サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 本物の自然化粧品を選ぶ 完全ナチュラルコスメ宣言

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

本物の自然化粧品を選ぶ 完全ナチュラルコスメ宣言
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 春秋社
  • サイズ:19cm/195p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-393-71033-9
  • 国内送料無料

紙の本

本物の自然化粧品を選ぶ 完全ナチュラルコスメ宣言

著者 オーブリー・ハンプトン (著),大滝 百合子 (編訳)

自然の原材料と人工の原材料、メークアップ、保存料、pH、日焼け止め、化粧品の歴史、原材料表示の読み方などについて分かりやすくまとめ、本物の自然化粧品の選び方を紹介する。【...

もっと見る

本物の自然化粧品を選ぶ 完全ナチュラルコスメ宣言

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自然の原材料と人工の原材料、メークアップ、保存料、pH、日焼け止め、化粧品の歴史、原材料表示の読み方などについて分かりやすくまとめ、本物の自然化粧品の選び方を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

オーブリー・ハンプトン

略歴
〈ハンプトン〉化粧品化学者兼ハーバリスト。スキン・ヘアケア製品「オーブリーオーガニクス化粧品」を生み出し、米国だけでなく日本を含め各国で販売。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

あなたの化粧品選びは間違ってない?

2001/02/01 18:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤原ゆきえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あなたは、「目尻のシワが消える」「2週間で肌の白さがよみがえる」「一晩でたるみが消える」などというコピーにすぐにのせられてしまうタイプだろうか。もし答えがイエスなら、すぐにでもこの本を読んでもらいたい。『安全な化粧品選び 危ない化粧品選び』は、今まで女性誌では決して書かれることのなかった表示成分のこと、製造工程のことなどを中心に、著者の専門知識と公平な調査をもとに化粧品選びに必要な情報を網羅した本だ。
 肌の老化は、活性酸素が原因として、その予防法も解説。表示成分については細かく解説し、大手と思われる4つの化粧品会社に様々な疑問を投げかけている。その答えから各社とも、以前より安全ということを考えるようになってはいるものの、効能を優先する姿勢は変わらないことがよくわかる。

 大手化粧品メーカーについては、アメリカでも同様だ。『本物の自然化粧品を選ぶ』の著者は、自然化粧品といっても、天然成分は微量で、ほとんどが化学物質だといいきり、その具体例をあげている。さらに保存料、防腐剤、香料などには、発ガン性のあるものが多く、長く使うと危険だと警告する。自分の持っている化粧品をいますぐ捨てたくなってしまうが、2001年には、日本でもようやく成分の全面表示が義務づけられることになったので、この2冊の成分の解説などを参考に改めて安全な化粧品を選ぶことにしよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スキンケア・メイク・化粧品 ランキング

スキンケア・メイク・化粧品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む