サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 家庭という名の収容所そして心の闘い 虐待を受けた私が本当の心に辿りつくまで

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

家庭という名の収容所そして心の闘い 虐待を受けた私が本当の心に辿りつくまで
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料

紙の本

家庭という名の収容所そして心の闘い 虐待を受けた私が本当の心に辿りつくまで

著者 永山 翔子 (著)

深く傷ついた心の回復は、これほどまでに長い道のりを歩むのか。母親・義父からの虐待、実父との再会…子どもの頃以来傷つき続けた心の回復作業の過程を綴ったアダルト・チルドレンの...

もっと見る

家庭という名の収容所そして心の闘い 虐待を受けた私が本当の心に辿りつくまで

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

深く傷ついた心の回復は、これほどまでに長い道のりを歩むのか。母親・義父からの虐待、実父との再会…子どもの頃以来傷つき続けた心の回復作業の過程を綴ったアダルト・チルドレンの手記。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

永山 翔子

略歴
〈永山翔子〉1971年生まれ。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2007/03/19 20:05

投稿元:ブクログ

アダルトチルドレンの心の回復の軌跡が分かりやすく明かされたような内容で、AC
を受け止め、支える人の存在とその人との関係がいかに重要であるかを考えさせられた。ACの翔子ほどではないにしても、家庭の中で弱い者に向かう未熟な親の態度は気づかないうちに子どもの心を蝕んでいるんだと恐ろしくなった。心という目に見えないものが押しつぶされていくか健やかに育っていくか、親や周りの大人達の影響の大きさを改めて考えた。

2009/08/12 09:13

投稿元:ブクログ

出版社/著者からの内容紹介
両親から各種の虐待を受けて歪んだ心のまま成人になった著者が、本当の父に巡り会い、心を取り戻すまでの苛烈ながらも感動あふれる話。
本書は、幼児期から大人になるまで、母親から精神的・身体的虐待を、養父から性的・精神的虐待を受け続け、アダルト・チルドレン(機能不全の家庭で育ったために子供としての情緒的成長がなく大人になった子供)となった著者が25歳のときに本当の父親と巡り会い、自分自身の心を回復していくまでの葛藤と闘いを描いた手記である。従来、アダルト・チルドレンのことを心理学者などの第三者が取り上げることはあったが、虐待されて育った当の本人が書き綴ったものはほとんどなく、それだけに虐待によって心がどれほど傷つくのか、赤裸々に描かれており、衝撃的な書となっている。中でも「人を無性に殺したくなる気持ちは共感できる」といった文章や著者がたびたび自殺をはかろうとするくだりは読む者をして虐待問題の根の深さを感じさせる。児童虐待が増えているだけに、本書から聞こえてくる心の叫びは、現代社会において虐待問題を考える好著となっている。

2013/04/06 19:08

投稿元:ブクログ

もしもあなたが 目に見える虐待はなかった
・・・けど よい子であろうとした
人の目が気になる 自分を変だと思っている ただひたすら苦しい
 
対人関係において 何かを言葉を発する時に頭の中で
いろいろ考えて 結局 言いたい事が言えずに終わる
そういう方には共感出来るかもしれない本

しかし 著者もあとがきで言われているように(ACの仲間たちへ・・・で)
あなたはこの本を読んで 傷つくかもしれない

それは 母親から精神的・身体的虐待を、
養父から性的・精神的虐待を受け続けた著者が 
本当の父親と巡り会い、ほとんど24時間体制でのケア
自分自身の心を回復していくまでの葛藤と闘いを描いた手記だから

実父や実母から虐待されていた私は
どうすればいいのよぉ―って思うかもしれないから

でも 自分が苦しいのは 性格のせいだとか自分がヘンだから、
欠陥人間だからだ と思っている人にとっては
そうなってしまったのは自分のおいたちや親や
周りの人たちの言動の中に原因をさかのぼれること

「本来の自分」へ変われること

本に描かれている長い道のりの中で 
一緒に見いだしていけるのではないかと思う。

回復過程でのスケッチブックに描かれた16枚の絵 
著者のコメントとカウンセラーさんの解説つき
こちらも興味深く見た。


また担当したカウンセラーさんとしての見解が最後にあり
「翔子さんという事例」が極めてまれな例であり 
ほとんど例外的な事例だといって過言でないとのこと

たしかにって思った反面 実父さんも翔子さんもお互いが真剣勝負
体当たりで すごく頑張ったんだなぁと思うのだ。

ただどっちにしろ、自分の傷と向き合っていくには 時期もあるし 
パワーが必要なのも事実。

そして 回復法は そのひとそれぞれ 独自のものになると思う。

この本を読んで 子供が親にありのままを受け入れてもらって 
育つということが いかに重要か その大切さを痛感し

また なんで そんなに苦しいのか分からないって人にも 
なるほど~!
幼い時に否定されて育ってきた人の頭の中では
そういうことが起きているのか
だったら しんどいよねーって分かる本だなぁと思った

人生訓(高齢者) ランキング

人生訓(高齢者)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む