サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

〈骨牌使い〉の鏡
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 富士見書房
  • サイズ:20cm/507p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8291-7412-9
  • 国内送料無料

紙の本

〈骨牌使い〉の鏡 (Fantasy essential)

著者 五代 ゆう (著)

祭の日、「骨牌」を使った占いの最中、アトリを襲った悲劇が、すべての物語を語りはじめる。運命的に出会った青年の「お前は十三番目なんだ」という言葉の意味とは。「骨牌」に翻弄さ...

もっと見る

〈骨牌使い〉の鏡 (Fantasy essential)

2,484(税込)

ポイント :23pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

祭の日、「骨牌」を使った占いの最中、アトリを襲った悲劇が、すべての物語を語りはじめる。運命的に出会った青年の「お前は十三番目なんだ」という言葉の意味とは。「骨牌」に翻弄される少女アトリの数奇な運命を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

五代 ゆう

略歴
〈五代ゆう〉作家。著書に「機械じかけの神々」「遙かなる波濤の呼び声」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

これぞファンタジー!

2001/02/20 01:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちゃぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 商業都市ハイ・キセレスの骨牌使いアトリは時折、奇妙な夢を見る。それはいつも暗い夜にアトリの上に訪れ、涙を流す。それは、これから始まることの予兆に過ぎなかった。花の祭の日、アトリは〈斥候館〉でロナーと名乗る流れ者の剣士と出会う。彼を占ったアトリが見たのは、死と破滅を意味する骨牌〈月の鎌〉だった。果たして、ロナーと名乗るこの男は何物なのだろうか? やがてアトリの、運命に翻弄される旅が始まる。
 実力派のファンタジー作家・五代ゆうの描く、一大叙事詩である。この作品はどこか創世神話的な趣を持ち、そして切ない。タロットにも似た十二枚の『骨牌』と呼ばれるカード、反逆した『逆位』の骨牌、見ず、聞かず、語られない禁断の『十三』。そんなガジェットやタイトルの示す通り、物語は『骨牌』を中心として巡る。
 タロットカードの連なりは、運命を摸した寓話の旅でもある。《魔術師》に始まり、《恋》を知り《運命》の変転や《死》を体験し、やがて変容の旅は天空の果てへと続く。本書も同じく寓話的な物語であり、その行き着く先は骨牌の一枚である《円環》の象徴する、《巡り行く世界》なのだ。
 私は常々『国産ファンタジーは何か物足りない』と思っていたが、そんなことはなかった。本書はまさしく、ファンタジーの王道を行く作品なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2度目の「始まりの骨の物語」

2001/11/27 00:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kusnoki - この投稿者のレビュー一覧を見る

 タロットカードに似た「十二の骨牌」。それに象徴される十二の「詞(ことば)」で形作られる世界。街の占い師の少女、アトリは「骨牌」の織り成す数奇な運命に巻き込まれていく。

 著者のデビュー作「始まりの骨の物語」を読み、私はファンになったのだが、長く書いておらず本書が復活第一弾。デビュー10周年だそうでタイトルも「骨」つながりでなにか象徴的である。
 荒削りで、展開がやや唐突でドラマやキャラが処理しきれていないところがあるが、個人的には大変面白かった。
 母と娘について書かれた話で、女性が女性に対し描いたファンタジーという印象。ファンタジーがRPGパロディーに堕落し、オタクの流行として消化されてしまっている昨今、ちゃんとファンタジーを読み、ファンタジーを愛し、ファンタジーを書こうとしてそれに成功している稀有な作品。
 作中に満ちる古典ファンタジー(特に指輪物語)に対するオマージュも心地よい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/04 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/13 20:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/10 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/28 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む