サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

地の掟月のまなざし
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/373p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-06-210034-7
  • 国内送料無料

紙の本

地の掟月のまなざし

著者 たつみや 章 (作),東 逸子 (絵)

縄文のムラの救い主と宿命づけられたポイシュマと、女王の甥でありながら弥生のクニを逐われるワカヒコ。縄文と弥生の争いが始まらんとする今、二人の出会いは運命の歯車を回していく...

もっと見る

地の掟月のまなざし

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「地の掟月のまなざし」が含まれるセット商品

たつみや章 アジアンファンタジーの世界  10巻セット

たつみや章 アジアンファンタジーの世界 10巻セット

  • たつみや章 作
  • 税込価格:17,334160pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

縄文のムラの救い主と宿命づけられたポイシュマと、女王の甥でありながら弥生のクニを逐われるワカヒコ。縄文と弥生の争いが始まらんとする今、二人の出会いは運命の歯車を回していく…。「月神の統べる森で」続編。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

たつみや 章

略歴
〈たつみや〉1954年神奈川県生まれ。明治大学文学部史学地理学科卒業。「水の伝説」で産経児童出版文化賞JR賞、「月神の統べる森で」で野間児童文芸賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

新しい暮らしに馴染んでいくポイシュマ

2002/02/20 20:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かけだし読書レビュアー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 再会を約束しながら別れたポイシュマとワカヒコ。ポイシュマはアテルイと共に彼のムラに足を運ぶ。それまで人気のない森の中でカムイと共にひっそりと生活をし、自分たちの他には人間が存在していないと思い込んでいたポイシュマにとって、ムラでの生活は驚きの連続だった。一方、故郷に戻ったワカヒコは自分の命を救ってくれた「巫者シクイルケ」をかばったことが発端で、ヒメカの逆鱗に触れ、牢に閉じ込められてしまう。

 「月神の統べる森で」に続くシリーズ第二弾。派手なドラマはなく淡々とした展開だが面白かった。舞台は古代だが、新しい環境にぽーんと放り込まれたようなポイシュマの戸惑いなどは、時代を超えて共感出来る経験だと思う。同じ年頃の少年たちと暮らし、時に狩りに出かけ、次第に新しい暮らしに馴染んでいくポイシュマの様子が 本作では自然な形でいきいきと描かれている。その背景となる古代の風習なども興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/13 03:02

投稿元:ブクログ

『月神の統べる森で』の続編で、シリーズ第二作。雪の降りしきる中、傷を負ったワカヒコは仲間に担がれてクニへ、アテルイとポイシュマはヒメカたちから逃れて移動したムラをさがして歩き続けていた。そしてそこには二人のの運命を大きく左右する出来事がまっている。初めて人間が集まるムラで暮らすことになったポイシュマ、始めは災厄をもたらす者として拒まれるが、村を出ようとした折に森で人食い熊に遭遇しそれを倒したことで、災厄をはらう英雄だとムラに受け入れられ同じような年頃の少年たちと暮らし始めた。一方ワカヒコはヒメカの怒りを買い軟禁され、その上祭りの最中に神がかりした巫女ユツやヒメカの秘密を聞いてしまったホムタと共に魔物憑きとされ火あぶりにされそうになる。だがシクイルケやカムイたちに助けられ、運命の導きの元ポイシュマに会いに行くことに。−−−権力へ執着するヒメカたちの汚さや、運命の歯車に翻弄されるポイシュマやワカヒコたちを見ていると色々考えさせられることも多い。

2008/03/01 23:06

投稿元:ブクログ

 本の厚みの割りに、内容が薄すぎるよね、ヤマがちょっと中途半端だよね、とか文句を言いつつも読んでいます。やっぱり、挿絵が超キレイ。シクイルケがまだ出て来てくれるのもありがたい。

2012/02/29 13:25

投稿元:ブクログ

前作、「月神の統べる森で」の Review で書いたいくつかの否定的なポイントに関して、まだまだ十分とは言えないけれど少しずつ解き明かされてきている感があって、KiKi には楽しい読書となりました。  縄文側のポイシュマと弥生側のワカヒコがそれぞれの世界に帰ってからの生活の描写が描かれるのと同時に、前作では一方的な悪役扱い(?)だった弥生側の事情も少しずつ明らかになってきたのが何よりも嬉しい1冊でした。

月と蛇が出てくるあたりは日本古代史を舞台にしたファンタジーでありながらも、ファンタジーのお膝元のケルトっぽさも感じさせ、人間っていうのは所が変わっても案外同じような感性を持って暮らしていたんだなぁと何だか嬉しくなってしまいます。  第2巻にして、この段階ではまだまだ物語も動き始めたばかりだったんですねぇ。  運命的な再会を果たしたポイシュマとワカヒコのこれからに期待が持てそうな終わり方がなかなか素敵です。

(全文はブログにて)

2015/10/31 14:49

投稿元:ブクログ

相変わらず挿絵が美しいです。
ワカヒコとポイシュマがそれぞれ別々にクニとムラに帰り、再び会うまで。
お互いが自分の世界を味わって再会する、という感じかな?
一巻でとりあえずわーっと事が起こって、なになに?どうなってるの?という感じで進んでいて、ここで背景などがわかる、と。
それでも、ヒメカがあんまりにもあんまりでびっくりしたわ。
あと、マユハとか存在を忘れていた。

ムラ会議でポイシュマがムラにいることをよしとしない考えがあり、ポイシュマはムラを出て行こうとするが、クマに襲われ、倒し、そのことで、ムラに迎えられる。
ワカヒコはヒメカに濡れ衣を着せられ牢に幽閉され、秘密を知ったホムタと託宣を受けたユツとともに火あぶりにされるところだったが、月の船に助けられ、ヤタカを加えポイシュマの暮らすムラへ向かう。
アテイルは
一人は知恵を、一人は言葉を、一人は運命を、そして残りの一人は災厄を携えてやってくる客
を迎え入れることにし、ポイシュマとワカヒコは再会を喜ぶ

2006/02/01 11:41

投稿元:ブクログ

月神の民シリーズ第ニ弾。わずかの間に出会いそしてそれぞれの帰途についたポイシュマとワカヒコ。この巻ではそれぞれの民の生活が書かれています。ムラでの生活は大変だろうと思いますが憧れを持って見ちゃいますね。登場人物も一気に増えて、主要人物が出揃いつつある感じ。

2008/01/30 20:56

投稿元:ブクログ

全く異なる文化を持つ二つの部族が衝突しあってましたが、そんな中でどういう運命を辿るかわからないけれど、内部で崩壊してしまった部族を正し、異文化を持つ部族との壁を突き崩していけるかもしれない大きなチャンスが出来ました。大きな運命を架せられた二人の男の子のこれからがどう展開していくのか…楽しみです。

2008/06/10 17:12

投稿元:ブクログ

過酷な運命を背負い、出会った少年二人。
ポイッシュマとワカヒコ。
運命に流され、翻弄され、立ち向かう。

2007/11/22 15:38

投稿元:ブクログ

はっきり言ってしまいます。
この本は、ハリーポッターやダレン・シャンと肩を並べるくらい面白いです!
縄文だとかそういう古い舞台なのですが、本当に面白い。お勧めです。

2009/02/27 05:25

投稿元:ブクログ

ポイシュマはアテルイの里のものに。けれど、シクイルケが亡くなった原因だとして、ムラの人から拒絶される。一人ムラを旅立つが、熊に襲われて、アテルイに助けられる。
ワカヒコはヒメカの秘密を知り、国を追い出されることに。神を冒涜しているヒメカとトヨ。愚鈍なヒコとオミ。野心を持つホムタ。本当の神懸かりをする巫女のユツ。
ムラの暮らしはいきいきとしているし、クニのきなくさい政にはどきどきさせられるし、たくさんの登場人物にキャラは立ってるし。
そして、何よりそれぞれのカムイや、人々の自然を尊ぶ心が、日本古来のすばらしいものとして描かれていることが素晴らしい。

序章
第一章 帰還
第二章 月の柱
第三章 ムラ会議
第四章 人食い
第五章 ヤドの仲間
第六章 ヒメカの怒り
第七章 白蛇
第八章 ホムタの野心
第九章 義兄弟
第十章 託宣
第十一章 急転
第十二章 月と少女
第十三章 信と疑と
第十四章 再会

2009/07/28 23:25

投稿元:ブクログ

そこはかとなく上品というか、おきれいというか
もっとドロドロの描写があってもいい気がする。
でも厭じゃないので、続きを読みます。

2009/06/01 20:14

投稿元:ブクログ

日本の神話がベースになっていますが、なんとなくアイヌ民族の伝承も入っているのかな?という感じ。
いかに神と人の存在が近かったのか。
人の心の中に裏切りや猜疑心が蔓延し始める時代とは、こんなふうだったのではないか。
登場人物の心身の美しさが、ちょっと羨ましく思えました。

2012/02/18 16:27

投稿元:ブクログ

クニに戻ったワカヒコと、アテルイのムラに迎え入れられたポイシュマ。
自分のホームであるはずのクニで(それでも地位がある、というだけで幸福とは言いがたい地だけれど)苦境に立たされ続け、それでも冷静にあり続けるワカヒコの聡明さには胸を打たれた。
愛される記憶をほとんど持たなかったワカヒコの心が、シクイルケによって柔らかく溶かされたことで、彼の運命は大きく動きはじめた。
厄災とそれを乗り越える力をそれぞれの背に負ったワカヒコとポイシュマの邂逅で今巻は終わる。この物語は、どういうふうにこれから紡がれていくのだろう。

続きが楽しみだ。

2010/05/13 21:49

投稿元:ブクログ

たつみやファンタジー第2弾。
立場の違う二人の少年が出会う時、運命の歯車は大きく回りだす。

児童文学なので優しい文体で書かれているけれど、是非大人にも読んでもらいたいです。

2014/01/13 23:20

投稿元:ブクログ

http://scheherazadeoflight.blog.fc2.com/blog-entry-143.html

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む