サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用の通販
  4. 健康・家庭医学の通販
  5. 日本経済新聞社の通販
  6. 新薬はこうして生まれる 研究者社長が明かす開発秘話の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新薬はこうして生まれる 研究者社長が明かす開発秘話
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 日本経済新聞社
  • サイズ:20cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-532-16333-1
  • 国内送料無料

紙の本

新薬はこうして生まれる 研究者社長が明かす開発秘話

著者 森田 桂 (著)

新薬が生まれる経緯と、研究初期の新薬探索の時期に、研究者が何を拠り所として研究に没頭したかを一般の人にもわかりやすいよう記述。世界企業タケダの源泉である研究開発についてま...

もっと見る

新薬はこうして生まれる 研究者社長が明かす開発秘話

1,728(税込)

ポイント :16pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新薬が生まれる経緯と、研究初期の新薬探索の時期に、研究者が何を拠り所として研究に没頭したかを一般の人にもわかりやすいよう記述。世界企業タケダの源泉である研究開発についてまとめた、くすりの現代史。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森田 桂

略歴
〈森田桂〉1925年大阪府生まれ。京都大学理学部化学科卒業。武田薬品代表取締役を経て、現在、(株)ピー・エフ研究所社長。勲二等瑞宝章受章。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2000/3/12朝刊

2000/10/21 00:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者がかつて書いたという「烏骨鶏(うこっけい)の卵」の一節が紹介されている。高額で売れる卵を産むこの鶏の産卵能を上げようと遺伝子操作をするが、かえって消費者の反発を買ってしまうという話だ。人が利益追求におぼれる姿は惨めだ、最近流行の企業リストラも……と、烏骨鶏の“改造”の教訓を著者は見ている。
 技術畑に長く身を置いた薬品会社の社長が、自らの体験を通して得た新薬の研究開発のあり方を探り、医薬品論を展開したものである。体験した者の筆ならではの読みごたえがある。
 企業活動における研究開発の重要さは理解されにくい。費用を食う割には成果を得るまでには時間がかかる。即効を期待すると烏骨鶏の例のように、かえって逆の結果も招くことが多い。
 研究開発には未知のものに挑戦する気概と、次代をつかむ先見性が他よりも求められる。先が読めない今こそ、研究開発のあり方が問われている。一企業人の軌跡だが、広い分野の人々に示唆を与える。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/21 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/02 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

薬 ランキング

薬のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む