サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. ノンデザイナーズ・ウエッブブック

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ノンデザイナーズ・ウエッブブック
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 毎日コミュニケーションズ
  • サイズ:28cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8399-0332-8
  • 国内送料無料

紙の本

ノンデザイナーズ・ウエッブブック

著者 Robin Williams (著),John Tollett (著),吉川 典秀 (訳)

ワールド・ワイド・ウェブとは何かから、デザインの基本、上級のコツとテクニックまでわかりやすく解説した、ホームページのデザインで悩んでいる人のためのWebデザイン・マニュア...

もっと見る

ノンデザイナーズ・ウエッブブック

3,132(税込)

ポイント :29pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ワールド・ワイド・ウェブとは何かから、デザインの基本、上級のコツとテクニックまでわかりやすく解説した、ホームページのデザインで悩んでいる人のためのWebデザイン・マニュアル。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

テキスト本なのに面白く読めました!

2002/01/08 01:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポーリィーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 超初心者や今すぐホームページ作りの秘訣が知りたい! という方には向いていません。初・中級者でのんびり・楽しく・しっかり知識をつけたい活字好きな方にオススメです。ユーモアを交えながら解りやすくホームページ作りの基本(といっても見落としがちな重要な知識)を教えてくれます。そして各章の終わりに用意されたクイズは、楽しみながら解けるので理解力が深まり、読んだだけで終わってしまうのを防いでくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ノンデザイナーの心強い味方

2001/02/01 01:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:emis - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人に頼まれて、たまにwebのデザインをします。ところがデザインを専門的に習ったことが無いのでしょっちゅうカベにブチ当たります。そんな時にこの本の存在を知り、さっそく購入しました。技術的な部分は意外と知っていたような事が多かったので、自分の技術の確認が出来て良かったかなと思っています。
 有益だったのは「デザインの基本原則」という章です。これもまた、誰に教わるでもなく「知ってた」ような内容なんですが、色々な実例を示してきちんと説明されているので大変納得できました。
 ホームページのデザインは、ひとりよがりになりがちかと思うのですが、厳しい目で自分のデザインを見なおすという「プロ意識」を教えている本として見ることも出来ると思います。
 作品の制作中に行き詰まった時、取り出して眺めていると何かヒントが見つかりそうな本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

Webテクニックの参考本としてではなく、デザインの基礎や発想法およびその背景となるWebの技術情報を学ぶという目的であれば、おすすめの一冊!

2000/12/14 03:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おーなーしぇふ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 正直、購入の際に迷った1冊である。というのも、Webページ作成に直接関係のある技術(HTMLなど)の情報は、ごくありふれたものだったからである。この意味においては、本書はいわゆるHTMLタグリファレンスやテクニック集ではない。だから、初心者にはとっつきにくいし、上級者には知っている内容ばかりかもしれない。

 それでも最終的に購入した理由は、そうした一般的なリファレンス本にはない内容が含まれているからである。

 まず、Webページデザインに関して有用な内容が含まれている。(Webに限らず)デザインする上で重要な4つの基本原則(「整列」「近接」「反復」「コントラスト」)についての説明や、文字・文章の「可読性」および「可視性」との違いについての解説は、初心者にはもちろん上級者についても自己のデザインの再確認をするという意味において非常に参考になるはず。

 また色や画像に関する技術情報が豊富に含まれている。モニターや画像の解像度、Web安全色など、HTML本ではあまり触れられることのない、しかし非常に重要な基本知識について学ぶことが出来る。さらにGIFやJPEGといった画像の保存形式の違いおよびその適切な選択方法などについても、詳細な説明が収録されている。

 Webテクニックの参考本としてではなく、デザインの基礎や発想法およびその背景となるWebの技術情報を学ぶという目的であれば、ぜひとも一読をお薦めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

デザイナーを中心にすぐれたWebデザインを制作するポイントをわかりやすく解説する

2000/10/06 15:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:丸山 正明 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は,タイトルに“ノンデザイナー”と銘打っているので,非デザイナー向けの参考書のように思わせるが,実はWebデザインにあまり慣れていない広義のデザイナー向けに書かれている。広義とつけたのは,最近のWebページはプログラムなどコンピューター知識が必要なため,プログラマー出身などの元々“非デザイナー”の人が制作しているケースが増えているからだ。従来の印刷物のデザインに比べると,見かけ上は簡単にWebページが制作できるからである。この結果,Webページの75%はデザインの基本文法すら守っていないので,訴える力が弱いという。著者は,コンピューターの知識とデザイン技法をともに勉強したデザイナーになろうと主張する。このため,実は本書はWebページの制作を依頼するクライアントにとっても,デザイン面ですぐれているWebページとは何かを判断する視点を持たせてくれる良質な参考書に仕上がっている。
 本書の前半部は,WWWの仕組みなどインターネットの知識を実に分かりやすく解説する。Webページの制作もオーサリング・ソフトを用いれば,簡単にある程度の体裁のデザインができるとしている。下手なインターネットの解説書よりわかりやすい表現で,サーバーとは,プラグインとは,などWebデザインに必要な知識を簡潔に教えてくれる。デザイナー出身のWebデザイナーには読む価値のある内容になっている。
 後半部のWebデザインの基本文法と基本手法は,すぐれたデザインを語る著者だけに,中身の表現力が高く理解しやすい。基本文法では,「整理」「近接」「パラグラフ対ブレーク」「反復」という点がどれだけ重要かを実例で示す。整理など,中央ぞろいや左ぞろいなど一見簡単なことで,デザイン意図が感じられるいいデザインになると納得させられる。デザインとは,こういうことを意味していたのかと学ぶことができる。Webデザインの手法では,ページの見え方や機能の仕方,ユーザー(読者)との対応などを考えるインタフェース・デザインの進め方や,制作するWebページの内容を反映したトップの基本デザインやアイコンなどをつくる着目点を具体的に教えてくれる。そして,悪いデザインと良いデザインの実例を示し,基本文法の重要性も伝える。
 「色と画像と文字」の章は,RGBカラーやインデックスカラー,ビット深度など,Webデザインの基本知識をわかりやすく教えてくれる。何となく知っていることを,きちんと整理して体系化できるすぐれた内容になっている。画像のファイル形式の選択など,やはり基本を知らないと良いWebデザインはできないと痛感させる。画像ファイルの準備の仕方などは,入社したばかりのデザイナーの卵に読ませたい,読みやすい表現になっている。Webデザインの基本をしっかり仕込んでくれる入門書であり実務書でもある。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

コンピュータ・IT・情報科学 ランキング

コンピュータ・IT・情報科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む