サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 青の時代 伊集院大介の薔薇

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

青の時代 伊集院大介の薔薇
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/323p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-210036-3
  • 国内送料無料

紙の本

青の時代 伊集院大介の薔薇

著者 栗本 薫 (著)

25年前、学園紛争の終わった西北大ではカリスマ演出家率いる小劇団「ペガサス」が人気を集めていた。才能あふれる新人女優・恵麻の周りで起こる連続殺人に名探偵のタマゴ、若き日の...

もっと見る

青の時代 伊集院大介の薔薇

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

25年前、学園紛争の終わった西北大ではカリスマ演出家率いる小劇団「ペガサス」が人気を集めていた。才能あふれる新人女優・恵麻の周りで起こる連続殺人に名探偵のタマゴ、若き日の伊集院大介が挑む。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

栗本 薫

略歴
〈栗本薫〉1953年東京都生まれ。早稲田大学文学部卒業。中島梓として、評論「文学の輪郭」でデビューし、群像新人賞受賞。「ぼくらの時代」で江戸川乱歩賞受賞。グイン・サーガシリーズなど著書多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

70年代大学生の時代を垣間見せてくれるのでしょうか

2009/10/31 21:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

まだ伊集院大介が自他ともに認めるような名探偵となる前のエピソードがいくつかありますが、そのうちの1つ。
時代は1973年で、いわゆる70年の学園紛争が終わったあとの学生演劇を舞台としたものです。もっとも語り口は、現代の大女優が自分の若かった頃のことを思い出しているという形になっています。なので、『青の時代』ということなのでしょう。
栗本薫が70年代を語る時に時々とっているのですが、ここでも各章のタイトルが歌からとられています。
第1章 あの時代を忘れない
第2章 蜜の味
第3章 翼を下さい
第4章 ライク・ア・ローリングストーン
第5章 時の過ぎ行くままに
第6章 大団円――BECAUSE
誰のどういう歌なのかわかる人は、栗本薫とほぼ同世代ということでしょう。ちなみに私は若干下の世代ですが、わかってしまいます。そういう歳の人たちに向けた話という面もあるのかもしれません。
まあ、栗本お得意の演劇ものに、あの当時の若者のあまり一般的ではないかもしれないけれどそれなりに現わしている風俗を絡めて、そして殺人事件が起こるというものです。
「名探偵の原点がここに!」と銘打たれていますが、私としては伊集院大介の原点は「優しい密室」にしておきたいなあと思います。
2000年当時の栗本薫の趣味が垣間見える、そんな作品といったところでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/07/22 12:38

投稿元:ブクログ

伊集院さんの青春時代の話だなぁ。学園紛争が終わった'73年。とうに一つの大学を卒業して、その世界での早稲田(西北大ね)に入り直した頃だろう。24歳?もっと学生演劇とかに詳しければ面白く読めるのかもしれないな。天狼星なんかよりは興味深く読めたけれど。まぁ、淋しくなったら読み返すかも。'00

2009/02/13 12:32

投稿元:ブクログ

伊集院大介って、情熱的なんですね

デヴュー当時から、名探偵になるために自分で、履修科目(たとえです)を黙々と
消化してきた大介くん
大学3つかぁ・・・どんな確信があれば、そんな道を自分で見出せるのでしょうか

栗本薫様お得意の、芸能の神(ミューズ)が降臨して自動筆記した作品です
ラストに竜崎晶が出てきたのも嬉しい♪
本当に、アングラか新感覚の劇団の人が書いたかのような、主人公の描写

上手いなぁ・・・そして、そのヒロインに無償の愛(?)を捧げる伊集院大介

情緒的な作品でありながら、理論的に推理していく
・・・いつもの手馴れたお仕事に、フアンは又も驚かされるのでした

2010/04/29 16:27

投稿元:ブクログ

伊集院が若いw21才の将来有望なヒロイン視点で話が展開。なんだかかわゆい感じのお話でしたv伊集院と恵麻のほのぼのが良かった。
殺人事件はバイト先の胃痛持ちの女主人とかなりヒス入った演劇仲間の女性が殺されるわけですが、犯人が・・・あまりにパっとしなくてズコーーーって感じでしたwいや伊集院シリーズのメインは推理じゃなく人間観察なんだから期待しちゃいけないんですけどね。ヒロインもこの前読んだのよりずっといいし、読みやすかったです。やっぱメインは重要だよなー。それにしてもたまには美形が登場しない話は無いのだろうか。だんだん辟易してきたしww美男美女美少女美少年 強調しなきゃ気にならないんだろうけど毎回あまりにも鼻につきすぎる。

小説 ランキング

小説のランキングをご紹介します一覧を見る