サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

自殺−−生き残りの証言(文春文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/314p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-759503-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

自殺−−生き残りの証言 (文春文庫)

著者 矢貫 隆 (著)

自殺−−生き残りの証言 (文春文庫)

596(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

自殺──生き残りの証言

590 (税込)

自殺──生き残りの証言

ポイント :5pt / 紙の本より6おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (1件)

電子書籍

よくわかりました

2013/02/06 12:05

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:田舎の高卒女 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自殺者について俗に言われていることをまとめて書かれていました。自殺は本当に生きることに真面目に深刻に考えてしまう人間がする事だと思います。心を病んでも誰も相手にしてくれないし、嫌われるだけだと気付くことが大切。医療関係者に迷惑をかけて、多額の支払いに困るだけですね。自殺未遂なんて恥ずかしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

死んだらラクになる

2001/08/30 09:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:典子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 救急救命センターに運ばれてくる自殺者を取材する。
 本当に死にたくて自殺を図るわけではなくて、死んだらラクになると思ってするのだという。リストカットや少量のクスリを飲むのは、恋人などの気を引きたいというのがほとんどで、死ぬつもりなどない。ネットでもリストカットをわざわざ公開して注目を浴びたがる人がいる。馬鹿は死んでも治らないというように、リストカットも指が不自由になるとかしないと治らないのだろう。
 しかし、本気で死ぬつもりだった人が致死率の高い首吊りなどをしているのかというと、そうでもないという。たまたま近くのビルの2階から飛び降りたとか、たまたま近くにあった換気扇用の洗剤を飲んだとか、たまたま近くにあったノコギリで首をガリガリと切ったとか、手段にまでは手が回らないという。クスリをコツコツとためるのは面倒臭いし、衝動的なエネルギーがいるからなんだろう。ノコギリで首をガリガリなんて……普通ではできない。
 自殺を薦めるわけではないが、死ぬとラクになるのは間違いないと思う。死んでしまうんだからね(笑)。助かったとしても自殺以前の狂っていた自分は死ぬのでラクになるというものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/29 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/18 06:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る