。】

【人間には「自由への欲求」とともに「不自由への欲求」もある】

【何かのワク、何かの制限にしばりつけられてこそ、その中で、これに対抗して何かをやりたいと思う願いと力も湧いてくるのではないでしょうか】

【人間は何かの仕事に打ち込んで、自分のすべてをそれに献げることによって、自分の生命をそれと交換する。とにかく我を忘れて努力を積み重ねるうちにそこにその人間よりも永続的な価値のあるものが生まれ、その人間はやがて年老いて死ぬが、死ぬ時、「その両手は星でいっぱいなのだ」】

【生きがいを感じやすい心とは、感受性の細やかな、謙虚な心、何よりも感謝を知る心。】

【人間というものは、存在そのものとして尊いのであって、必ずしも、行動することにおいて価値があるのでなく、それよりも前にまず人生をどのような姿勢で生きているかということ自体が大切な意味を持っているのだ】

【人間にとって一番恐ろしいことは、日常性の中に埋没してしまうこと】

深い!

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る