サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. 計算機プログラムの構造と解釈 第2版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

計算機プログラムの構造と解釈 第2版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料

紙の本

計算機プログラムの構造と解釈 第2版

著者 ジェラルド・ジェイ・サスマン (共著),ハロルド・エイブルソン (共著),ジュリー・サスマン (共著),和田 英一 (訳)

プログラム言語Lispを使用した計算機プログラミングについて詳細に解説する。89年マグロウヒル出版刊「プログラムの構造と実行」に次ぐ、原著第2版の翻訳。【「TRC MAR...

もっと見る

計算機プログラムの構造と解釈 第2版

4,968(税込)

ポイント :46pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

プログラム言語Lispを使用した計算機プログラミングについて詳細に解説する。89年マグロウヒル出版刊「プログラムの構造と実行」に次ぐ、原著第2版の翻訳。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

内容紹介

2003/05/04 22:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピアソン・エデュケーション - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は1980年からMIT の初級レベルの計算機科学の科目の基本としてできあがったテキストで、全米に大きな影響与えました。初版の特徴を継承しつつ、第二版では、 汎用演算システム、解釈系、レジスタ計算機シミュレータおよび翻訳系を含め、主要なプログラミングシステムの大部分を再構成しています。使用しているプログラミング言語はSchemeです。

目次

1 手続きによる抽象の構築
2 データによる抽象の構築
3 標準部品化力、オブジェクトおよび状態
4 超言語的抽象
5 レジスタ計算機での計算

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/05 01:21

投稿元:ブクログ

かの高名なるSICP。
…いや、挫折して「もうちょっと簡単そうなやつからいこう!」と思って買ったのがプログラミング言語SCHEME。
いや、全然簡単じゃない。

2011/09/11 14:01

投稿元:ブクログ

自作言語のインタプリタを作成するにあたり、何か参考になるものはないかとエッセンスを掠め取るように読んだ。練習問題はテキトーに飛ばしまくって、テキストだけをさらった感じ。一応参考にはなった。

訳が悪い(古い)という評価を Amazon界隈でよく見かけるが、自分はそこまで読みにくいとは思わなかった。大学の教科書ということもあってか、演習問題がプログラミング以前の部分(数学とか電気回路とか)で難しいのが難。

2009/05/25 02:04

投稿元:ブクログ

Lispを使って、数学デザインを勉強するための教科書。
まだ、再帰処理のいろいろについての部分までした、読んで実践できていない。
Lispを使って実際に、数学デザインをやりながら読み進められる。

2010/10/29 20:27

投稿元:ブクログ

来週はGW中につき通常の読書会はお休み(特別企画はあるかも知れない)。再来週はまたはじめての会場に上陸予定。世話人たちの当初の想像を超えてひろがりを見せている読書会になってしまっているような気が。

実は私はこの読書会に参加資格があるかどうかはけっこうあやしい。

まず「素人くさい」をクリアーできるかどうか。私が本書と出会ったのはなんと20年前、まだティーンエイジャーだったころだ。私はこの本で、はじめて電脳言語を「教室で」習った。教えていたのはBrian Harvey。当時は知らなかったが、Schemeと聞いてSussmanの次に有名な人だ。この本と出会わなかったら、道を間違う今の境遇を得る事もなく、今宵の読書会の会場を提供することも出来なかったのかと思うと感慨深い。最後にはschemeによるscheme interpreter(の簡単な奴)を作った記憶がおぼろげにある。

そして今ではPerlの設計の手伝いなんぞしているので、ちょっと「素人」を名乗るのはずうずうしいような気もする。熟女がセーラー服を着てるというか....

それでも、「ままごと」をしているつもりはまるでない。scheme/lispの考え方は今でも新鮮で、そしてLL、特にPerlの経験をふまえるとさらに別の味わいがある。

当時は、schemeを味わうのに最良の環境だったとはいえない。いや、最高の教科書に最高の教師がいてなにぬかすと我ながら思うが、当時生徒達が使えたのは、emacsではなくjoveというemacs cloneで、それがいやなら語尾にmがつかないviという世界だった。演習用のシステムのNFS Serverの全容量が300MB程度という世界。これを100人規模の生徒とfacultyが共有するという世界だった。

だから、当時はschemeというよりlispのいやなところを強く感じたと思う。次の学期でCとAssemblyに入ったとき、なんだかほっとした気がしたものだ。それでも、最後のinterpreterを作ったときに、S式というものに素直に感動した。

それが今やどうだ。今やschemeやlispの処理系は、言語処理系としてはずっと軽い部類に入る。掃除機に組み込まれていたり、携帯電話で動かしてみたり。schemeが重いなんていったら、mod_perlやtomcatなんてなんと呼んだらいいのだろう。時代はやっとlispに追いついたのである。

しかし、時代はなぜかlispを選ばず、もっとAlgolっぽいものを選んだ。Java, C#, Perl, Python, Ruby, Javascript....Lispはシンプルすぎたのだろうか?確かに括弧の種類はあまり少なすぎても目が痛くなるようだ。いくらEditorが括弧あわせしてくれても。

だけど、eval()がある言語はどれもlispの香りがする。sub{}もfunction(){}も行き着くところはlambdaなのだ。実際ある言語を習得する時に、schemeの処理系を書くということを私は結構する。もちろんフルセットではないけど、S式があって、consがあって、evaれる程度のものを。

今回の読書会に参加するにあたって、実は私は本書を買い直している。20年前に使ったものは中古品だった。大事にしていたのだが実家の火事で一緒に燃えてしまった。それ以来買い直していなかったのだが、やはり手元にあるのはいいものだ。私はbibliomaniaなので、今では本を2万冊以上持っているけれど、そういう気持ちにさせる本は滅多にない。

嬉しい事に本書はMIT Pressのsiteで全部ロハで読める上、今でもきちんと売れているおかげでAmazonで今発注すれば24時間とどけてくれる。「再会」しようと思えばいつでも再会できるので、つい再会を後回しにしてしまったが、今回の読書会が背中をおしてくれた形だ。

本書のもう一つうれしい点は、本書はあくまでもHackerに対して書かれているという点だ。電脳言語と文化というとPerlを今では真っ先に思い出すが、本書はその源流の一つだと思う。Alyssa P. HackerとEva Lu Ator

素人、玄人、文系、理系、老若男女を問わずお薦めの一冊。でも、もし本書を手にしたら、「読む」だけではなく「使って」欲しい。二十年前はこの「使う」が辛かったが、今それは全くない。手を動かすのが辛い分どうしても頭でそれを補完していたのが二十年前なら、今や手で直に感じ取る事ができる。 (かっこ のカッコ)よさに、あなたもぜひ触れてほしい。

そうそう。この読書会では、今のペースだと第五章に到達するのにあと4年ほどかかるみたいだ。 娘達も充分参加できるなあ。そしてその頃にはFPGAハッキングが一般化して、「俺Lisp Machine」を普通に遊べるようになってるかも。それこそ本当の読書会ですね。

2010/07/30 03:23

投稿元:ブクログ

計算機科学の古典。
LISPの方言の一つであるSchemeを用いて簡単な演算処理からコンパイラの作製まで、関数型パラダイムで計算機科学の芯を学ぶことができる最高の聖書。
たしかに訳は変な所もあるが、原書はホームページに上がっているため、日本語が分からない時に参考すれば全く問題はない。
基本的には問題を解くことで理解していく内容になっている。
内容は非常に難しいが、コンピュータに関わる者は読んでおくと必ず為になると思う。

2011/10/16 12:28

投稿元:ブクログ

主にプログラミング言語の構造を解説する本。すべての例はLISP (Scheme) で実装されていますが、LISPは簡素で読みやすい言語なので特にLISPを知らなくてもちゃんと読めるはずです。最後のチャプターではシンプルなインタープリターも実装されています。プログラミング言語の仕組みを理解したい人は読んでみてください

2016/05/07 01:11

投稿元:ブクログ

プログラマになるには必読だと思います。この本は読むだけではなく、よく練られた練習問題を解くことが重要です。MITの基礎コースの教科書だったということを知って、MITの底力、すごさを感じました。

2012/06/03 22:00

投稿元:ブクログ

大学1年生のとき教科書で読んだんだけど、そのときは難しくてよくわかんなかった。

Emacsを使うようになって、Lispに興味がでたのと、
手続き型やオブジェクト指向ではないパラダイムを学ぶことで
よりよいプログラムを書くことが出来るようになればと思い再読中。

それと、今趣味で作っているソフトの拡張用言語を何らかの形で実装したくて、schemeでschemeを実装する部分が参考になるかなとも思っているけどこれはどうなるかわかんない。

情報理論・情報科学 ランキング

情報理論・情報科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む