サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イエスの遺伝子 上(徳間文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:16cm/350p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-19-891267-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

イエスの遺伝子 上 (徳間文庫)

著者 マイクル・コーディ (著),内田 昌之 (訳)

イエスの遺伝子 上 (徳間文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/10/19 16:16

投稿元:ブクログ

イエスの遺伝子を追って、ゲノム研究の第一人者が大冒険…という現代SF。結構うろおぼえになってしまっているが、今この仮想本棚に加えても良いと思える出来だったので追加。【借/-00】

2006/02/04 00:57

投稿元:ブクログ

自分が発明した遺伝子装置によって、娘が死ぬ時期を知ってしまう父親。娘を救おうと、あらゆる方法を探します。ディズニーになったらしいんですが、そっちはまだ見てません。

2009/10/18 14:19

投稿元:ブクログ

学者は、2千年前の奇跡の遺伝子に出会った

(登録の関係で上巻の絵ですが、上下巻で1セットとしてレポートします)

読了日:2006.01.18
分 類:長編
ページ:350P, 300P
値 段:590円, 552円
発行日:1998年3月徳間文庫
    2000年2月発行
出版社:徳間文庫
評 定:★★★★


●作品データ●
----------------------------
主人公 :トム・カーター
語り口 :3人称
ジャンル:SF
対 象 :一般向け
雰囲気 :ハリウッド映画的
カバーデザイン:花村 広
----------------------------

---【100字紹介】----------------------
細胞からすべての遺伝子情報を解読する装置を発明した
天才学者トム・カーター。一人娘の遺伝子を調べ、
娘が1年以内に脳腫瘍で死ぬことを知る。
娘を救うには奇跡の治癒能力を持つ
イエスの遺伝子の謎に挑むしかない…
-------------------------------------


--オリジナル・データ-------------------
  THE MIRACLE STRAIN
  by Michael Cordy
 Copyrightc1997 by Michael Cordy
 ---------------------------------------


主人公のトム・カーターは遺伝子学者。
しかも超がつくほどの天才的科学者です。
彼は何と細胞が1個あればすべての遺伝子情報が読み取れてしまう
スーパー顕微鏡をつくってしまったのです。
それを解析するこれまたハイパーなソフトを開発したのがジャスミン。
この2人がノーベル賞を授賞した夜からメインの話は始まります。

突然現れた刺客に銃を向けられたトムでしたが、
撃たれたのは彼の妻。最愛の妻を亡くしたトムは、
それだけでなく恐ろしい事実を知ってしまいます。
妻には脳腫瘍があったのです。そして、彼の死んだ母にも…。
一人娘のホリーにその要素が遺伝していないかと心配になったトムは、
自ら開発した装置で、ホリーの遺伝子を調べます。
そして彼女が、1年以内に脳腫瘍を発症し、
死に至るであろうことを機械に告げられてしまうのです。

…と、序盤のあらすじを書いてみました。

このあとトムは、娘を救うために動き回るわけです。

ストーリーの深みを増すのが三つ編みでも結うように
トムたちのエピソードと交代で語られる
「謎の集団」や「刺客」の話。
謎の集団は、見返しについている「主な登場人物」で言うところの
「ブラザーフッド」というあやしげな宗教団体であり、
「刺客」とはマリアというブラザーフッドの暗殺者のこと。
彼らのそれぞれの事情が次々と語られ、
全体のストーリーの中に編みこまれていくのです。
それらが1つに重なるとき…、物語が急転しそうな
期待感と緊張感がないまぜになってストーリーは進展します。


本作は著者にとってのデビュー作に当たるとか。
ふと作品のアイデアが思い浮かんでしまったコーディ氏は、
これを書くために仕事をやめたらしいです。凄い。

確かに着想が大変面白い作品。
また、著者が小説初挑��というのも分かるような気がします。
大変映画的で、しかもハリウッド映画的。
設定の突飛さといい、動きの派手さといい、展開の仕方といい、
ハッピーエンドへのもっていきようといい。
大味で、エンターテイメント性に富む構造です。
とにかく主人公・トムは映画のキャラのよう。
「小説らしさ」はむしろ、準主役のマリアやジャスミンが担っています。
それぞれのキャラの個性はくっきりとしていて、
それらが生き生きと描かれています。


この作品のジャンルとして本には
「冒険ミステリー」とありましたが、まあ順当にSFかと思います。
サイエンス・フィクション。
著者は「これがSFではなくなるほど科学は進展してきている」
とのことですが、少なくとも作中の2002年には、
これは実現しませんでしたし、2006年現在、まだまだ無理だと思います。
ここに出てきている技術は少なくとも、
著者が考えている以上に実現が難しいものであると思います。
何が難しいってまず、顕微鏡(どうやら電子顕微鏡らしい)で
DNA配列をこんな風に読み取ることからしてまず難しい。
それから、読んだ遺伝子情報から得られる情報が具体的過ぎる。
機能予測も大変正確でしたけど、これは現在、
よほど特徴的なモチーフをもったタンパク質相手でないと難しい技術です。
構造予測すら単純なタンパク質に限られていますしね。
そして「あと1年でこの遺伝子の持ち主は死にます」って、
そんなこと分かるか!?とも思ってしまいますし。
それだと遺伝子異常により死亡するのが双子だったら、
ほぼ同じ時期に死んでしまいます…。
しかし実際は、生まれたてでもない限り、そんなことはないでしょう。
他にもいくつか、ええええ!?というのもありましたが、
それも含めて、やっぱりエンターテイメントのためのSF、
と分類しておきましょう。

ちょっと主人公に都合よすぎな展開、というのはありましたけど、
物語としては大変、面白い作品でした。




●菜の花の独断と偏見による評定●
---------------------------------
文 章 :★★★+
描 写 :★★★★
展 開 :★★★+
独自性 :★★★+
読後感 :★★★+
---------------------------------


菜の花の一押しキャラ…ジャスミン・ワシントン


「パパにもっとたくさん会える?」
「お前が会いたいときはいつでもかまわない。
 夜でも昼でも。そばにいるよ」

(ホリー&トム・カーター)

2012/09/03 21:20

投稿元:ブクログ

表現がくどくてワンパターンな印象を受けたが、それでも一気に読んでしまうほどアイデアが面白い。ストライクでした。

2010/08/29 13:21

投稿元:ブクログ

 文庫本では上下2冊に分かれているけど、1冊本を読んだ感想です。

 あれこれと詰め込んであるけれど、結局は「イエスキリストのDNA」を分析し奇跡を起こす能力を手に入れるという話。たったひとつのアイデアをよく膨らましたなって感心した。ものがたちにひねりを与えているのかなと思っていた要素が、実はそれだけではなかったというあたりの展開がおもしろい。

 一番気になったのは、主人公に魅力がないこと。周囲の人たちの方がずっとおもしろい。

 全体として、一気に読ませてしまうだけの力強さは持っているけど、読み終わってから何となく虚しいような、妙な虚脱感が残った。ホント、アイデアは本当におもしろかったのだけれど。
2007/3/4

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む