サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 上司が「鬼」とならねば、部下は動かず 強い上司、強い部下を作る、31の黄金律

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

上司が「鬼」とならねば、部下は動かず 強い上司、強い部下を作る、31の黄金律
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: プレジデント社
  • サイズ:19cm/257p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8334-1697-2
  • 国内送料無料

紙の本

上司が「鬼」とならねば、部下は動かず 強い上司、強い部下を作る、31の黄金律

著者 染谷 和巳 (著)

上司よ、やさしさを誤解するな、部下に嫌われることを恐れるな、部下は上司の友達ではないのだ! 中間管理者・経営幹部に向けて、強い上司となるための指針を示す。【「TRC MA...

もっと見る

上司が「鬼」とならねば、部下は動かず 強い上司、強い部下を作る、31の黄金律

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

上司よ、やさしさを誤解するな、部下に嫌われることを恐れるな、部下は上司の友達ではないのだ! 中間管理者・経営幹部に向けて、強い上司となるための指針を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

やさしさは強さだ。

2002/01/28 20:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

 会社の支店長の勧めでオットが読んでいた本であった。「改革とは制度の壁を破ること、物質(金銭)の壁を破ること、意識の壁を破ること。このうちで意識の壁を打ち破ることが一番大事であり、一番難しい」という上杉鷹山のことばがあげられていた。そうなのである。意識の壁は厚くて高い。
 ビジネスだけでなく、普段の生活の中にも難儀な「意識の壁」があるじゃないか! 「一般に」考えられていることにふりまわされて苦労しているではないか! 「一般に」とか「普通」とか「みんなが」とか、そう云う意識が問題なんだ。と、自分に重ねて実感をした次第。

 たしかに、ひとの意識というのは、大きな意味で云えば、正解はあっても間違いは無い、と思う。それぞれの人たちにとって、それぞれの正解というのがあって当然、というところである。ただし、それが云えるのは「それぞれの人生のなかにおいて」という意味なのであって、会社のようなところでは、ある程度の正解、少なくても向かう方向をいっしょにする、ということが必要になる。まずは会社の向かう方向をきちんと見据えて、それに利となる行動をとらなくてはならない。そう云う意味で、会社は自分の自由にならない、のである。

 でも、どうしたって楽をしたいから、会社に所属していることが「絶対的な権利」のように思い込んでしまって、なぜか「守られている」と勘違いしてしまっているかもしれないな、と思った。わたしたちのどこかにそんな甘えの意識があって、会社と云う温室の中でぬくぬくとして、知らず知らずのうちにつらいことから逃げてはいないか。
 仕事をする上で、きれい事だけでは済まされないわけである。やりたくないこともたくさんあるし、つらいことも山のようだ。でも、それは全部自分で背負っていかなくてはいけないのだということだ。そういうことから逃げてはいないか?

 「スナック菓子を食べている小学生は社会に出て仕事ができない社員になる」と著者は云う。ずいぶん極端な、と思ったけれど、自分の好きなものばかり食べること、嫌いなものは食べないこと(自分の好きなことばかりやって嫌いなことはやらないこと)は、つらいことに耐える力、つまり心の体力が養えない。栄養面の体力もそうだが、心も弱い人間がどんどん増えているということなのではないか。大人も、会社と云う温室のなかで、ぬくぬくとしている癖がついてしまうと、いざというときに力がでないのではないのか。会社で生きていけないというよりも、心の体力が弱って生きていく上でへこたれてしまうのではないのかな、と思うわけである。

 この本を読んで思った。やさしさは「なまやさしい」ではない。やさしさは強さなのである、厳しさなのである。上っ面のやさしさは世の中に溢れかえっているが、ほんとうのやさしさが必要なのだ。「愛」ある上司はきっと支持されるであろう。

 ほんとうのやさしい人間になるために。それは、自分に対して「鬼」になること、なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2000/2/14

2000/10/26 00:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ビジネス - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎年恒例の「新入社員による理想の上司アンケート」。近年上位を占めるのは、ドラマで渋い上司役を演じる男優、プロ野球の監督などだ。人間関係、コミュニケーションを重視する教師型上司が新人社員の理想だという。著者は、こうしたアンケートの趣旨に懐疑的である。「ならば新人たちの期待に応えよう」などと勘違いする上司は会社を滅ぼす、と一喝する。
 上司としての心構え、部下の指導法など幹部教育の第一人者として活躍する著者は、返事や挨拶さえ満足にできない白紙の新人に好き勝手を言わせているアンケートなど何の意味も持たないと語る。良い上司とは、部下から恐れられる「鬼」でなければならない、それが本書に一貫する主張だ。
 各章では、部下に甘くなりがちな上司の意識を分析しつつ、それを克服する方法、必要な資質を身に付ける法、具体的な人材育成プランなどを31の項目に分けて解説していく。
 現場での対話などそのまま参考にできる実例が多く、ノウハウ本としても役に立ちそうだ。しかしそれ以上に、日々奮闘する中間管理者、経営幹部たちに「やる気」を起こさせる温かいエールに満ちた1冊である。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

部下に同情する前にカッコウを見習え

2000/07/09 01:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊藤雄一郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 社員教育の専門家が中間管理職、経営幹部に向けて、強い上司、強い部下を作る31の黄金律を説く。
 上司が部下の甘くなるのは、思いやりの過剰、自分に甘い、自由・平等の民主的意識のせいだとする。やさしさは必要だが、勝つことを目的とする会社では許してはならないことがある。やさしさを誤解したり、部下に嫌われることを恐れてはいけない。部下は上司の友だちではないのだから。
 人間作りには、3段階ある。まず礼儀などのしつけや行動の習慣作り。大きな声で話す、いい笑顔で、夢を持つ、整理整頓、小走りで行動、挨拶・返事などを浸透させる。次に、思考力や理解力、表現力の養成。大量の本を読み、文章を書く、5W1Hで要領よく話す。
 最後に、意識の向上。会社の肯定、組織の優先、上下関係・同士的結合、顧客第一主義などを意識を持つ。個人レベルの問題ではない、あなたの変身が出発点。極意は単純かつ明快なモノ、と喝破するのが心地よい。
 安っぽい同情は不要。カッコウのずるさと知恵を見習え。優勝劣敗こそ、自然の法則だ。
 「若い社員の気持ちがわからない」と嘆く中高年に、ガツンとくる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/29 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/23 07:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/18 00:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/15 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/05 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/28 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/04 14:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/20 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/15 16:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/18 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/04 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/30 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む