サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

真田幸村
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 学陽書房
  • サイズ:20cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-313-85135-6
  • 国内送料無料

紙の本

真田幸村

著者 畑山 博 (著)

緋威の鎧、白熊に鹿の抱角打ったる冑。烈風に六文銭旗をはためかせて駆ける、真田幸村。「真田日本一の兵」と畏怖させた、知略に満ちた戦いと爽快な生き方を描いた書き下ろし長篇。【...

もっと見る

真田幸村

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

緋威の鎧、白熊に鹿の抱角打ったる冑。烈風に六文銭旗をはためかせて駆ける、真田幸村。「真田日本一の兵」と畏怖させた、知略に満ちた戦いと爽快な生き方を描いた書き下ろし長篇。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

畑山 博

略歴
〈畑山博〉1935年東京都生まれ。日大一高中退。72年「いつか汽笛を鳴らして」で芥川賞受賞。宮沢賢治の研究家としても知られる。著書に「新人物日本史・光芒の生涯」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2008/10/16 16:39

投稿元:ブクログ

主に、関ヶ原西軍敗北の煽りを食らって九度山に配流になった後、再び大阪城に入場してからの時期が舞台。
史実で残されている通り、背は低く、歯は抜け髪の薄いルックス的には、さえない中年男(しかも長い配流の為厭世的)で珍しく後ろ向きな人物として
描かれている。

あくまで外様として扱われたため勝利に貢献できなかった
幸村の知恵が回る故の哀切感と、戦術的巧みさがうまく表現されている。

主を愛し最後まで見捨てない真田家臣と
その家臣達の為に最後の花道を進もうと決意した主人の物語。

他に、実子大介と、幸村の懐刀として奮闘する忍の佐助とその実子才蔵等も同時に活躍している。

2013/06/16 15:41

投稿元:ブクログ

真田幸村というと、真田忍者隊。という事で戦国武将の中では1、2位を争い好きだったが。
実のところ、その歴史的背景は良く知らなかった。。。

上田城を見る上での下調べを兼ねていたが、上田城での攻防は関が原の一瞬で、幸村が活躍するのは大阪が舞台となる。大阪の陣。

幸村に、相応の権限と軍隊さえあれば、天下を獲れていたのかも知れない。。

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む