サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

漆の実のみのる国 上(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-719232-2
文庫

紙の本

漆の実のみのる国 上 (文春文庫)

著者 藤沢 周平 (著)

漆の実のみのる国 上 (文春文庫)

594(税込)

漆(うるし)の実のみのる国 上

590 (税込)

漆(うるし)の実のみのる国 上

ポイント :5pt / 紙の本より4おトク

販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.8MB 無制限
Android EPUB 6.8MB 無制限
Win EPUB 6.8MB 無制限
Mac EPUB 6.8MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

上杉を書かせたら…

2004/03/29 00:17

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:歳三 - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代小説を書かせたら、藤沢さんの右に出る者はいない、と思わせるほど丹念且つ鮮やかに、悲哀を込めて藤沢ワールドは展開してゆく。
短編しかり、長編しかり。
さて、時折、藤沢さんが筆を取る所謂史実を重んじた歴史物に関して、いまひとつしっくりこない印象を持つことも時にある。やはり几帳面で誠実な藤沢さんが真実を探求し、正確に記そうとする生真面目さの顕れであるかもしれない。

だが、本作は、江戸期実在の人物、上杉鷹山を取り上げていながらにして、縦横無尽に藤沢ワールドが繰り広げられ、読者を虜にして、息つく瞬間さえ与えない。
頁に釘付けになった目を上に向けたとき、やはり藤沢さんは、西の英雄ではなく、北の人を描くことに粋を感じているのだと再認識する。

国の建て直しという観点からか、最近は鷹山が見直されているが、どうしても完璧な人格、美化された像になりがちであることも否めない。
藤沢さんは、偶像ではない鷹山を蘇らせ、それでいて爽快感を導き出している。
改めて、藤沢さんの筆力、人物洞察力、更には藤沢さんご自身の人間の深さに感じ入るばかりである。

この作品、もっともっと、書き続けてほしかった。
最終節を急ぐ藤沢氏に、あと少しだけの時間を差し上げたかったと思うのは、私だけではないはずである。
藤沢ファン必読の一作だとおもいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

財政難との長い苦闘、改革を阻む大国意識。米沢藩の上杉鷹山の治世を描いた歴史小説。

2010/11/27 19:58

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、財政に窮乏し、士風は乱れ、亡国の危機にある米沢藩を再興するべく、上杉治憲(鷹山)と重臣たちの苦闘を描いた歴史小説。
 史実の部分は、精緻で堅苦しく感じるものの、対照的に、財政難との苦闘を描いた物語部分は、いつもの藤沢調で柔らかく、この二つが明確に分かれた構成は非常に読みやすい。
 この精緻な史実と苦闘の物語は、この頃の米沢藩が置かれている非常に厳しい状況を目の当たりにさせるものだが、暗さは感じられず、満足感と充実感の大きい作品だった。

 物語は、日向高鍋藩から、米沢第八代藩主・重定の養子にきた直丸(上杉治憲)十二歳の頃から始まる。
 この頃の米沢藩は、過去の減封や藩主の奢侈によって、財政はすでに窮迫し、家中や領民への過酷な税の取り立ては、士風の乱れを招き、農村も荒廃していた。
 現在も続く財政難の原因を、藩主・重定の奢侈と、寵臣・森利真の驕奢にあると見た、竹俣当綱ら四重臣は、森の誅殺、および藩主隠退に成功。藩世子素読師範を勤める藁科松柏が、その明敏さと仁慈を見出していた直丸は、十七歳で家督を継いで、治憲と名乗った。
 新藩主となった治憲は、早々に大倹令と呼ばれる、普段着や食事の量までも規定する経費削減策を打ち出す。しかし家中の謙信公を祖とする大国の格式、体面が顔を出し、保守派の抵抗は厳しく、隠退した前藩主・重定の協力によって、ようやく大倹令は執行された。
 この上杉家中に根を張る『大国意識』という痼疾は、改革を阻む要因として、これからも大きく横たわることになる。

 これ以降、保守派の重臣による家老竹俣当綱や近習・莅戸(のぞき)善政ら改革派排除を訴えた七家騒動、竹俣当綱を中心とした三木(漆、桑木、楮)各百万本植立てによる収入倍増計画と失敗、志賀祐親の財政再建失敗、天明の飢饉など、懸命の財政再建計画が、ことごとく失敗に終わっていく様子が描かれいる。
 治憲が、いつまで我らを苦しめるのですか、と天を仰ぐ場面が印象に残るほど、いつ明けるともしれない闇は深く、報われない改革は、読んでいてとても辛い。

 このような財政難との苦闘ばかりで、辛いの物語でも、満足感や充実感が得られたのは、闇の中にも微かな光を感じたからだろう。
 まず享楽好みで暗愚とされた前藩主・重定の存在。享楽に変わりないものの、隠居してからは養子である治憲を実の子のように扱う暖かさと、幾度も治憲の危機を救う力強さが描かれ、保守派重臣の抵抗の中にあって非常に頼もしい。
 また商人との資本、借財交渉や収入倍増計画など前期改革を力強く推進した竹俣当綱の存在も大きい。改革への逆風が吹く中、強引に突き進んでいく人物は頼りになる。改革は実らなかったものの、彼がいたからこそ当面の危機を乗り越え、改革の芽が育ったのだろう。
 そして力を入れた学問所から輩出された人材の数々。本書を読むと治憲一人の英邁さだけでは、米沢藩の再興はできなかったことがよく分かる。彼を補佐する優秀な人材がいたからこそ藩は立ち直る兆しを見せた。藩の困窮を救うはずだった漆の実とは、優秀な人材だったのではないだろうか。

 それにしても、長い辛苦の中に見える未来への光が感じられたにもかかわらず、彼らの苦闘が報われ、藩の窮乏から脱する様子が描かれていないことは残念だった。
 物語の終わりは、三十七章、隠居から再び執政入りした莅戸善政が、藩政改革から殖産振興に至るまでを示した、十六ヶ年組立と呼ばれる改革案(寛三の改革)を治憲に提出するまでを描き、鷹山と改名した治憲が、漆の実が藩の窮乏を救うという心躍った過去を思い返すところで幕が閉じられている。
 解説によると、この三十七章が原稿用紙六枚分で終わっているのは、これが著者藤沢周平最後の原稿だからだそうだ。本来なら、あと四十から六十枚の予定だったというから、著者は光を浴びた米沢藩を描きたかったに違いない。

 上杉鷹山の藩再興について前知識のなかった私は、本書を読みながら、漆の実がみのる豊かな国を思い描いた。結局それは叶わなかったが、読み終えると、何か力をもらったような気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/10/29 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/19 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/22 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/18 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/30 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/13 17:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/01 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/24 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/24 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/07 19:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/22 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/10 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/27 19:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る