サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

11/30~ <honto限定!電子おまけ>大洋図書・岩本薫キャンペーン(~1/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 医学の通販
  4. 医学の通販
  5. 現代書林の通販
  6. ガンで死ぬのが一番いい 医者の書いた「死に方」の設計図の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ガンで死ぬのが一番いい 医者の書いた「死に方」の設計図
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 現代書林
  • サイズ:20cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7745-0223-5

紙の本

ガンで死ぬのが一番いい 医者の書いた「死に方」の設計図

著者 松田 重三 (著)

自分なりの死の設計図をあらかじめ引いておけば、たとえ死を宣告されたとしても、慌てたりすることもなく、そのまま死を受容できるのだ−。「癌死」こそベストの死に方だという考えに...

もっと見る

ガンで死ぬのが一番いい 医者の書いた「死に方」の設計図

1,620(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自分なりの死の設計図をあらかじめ引いておけば、たとえ死を宣告されたとしても、慌てたりすることもなく、そのまま死を受容できるのだ−。「癌死」こそベストの死に方だという考えに基づく、「目からウロコ」の死に方講座。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

誰もが目を背ける「死」を見つめ続けてきた医師が,長寿社会での「よりよい死に方」を考える

2000/10/06 12:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「死」は,人間にとって最大のタブーである。どんなに体調管理に万全を期しても,等しく万人に死は訪れる。ゆえに,生きている人間は,死に目を向けたがらない。だが,医者という職業は別。いや応なく他人の死に直面し続ける日々の中,死に達する境地というものもあるのだろう。近い将来訪れる,いや,訪れつつある高齢化社会。だが,誰もが平均寿命まで生きられるわけではないし,まして,死ぬまで健康なままでいられるわけでもない。著者は日々,人々の死にざまを見届けてきてつくづく思う。みな,怖れるあまりに死から目を背けてしまい,結果,人間らしい死に方をするチャンスを逸しているのではないか,と。
 医学の進歩による死の定義の変化から,安楽死問題,自然葬の勧めなどを通し,著者は「死に方」という考え方から,「生き方」という問題を逆照射する。また,センセーショナルなタイトルの裏に隠された,「ガンの特別扱い」に代表される現代医療への皮肉を見逃してはならない。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

医学全般 ランキング

医学全般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。