サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 漆の実のみのる国 下

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

漆の実のみのる国 下(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/315p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-719233-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

漆の実のみのる国 下 (文春文庫)

著者 藤沢 周平 (著)

漆の実のみのる国 下 (文春文庫)

605(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

漆(うるし)の実のみのる国 下

605(税込)

漆(うるし)の実のみのる国 下

ポイント :5pt

販売終了

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.7

評価内訳

2007/01/19 22:46

投稿元:ブクログ

未完、ということでどうしようもない部分もあるが。。やはりしんどい。上巻では活躍目覚しかった当綱に、そんなに冷たくしかもネチネチからまなくったって…と少しむなしくもあった。上杉鷹山に興味はわいた。

2010/08/01 09:28

投稿元:ブクログ

藤沢さんの遺作。上杉鷹山の米沢藩改革を描き、現在の政治に通じる部分も多い。藤沢さんは時代小説家と思っていたけど、これは歴史小説。藩政治とは何か、興味本位ではなく厳しい内容を納得させられる。ただ、あくまでも武士の視点で、百姓を可哀想、仕方ないと焦点は藩士の救済となる。むしろ、それが隠れたテーマかな。あまり出てこないが、幕府の対応も興味深い。面白味には欠けるが、江戸時代の藩についての見方が変わる。

2011/07/10 11:53

投稿元:ブクログ

藤沢周平の遺筆となった本作だが、やはり最後が残念だった。
中身もよみやすく書いてあるだけに、続きが読みたいと思ってしまった。
莅戸氏の改革はその後どうなったのか。

今を生きるわれわれにも非常に示唆にとんだ一冊であると思う。

2012/12/01 20:48

投稿元:ブクログ

絶筆なんですね。苦難につぐ苦難が押し寄せてもしたたかに生きていくというあたりに作者の思いを感じました。

2014/02/13 17:52

投稿元:ブクログ

物語と言うより、史実を描くということに重点が置かれてるような…。
江戸時代の困窮した米沢藩がそこから立ち直ろうと苦労するさまが描かれてる。困窮から抜け出せない藩の苦渋がありありと描かれてる。
資料的な記述が多く、読むのに時間がかかった。

2011/10/13 23:22

投稿元:ブクログ

藤沢周平最後の小説との事。最後のあっけない終わりは?しかし解説によると複数あるパターンのうち本作品の終わりかたをチョイスして妻に原稿を渡したとか。作者が作家人生をかけて最後に言いたかった事を考えずにはいられない。

2011/11/05 17:51

投稿元:ブクログ

 上杉鷹山について、名前だけは知っていたがその人生(政治)を知らなかったことと、藤沢周平の遺作ということで手に取った。場面場面で鷹山以外の重要視される人物が異なるため、ついさっきまでに重要な位置を占めていた人物が20頁ほど読み進めると重要でなくなり、また新たな人物が重要人物として描写されるという進行なので、少し読みにくいかもしれない。
 上巻の半分くらいまでは鷹山が幼少で、また下巻の半分くらいで鷹山は隠居してしまうため、藩政に携わったのは、物語の半分くらいの容量しかない。また結局鷹山が行った藩政の結果(果実)が描かれぬまま終わってしまうので、中途半端な印象を受ける。
 前藩主の愚行っぷりと対比させて鷹山の善政が鮮やかに描かれており、読者は多少の溜飲を下げるかもしれない。しかし、結局米沢藩はどうなったのだろうか?と思わざるを得ないだろう。
 読みながら、結局上に立つものにより組織の行く末が決まって行くのだという思いを新たにした。ドラッカーなんか読むよりよっぽど思うことが多かった。
 以前いた会社は、人間的にも能力的にも素晴らしい人物が多くいたが、結局経営者が無能なイエスマンばかり重用したため、上場廃止という結果になった。その過程で多くの人がリストラされた。しかし経営者の多くは上場廃止の責任をとらず、新会社でぬくぬくと活動を行っている。犠牲になるのはいつの世も農民やら社員やら、弱者の立場に置かれた者だ。
 この本で米沢藩の歴史を知るにつれ、会社という組織(藩)と経営者(藩主)に思いを重ね上記のような感想を持ってしまった。
 例えば『竜馬がゆく』や『坂の上の雲』といった歴史小説に比し、読後に得られる爽快感(カタルシス)は無いことを知った上で、この本をお読みになられれば良いかと思う。
 組織(運営)とは何か、すなわち人間社会とは何かということについて考えさせられる本である。
 

2012/07/08 22:58

投稿元:ブクログ

ええー上杉鷹山ぜんぜん活躍しないじゃん、と驚いた。だって上杉鷹山って日本史の授業でも習うし、テレビでも取り上げられる江戸時代中期の明君というイメージがあったから。
窮乏した米沢藩を再建したヒーローのイメージはとてもじゃないけどこの本にはなかった。改革を進めようとも楽にならない藩。天はまるで邪魔するように冷害を与える至難の連続に、疲れた、と思う上杉鷹山は生々しかった。さらにこれが藤沢周平の遺作の一つとなれば、晩年病に苦しんだ作者の姿とどこか重なる気がして…。
絶筆――つまり未完の作品。あの続きが果たしてどうなったのか、読めないのが惜しい。

2012/04/30 14:56

投稿元:ブクログ

ひさびさの歴史もの。
しかも藤沢周平。

しかも、遺作だとは
まったく知りませんでした。

高校時代に「逆軍の旗」を読んで
上杉鷹山のことを知った程度だったけど
あらためて読んでみると
いろいろ興味深いもの。

歴史物を読んでるというよりは
組織物を読んでいる感覚。
なんかいろいろ参考になりました。


上下の2冊に分かれているけど
物語としては下巻の方がドラマティック。

2012/11/03 19:00

投稿元:ブクログ

著者が亡くなる寸前に執筆された本と言う事です。
最後のページはもっと長く、と考えていらしたらしく、そう思うと残念です。

2013/07/28 17:09

投稿元:ブクログ

藤沢周平さん晩年の最後の作品。米沢藩のフィクション、貧窮のどん底にあえぐ米沢藩。天よ、いつまでわれらをくるしめるつもりですか。改革はままならない。鷹山の孤独と哀しみを明澄な筆でえがきだす下巻。けれど漆は生長し熟しはじめていた。その実は触れあって枝先でからからと音をたてるだろう。政治とは、民を富まし、しあわせな日々の暮しをあたえることにほかならない。藤沢さんが読者にのこした遺書とでもいうべきこの長篇小説。はでさの無い淡々とした作品で落ち着いて読める。

2015/08/23 22:11

投稿元:ブクログ

今のところ人物伝で一番好きな作品。
とにかく、うまくいかない。好人物だった人間が年を取るにつれて長所がうすれ、短所が目立っていく様などは非常に現実味があり物悲しい。周りの人間が小粒になっていくような感覚も、老境ならでは、といったところか。
こんなにうまくいかないのに、なぜか読了感は非常にさわやか。藤沢周平の技量に感服するばかりである。