サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 子どもを伸ばす魔法のことば やさしさと強さをはぐくむために

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

子どもを伸ばす魔法のことば やさしさと強さをはぐくむために(PHP文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP文庫
  • サイズ:15cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-569-57370-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

子どもを伸ばす魔法のことば やさしさと強さをはぐくむために (PHP文庫)

著者 山崎 房一 (著)

子どもを伸ばす魔法のことば やさしさと強さをはぐくむために (PHP文庫)

576(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

子どもを伸ばす魔法のことば

540(税込)

子どもを伸ばす魔法のことば

ポイント :5pt / 紙の本より36おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

ヾ(´ー`)ノ

2017/02/19 19:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルが面白かったので読んでみました。
中身もなかなか面白くて、読んでて楽しかったです。
満足です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子育てのヒント満載です

2002/04/12 10:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 娘長女が高校一年生ですが、学校へ行くのがいやになり、行ったり行かなかったりかといって退学する気がなく、かといって家に引きこもるのではなく、夜と朝が逆になり、いけなくなり、学校からは毎日のように電話があり、私はどうしていいのかわからず、なんど退学するよう言ったことか。そんなときこの本を見つけました。自分のことばかり考えていて、世間体ばかりきにしていて、娘のよいところをわかってあげていなかったと思いました。今思えば、高校の先生も自分のことばかり、娘は一生懸命学校にいっても邪魔扱いでした。もっといってあげればよかったと思いました。結局高校は転校して、今一生懸命頑張っています。これからはよいところをのばせるよう、ことばに気をつけようと思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/08 09:48

投稿元:ブクログ

実際にあった例も書かれているので、納得できる内容になっています。毎日ガミガミ言ってたのを反省(^^; 全く叱らないのはムリだけど、出来るだけ叱らない、その分褒めて育てていきたいと思った。

2009/10/23 17:00

投稿元:ブクログ

★☆★ お母さん向けではなく・・・★☆★
本来この本は、タイトルからもおわかりかと思いますが、子育てをされているお母さん向けに書かれたものです。
「親と子」の関係が全ての社会性の原点であるということから、私はこの本を「全ての人間関係における原点」としてとらえ、
「自分と他人との関係」におけるバイブルだと思っています。
『親と子』はもちろんですが、「私と友人」、「私と恋人」「上司と部下」・・・に置き換えて、皆さんも是非読んでみてください。きっとヒントがみつかるはずです!

2012/03/03 23:15

投稿元:ブクログ

おすすめ度:100点

言葉のひとことひとことが持つその重さ、重要さ、そして、怖さを思い知った。
緊張してドキドキと心臓の鼓動を聞きながら読み進めた。
そのひとことが魔法の言葉にもなるし、道を外させ心をを踏みにじってしまうこともある。その人の人生を破滅させてしまうこともある。言葉は、怖い。恐ろしい。
ましていわんや、相手は何の抵抗の手段も持たない子供だ。
「許す」「褒める」「甘やかす」。キーワードはこれだ。常に意識し、肝に銘じ、今後も子供と接していきたい。いかなければならない。
いわんや、我が家庭の特殊事情。母親がいない境遇におかれている息子にとって、私が唯一の信じてほしい最後の綱だ。砦だ。母親に甘えられない息子が頼れるのは最終的には私だ。私が裏切ったら息子が頼れる人はいなくなってしまう。
父から、生涯初めてかつただ一度「読んでみたら」と勧められた本。父も母も(息子からみると祖父も祖母も)読んだ。家族一丸となって息子を褒め、甘えさせたい。そうすることを私は誓う。

2012/11/29 02:22

投稿元:ブクログ

子どもを伸ばす魔法のことば:「あなたが大好きよ」「あなたは宝物よ」「どんなことがあってもあなたの味方よ」

2013/04/07 21:19

投稿元:ブクログ

読みながら、何度か涙しました...

そう、私は子どもを愛しく思っているし、その子らしく育ってくれたら良いと思っている。でも、そのことを意識して、丁寧に伝えることが、それほどあっただろうか、と。

そしてガミガミ、親の要求は、何気なく、何度も繰り返しては、いなかったかと...。

その怖さと、愚かさを、たくさん感じさせられました。

これからの子育てでは「あなたを大切に思っている」と、意識してたくさん伝えていこう、と決めました。

2011/09/17 13:19

投稿元:ブクログ

この本を読む前は怒るときは怒ったほうが子供のためになると思っていたけど…それはちょっと違うんじゃないかなと思えてきた。感情的になって怒るより教え諭すような感じで、なんでこれはやってはいけないことなのかを子供にも分かるように説明してあげようと思いました。子供ができる前にこの本を読んで正解でした。

PHP文庫 ランキング

PHP文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む