サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 大貴族・殺人者・前衛作曲家 ドン・カルロ・ジェズアルド1566〜1613

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大貴族・殺人者・前衛作曲家 ドン・カルロ・ジェズアルド1566〜1613
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 草思社
  • サイズ:20cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7942-0944-4
  • 国内送料無料

紙の本

大貴族・殺人者・前衛作曲家 ドン・カルロ・ジェズアルド1566〜1613

著者 水原 冬美 (著)

名門の血と豪奢な環境と音楽の才を天から贈られながら、この世で彼が得たものといえば、罪と汚辱と懊悩と病苦だけであった。妻殺しの罪におののく、異端の作曲家ドン・カルロ・ジェズ...

もっと見る

大貴族・殺人者・前衛作曲家 ドン・カルロ・ジェズアルド1566〜1613

2,808(税込)

ポイント :26pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

名門の血と豪奢な環境と音楽の才を天から贈られながら、この世で彼が得たものといえば、罪と汚辱と懊悩と病苦だけであった。妻殺しの罪におののく、異端の作曲家ドン・カルロ・ジェズアルドの謎に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

水原 冬美

略歴
〈水原冬美〉東京芸術大学音楽学部楽理科卒業。その後フランス歌曲を学び、83年よりフランス在住。現在、美術を中心とする執筆活動を行う。著書に「パリの墓地」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

類書がないだけに、そこそこ楽しめる

2000/07/09 17:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安原顕 - この投稿者のレビュー一覧を見る

作曲家ドン・カルロ・ジェズアルド(1566〜1613) はナポリのヴェノーサ公爵家に生まれた作曲家である。1586年、兄が死んただため、20歳で家督を継ぎ、いとこのペスカーラ侯爵の娘マリーア・タヴァロスと結婚する。しかし1590年、妻の不貞に気づいた彼は、愛人と妻を殺す。1594年、フェッラーラに赴き、エステ公の姪エレオノーラと再婚、かの地でマドリガーレの作曲家ルッツァキス(1545頃〜1607)、詩人グァリーニ(1538〜1612)らと知り合い、『5声のマドリガーレ集 全4巻』(1594〜96)などを次々に発表、作曲家としての地位を確立。1596年からはナポリの自領に閉じこもり、周りに音楽家を集め、再度、『5声のマドリガーレ集』(2巻。1611)を出版。それらの曲の中には、大胆な半音階的和声による「愛と死への憧憬」を激しく歌い上げたものもあり、彼はマレンツィオ(1553/54 〜1599)やモンテヴェルディ(1567〜1643) と並び、「3大巨匠」の一人に目される。最後の「前衛作曲家ジェズアルド」とは何か。彼自身の作曲書法が斬新との意味も含まれているが、ストラヴィンスキー(1882〜1971) が弟子のロバート・クラフト(1923〜)と共に「ジェズアルド復活」に寄与したこと。「ジェズアルド生誕400 年」と考えられていた1960年(この当時は「1561年頃?」生まれとされていた)、彼の「マドリガーレ3曲」を厳選して小管弦楽曲に編曲、『ジェズアルド400 年祭のための記念碑』として、ヴェネツィアで発表したことなども視野にあるようだ。著者はまた、1974年、仏の作家マンディアルグの『イザベッラ・モルラ』をジャン=ルイ・バローが演出した際、「ジェズアルドの音楽を使った」ことも紹介している。ナポリを「ナーポリ」と書き、学理科出身者らしく「2章分」を割いてジェズアルドの音楽分析(楽譜付き)をするなど、多少、気取りが鼻につかぬでもないが、類書がないだけに、そこそこ楽しめた。CDを買う暇がなく、彼の音楽は未聴だが、是非聴いてみたいとの気にもなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

クラシック・オペラ ランキング

クラシック・オペラのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む