サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. イノベーションのジレンマ 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イノベーションのジレンマ 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 翔泳社
  • サイズ:20cm/291p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88135-839-1
  • 国内送料無料

紙の本

イノベーションのジレンマ 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

著者 クレイトン・クリステンセン (著),伊豆原 弓 (訳)

業界を支配する巨大企業が、その優れた企業戦略ゆえに滅んでいくジレンマの図式を分析するとともに、既存事業を衰退させる可能性を持つ破壊的イノベーションに対して、経営者はどう対...

もっと見る

イノベーションのジレンマ 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

業界を支配する巨大企業が、その優れた企業戦略ゆえに滅んでいくジレンマの図式を分析するとともに、既存事業を衰退させる可能性を持つ破壊的イノベーションに対して、経営者はどう対処すべきかを解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

クレイトン・クリステンセン

略歴
〈クリステンセン〉ボストンコンサルティング・グループのメンバー等を経て、現在、ハーバードビジネススクールのビジネス・マネジメント学教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

じゃ、何やっても無駄じゃん、なんて思ってはいけません

2001/09/09 21:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:道成寺 新 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書を読んでみよう。そして、IT不況に関するニュースを見て、30秒くらい考えてみよう。すると、そこにはイノベーションのジレンマの例がまざまざとあるのに気づくだろう。

 明快な主張、すぐれた考察、多くの事例。こんなに分かりやすい本は、そうそうない。たまに、日本の学者の人にも、いくつかの要素がみられて、可能性があるかも、と思う場合もあるけど、多くは、アリバイ、研究してますよ、というアリバイのための本だったりする。海外の学者がみんなそうではないのは、もちろん知っている。でも、こんなの書ける人がもっといたら、いい世界だな、と思ってしまう。

 そして、イノベーションのジレンマに関わらず、私たちは進む方向は多少考えながらも、トップギアで生きていくしかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なぜ成功企業がダメになるのか

2001/01/20 13:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dakara - この投稿者のレビュー一覧を見る

 経営学(技術経営論)の専門書ですが、非常に面白い本です。本書の基本的な問題意識は、「なぜ業界をリードする巨大企業が、ダメになってしまうのか」というところにあります。本書は、その理由を「技術」という観点から分析しています。
 「イノベーションのジレンマ」の意味は、業界をリードする優れた企業が、その優れた技術戦略のゆえに、(意図せず)衰退していくメカニズムを内包しているということです。
 そのプロセスを、ハードディスク業界や掘削機業界における厚い事例をもとに議論しています。
 翻訳もかなりこなれており、読みやすいです。企業の技術戦略に関心のある方におすすめする1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

必然変異

2001/08/23 15:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:onomono - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これぐらい主張の明確な書物は珍しく、イノベーションには「破壊的イノベーション」と「持続的イノベーション」の2種類があって、「破壊的イノベーション」への対応を誤ると企業は滅ぶというものである。その対応においては、いわゆる一般的には正しい経営をしたとても結果的には失敗し、また顧客の声を聞くことが逆に障害になりうる。

 ハーバードビジネススクールの講義の特徴である「学問的稠密性」と「実践的応用性」に基づき、上記理論と豊富なケーススタディで構成されている。

 主張は明快であるが実践的応用性の難しさは、経営者にとっての問題は「破壊的イノベーション」の予測不可能性、要するに、ある技術が破壊的かどうかの判断が難しいことである。すべてを破壊的であるとみなせば、その対応には相当のコストがかかるので、少なくとも破壊的な技術かどうかの見極めが必要になり、そこが企業の生き残りをかけての経営者の資質を問われる部分となる。

 持続的な成長が企業もしくは事業にとって求められるが、その成長の度合いは決して安定的ではあり得ず、破壊的イノベーションに適応するには、成長率にかなりの波が出ることはやむを得ないことになる。

 自然界の法則として進化の過程では突然変異が起こるが、企業の成長過程においても、突然の環境変化に適応するためには、必然的に変異することが生存条件となる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

イノベーションは単に技術開発だけでは成り立たないことが理解できる

2001/09/07 18:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:好川 哲人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書が最近のイノベーションブームの火付け役と言ってもよいであろう。本書を読むと、イノベーションというのが、単に技術開発だけでは成り立たないことを容易に理解することができる。

 本書では、新しい技術の誕生により、優良企業の中で戦略的なジレンマが起こり、優良であるがゆえに小さな市場においそれと出て行くことができず、気が付いたらその市場が大きくなっており自社製品の市場を侵食しているという現象を、事例に基づき、そのメカニズムを徹底的に分析している。このような現象を引き起こす技術を著者は破壊的技術と呼んでいる。本書の中で中心的に取り上げられている破壊的技術はハードディスク技術、、掘削技術の2つである。この2つの事例については非常に詳細に書かれており、読み物としても面白い。例えば、ハードディスクでは、8インチから5.25インチ、そして3.5インチへの推移と、そのハードディスクを主に使うメインフレーム、ミニコンピュータ、パーソナルコンピュータの推移を関係付けて、ハードディスクメーカがそれぞれの時期にどのように振舞ったかを分析してある。主張自体、非常に明快で、かつ示唆に富んでいる。

 技術イノベーションを中心にして、経営革新を図ろうとしている企業の経営者、ベンチャー企業の経営者、これらの支援をするコンサルタントの方にはぜひお奨めしたい一冊である。

 最後に、本書で発見されたことをさらに詳しく分析した書籍があるので書名だけ紹介しておく。イノベーションのジレンマを読んで面白いと感じた方は、ぜひ、こちらも読んでみていただきたい。咲川孝『組織文化とイノベーション』。

(技術士好川哲人の「eマネジメントの本質」第4回 イノベーションと経営革新 前編 より)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/24 01:10

投稿元:ブクログ

おもしろいっ!!。何がおもしろいってすべてが面白いのだ。イノベーションは大企業やヒエラルキー型組織では発生しにくい。それはなぜでしょうか?

2009/06/06 10:15

投稿元:ブクログ

ハーバード・ビジネススクールの先生の本。2000年。優秀な企業が自らを滅ぼすとして本書を発行しており、著名な経営者がバイブルとして崇める本である。持続的技術と破壊的技術、英語でdisruptive technology, sustaining technologyと記載される2つの技術が大企業の失敗を引き起こすものと説いている。持続的技術では、マーケット規模をある程度読み取ることができ、経営者もマーケティング予想などを判断しやすく投資の決断もやりやすい。一方、破壊的技術はマーケットがまだない状態であるために需要予測も立てづらく経営者がOKの判断を出しづらい。したがって、中小の小回りの効く企業が参入し、徐々に市場を席捲していく構図である。本書の中身はケーススタディとしてハードディスクドライブの技術開発と採掘機の技術開発を取り上げているが、どちらにも持続的技術と破壊的技術が関係している。一連の流れから、経営層の資源配分(人、もの、金)の判断が非常に重要であることがわかる。

2010/06/26 12:01

投稿元:ブクログ

巨大企業が「どうして新しい市場への参入が遅いのか」が分かる本。

技術革新などにより新しい市場が生まれても、当初は規模が小さい。
マイクロカンパニーにとって十分な規模でも、タンカーのような巨大企業にとって小さすぎる。
だから無視される。

でも市場が大きくなったとき、既に時遅しの事が少なくない。

新しく小さな市場を無視することが「正しい経営判断によって起こる」事を解説し、その回避方法を探る。
面白い。

2008/05/06 15:49

投稿元:ブクログ

・優良企業と崇め立てられた新興企業が更なる新技術が現れた際に、かつて自分達を勝利に導いてくれた新技術への取組に失敗し、マーケットトップの座を新企業に奪われてしまう現象がある。・これらに対して、大企業病、技術的な問題などが失敗に対する理由づけとして多く語れてきた。・が、実際には顧客の需要に耳を傾け、必要ならば新技術を猛スピードで開発できる企業さえも失敗している。・では、なぜそれらの企業が失敗したかと言うと、企業は大きくなればなるほど「既存商圏内」の顧客の声に耳を傾け、技術革新を推進していくことが確実に儲かる手段であるためである。・大企業が新興企業の破壊的な新技術に完敗してしまうのは、?新技術が既存客が商品に求めるプライオリティーと異なるため、?新しいマーケットを探し生み出さなければならないため、?新技術のマーケットが予測不可能なためリスクが高く、?利益率が既存ビジネスより低く、売上額も小額に留まるためである。・既存客に向けての開発の方が、予測可能で確実に儲けがでるため、社員(もしくは会社)は確実に売上、利益の上がる分野にリソースを配分し、予測不能な分野に対して力を入れることができない。・新技術を新しいビジネスとして成功させるためには、?市場の反応を見ながら商品開発ができる柔軟な計画(計画の途中変更を前提とした商品開発および予算配分)、?マーケットの小ささにマッチした組織体系(小額の売上、成長を喜べるサイズ)を作ることが成功するためのキーとなってくる。・また、新技術が破壊的な技術になりうるかどうかは、?既存の主要技術の供給が市場の需要のスピードより早くないか、?新技術が既存市場の需要の要求を超える技術的進歩が見込めるかどうかを見極める必要性がある。これらの問への解がYESの場合、新技術が将来的に破壊的技術となりうる可能性がある。・破壊的技術の場合は先行者メリットが発生しやすいので早期にビジネスとして取組むことが大切であり、その導入の際には、マーケットが確定していないため上記の点を気をつけながらマーケット探しをしなければならない。

2008/10/26 11:04

投稿元:ブクログ

初めて読んだとき衝撃を受けた。
正しいことをやっていても破壊的イノベーションにやられてしまうとは。
驕れる者も久しからず。S字カーブ


CTIという意味でINTELLIGENCEに分類。

2008/11/21 00:00

投稿元:ブクログ

実際に経営の仕事をしていない人には難しかったので☆4つ。いかに大きな巨大企業でも技術革新により、今までの製品が業界で太刀打ちできなくなるときがある。このことを説明したもの。ハードディスクと掘削業界が印象に残っている。

2011/06/12 10:50

投稿元:ブクログ

シンプルに優秀な経営判断をすると、失敗するってことか。
「優秀な経営判断」にはさらに上のレイヤーがある。

利益率がよくて良質の物をつくるだけでは滅ぶんだなぁ。

2010/02/03 16:42

投稿元:ブクログ

優れた経営により優良企業が失敗するというジレンマ。失敗の理論から見えるものは?イノベーションの本質を理解し危機への対処法を学ぶ1冊。

2013/10/12 19:58

投稿元:ブクログ

中途半端な順位の会社で研究開発をしている私には、下から攻められる立場からも、上を攻める立場からも刺激的な話ばかりだった。

成功した企業は経営層、人材、組織が優秀だからこそ次の破壊的イノベーションで敗北する。この本のエッセンスはこれである。
第8章にはこの難しい問題に対処するための方策が書かれてある。それは部門をスピンアウトして本体から切り離すことだそうだ。

2011/10/20 22:37

投稿元:ブクログ

前半の理論は目新しくなくてしばらく放置してたけど、後半がすごく良かった。

優良な企業、良く考えられた戦略ほど「破壊的イノベーション」に負けてしまう。
携帯の無料ゲーム、ネットブックPCなど当てはまりそうな例がたくさんあるな。

インテル会長のコメントがまた秀逸。
「本書は、最も成功した企業が必ず直面する困難な問題に焦点を当てている。
明晰で、示唆に富み、それでいて恐ろしい。」

2011/09/01 11:16

投稿元:ブクログ

すぐれた経営が失敗につながる理由が次の3つの発見に基づいて構築された。
持続的技術と破壊的技術の間には戦略的に重要な違いがあること。技術の進歩のペースは、市場の需要が変化するペースを上回る可能性が高いこと。成功している企業の顧客構造と財務構造は、どのような投資を魅力的と考えるかに重大な影響を与えること。
http://booklook.jp
ハードディスクの歴史がよく調べられている。特に初期のもの IBMで1956年に開発されたドライブは大型冷蔵庫ほどの大きさで、5MBの容量だったという。
http://booklook.jp
破壊的イノベーションは、技術的に簡単なもの。通常は、既存の技術を独自のアーキテクチャーにパッケージ化している。そして、それまでは技術的。経済的理由で実現できなかった分野で製品を利用できるようにしている。
http://booklook.jp

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む