サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

もつれっぱなし(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-763601-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

もつれっぱなし (文春文庫)

著者 井上 夢人 (著)

もつれっぱなし (文春文庫)

576(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

宇宙人の証明 7-60
四十四年後の証明 61-106
呪いの証明 107-150

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

二人の会話というのは、その密室性がトリックを生む

2001/01/23 19:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:青月にじむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 会話だけで進んでいく話たち。実験作だなあ、と思える6編。

 全て、片方が主張することをもう片方が否定しつつも、感情的な側面からその仮定(?)を証明できるよう持っていく話。2人がいないと成立しない。本当ならば、一人で葛藤しながら結論に持っていくところを、他人の視点を置くことで、その思考をより分かり易く読者に披露してくれるのだ。
 そして、どれもが二人だけの世界であり、密室である。だから、世界が作り易いのだ。読者は、神の視点で二人を見つめることになる。勿論、二人だけの話だから、もしかしたらその前提さえもまったく間違っているかもしれないし、そこから導き出された結論なんて、つまるところはその「虚構」の上に成り立ったもので、現実には意味を成さないものかも知れない。敢えて、相手を信じて「仮定」した上での思考ごっこをするというのが、これほど面白いものだと思わなかった。二人の見たもの、知っていることしか真実ではない、というのは、ある意味恋愛そのものだよなあ。

 地の文無しに物語を成立させるということは、まるでサーカスの綱渡りだ。できそうだけれど、実際やってみたらとんでもなく難しいということは、解説で小森健太朗が述べている通り。全ての情景描写も心理的な流れも二人の台詞だけで完結させなければならない。だからこそ、持てるテクニックを駆使した成果を惜しげも無く披露した作品群がこれらなのだろう。
 いいものを見せて貰ったなあ、と思います。井上夢人の真価ってやつ?

 テクニックに流れ過ぎないところも好みです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/05 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/16 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/18 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/09 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/28 07:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/07 09:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/12 13:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/18 02:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/15 00:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/24 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/16 05:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る