サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 秋山真之 伝説の名参謀

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

秋山真之 伝説の名参謀(PHP文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP文庫
  • サイズ:15cm/472p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-569-57343-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

秋山真之 伝説の名参謀 (PHP文庫)

著者 神川 武利 (著)

秋山真之 伝説の名参謀 (PHP文庫)

926(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

物語ではなく、秋山真之の話という感じがしない

2017/02/04 12:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語ではなく、事実を羅列したような説明的、教科書的なものであり、面白いものとはいえない。
さらに話が飛び、本筋と関係ないことも多く記述されていることからすると読みやすいものともいえない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/21 21:25

投稿元:ブクログ

こちらの本で良かったのはあの「日本海海戦」以後の真之さんのことがわずかながら書かれているっていうことと、あとがきの中にあったこの(↓)言葉に感銘を受けたこと・・・・・ぐらいでしょうか?

史は詩であり志である

司馬さんの「坂の上の雲」を読んでいても感じる高揚感は、まさにこの言葉に凝縮されていると思うんですよね~。  「歴史に学べ」とは言い古された言葉だけど、私たちが偉大なる先人に学ぶべきことの1つはこの「志」じゃないかなぁ・・・・と。  志のあるところに事が成り、その事が歴史として後世に伝わり感動を生む・・・・そういうものじゃないかなと思うんですよね。

(全文はブログにて)

2011/06/03 07:24

投稿元:ブクログ

戦艦『三笠』の艦長・東郷平八郎が、「智謀如湧」と評した名参謀・秋山真之の生涯を綴った歴史小説。

司馬遼太郎の歴史小説『坂の上の雲』は、秋山兄弟(好古・真之)と正岡子規を主人公として据えた小説であるものの、日露戦争当時の各地の様々な動きや情勢、采配等から、彼ら三人(特に正岡子規は、日露戦争勃発前に死亡)が全く登場せず、彼らを取り巻く、または彼らと深く関係する歴史上の人物が長く登場する、という箇所が多くありました。当時の時代の流れを、敢えて主人公三人の視点・手段に固執することなく、包括的な描写をするためには必要なことだったと思います。
本作は、それとは異なり、題名の通り『秋山真之』の、特に参謀としての人格形成に至った経緯を中心とした生涯を描いた作品です。そのため、明治維新から日露戦争までの流れではなく、『秋山真之』本人に対し深く掘り下げた知識を得たい、または彼の人となり、生き様、歴史を知りたい、という方には、最適かもしれません。

私自身は、『坂の上の雲』を読んだことによって、同時の戦争にかかわった人たちの人となり、生き様を、より深く知りたいと思い、彼らに関する書籍を多く読もうと思うに至りました。本書もその一つ。ですので、どちらかというと、当初は、歴史小説というよりかは、論評に近い本ではないか、と最初は思いました。
読んでみたら、ほぼ純然たる秋山真之の生涯を綴った小説。しかも、(記録がほとんど無いからかもしれませんが)内容についても、『坂の上の雲』とそう大きな違いはないのです。それ故、他のレビューアーの方々もおっしゃっているように、『坂の上の雲』から、秋山真之の部分だけを抜粋した本、と評したことに、図らずとも頷いてしまいました。
もしくは、『坂の上の雲』を読んだ後でも、そういう小説なんだと割り切って読む分にはいいのかもしれません。

他にも、例えば、『坂の上の雲』における、日本陸軍が執った重要作戦である二〇三高地の攻撃・占領作戦も、当時は陸軍と海軍との軋轢や、陸軍内におけるプライドの高さから、遅々として進まなかったことが描かれています(個人的な感想としては、それはもうしつこいとばかりに)。それもあり、海軍からの不満も積もりに積もらせていたに違いありません。が、本書ではその項目はほんの数行程度。しかも、あたかも秋山真之はまるで関与していないかのような。あれだけ読む側からしても苛立たせるような内容だったのに、彼が大なり小なり関与していないとは考え難い。これも、当時の秋山真之に関する史料がなかったから、とも言えなくもないですが…


勿論、全てが全てではありません。歴史小説ながら、ところどころで、日露戦争後(特に大東亜戦争)の軍部との対比が綴られています。
日露戦争当時の軍人は、全員が全員そうではないものの、それぞれが西洋列強に脅かされる毎日を憂い、彼らに対抗できる力を持ち、その力を以って日本という独立した国家を形成・維持しようと、躍起でした。そして、ロシアを打ち破る。そこから、日本の歯車は狂い始めた。その後も、軍事技術は日を追うごとに進化・深化しているのに、驕り高ぶりから、軍事研究を怠った。さらにその態度が、日露戦争では味方(または味方寄り)だった国々の警戒心を煽った。自分たちの国際的立ち位置を改めて確立する、または対抗しようともしても、既にとき遅し。第二次世界大戦に入った時には、たとえ真珠湾攻撃に成功したとしても、その形勢は決まっていたのかもしれません。
「勝って兜の緒を締めよ」。これは、現代にも言える格言であることを、本書では教えてくれます。

2009/01/10 09:32

投稿元:ブクログ

「坂の上の雲」を読んだことある人には退屈かもしれない。
死ぬほど忙しくて、坂雲を読む時間が無い!!って方には、
…いいのか…な?

2013/10/12 20:55

投稿元:ブクログ

★2013年10月2日読了『秋山真之』神川武利著 評価B+
日露戦争時、日本海海戦で東郷司令長官の下で、先任参謀として海戦をプランし、首尾よく大勝利に導いたといわれる名参謀の秋山真之の生涯を描いた作品。

大体が、司馬遼太郎の坂の上の雲に描かれていた内容と重なる。それらよりは、秋山にテーマが絞られる分、話は、やや詳しく描かれる。

日本海海戦までの伏線となる黄海海戦などでの秋山自身、また日本海軍が学んだ教訓なども語られる。さらに、バルチック艦隊が予測通り日本海側からウラジオストクに向かうのか、太平洋側から抜けてしまうのか?に大変な神経を使っていたこと。

ただ弱小国だったイエローモンキーと日本を過小評価して、十分な用意をしなかったロシア軍と対照的に国民が食べることを我慢してでも、臥薪嘗胆で艦船を整え、将兵も士官から一兵卒に至るまで勝利に向け必死の訓練で一丸となっていた状況などが描かれる。

坂の上の雲で秋山が海戦後比較的簡単に描かれていることに不満だった人にはいくらか参考になる作品だと思う。

それにしても、このような才人が、50歳前に亡くなってしまったことは、その後の日本の歩みにも大きな影響があったのではないか?米国に留学してその偉大な力を知っていた彼が生きていれば、日米開戦はなかったのではなかったかと思えてならない。

2012/07/20 08:20

投稿元:ブクログ

史料を調べて、自分なりに編集すれば、そのまま面白い本が一冊完成する。変に小説風に登場人物に語らせると、その部分だけ陳腐になってしまう。
それほどこの歴史的事件は物語として面白い出来事だったと改めて感じさせられた。
そう、小説風な描写のところだけ、邪魔。

秋山兄弟は我が郷土が誇る有名人。(愛媛県ね)
自分にも海賊(水軍ね)の血が流れていることは間違いない。

彼の人生の頂点はやはり「日本海海戦」。これが東海海戦じゃ困る。
この一戦を持って、命名権を堂々と主張できる。

読み進むうちに、頭の片隅で「軍艦マーチ」が鳴り響いていた。

色々な感想を抱くが、「運」とか、「運命」の存在を強く感じざるを得ない。

あの頃の戦争は、決断力とか、勇気とか、対応力とか、人間的要素が現代の戦争より大きな部分を占めていた。
いまは、兵器の優劣で勝敗が付いてしまう。
スイッチ一つで片が付く分、人間的要素が極端に減った戦争になってしまった。

だから、もう戦争からは物語が生まれなくなってしまった。

PHP文庫 ランキング

PHP文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む