サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

逃げちまえ!(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/242p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-08-614689-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

逃げちまえ! (コバルト文庫)

著者 野梨原 花南 (著)

逃げちまえ! (コバルト文庫)

514(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

逃げちまえ!

486(税込)

逃げちまえ!

ポイント :4pt / 紙の本より28おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2004/10/11 14:53

投稿元:ブクログ

ぐいぐいと物語に引き込まれ、勢いで最後まで読めてしまいます。キャラたちの個性も出ていて、凄く面白かったです。

2005/06/22 12:26

投稿元:ブクログ

ちょーシリーズより前に書かれたものをスーパーファンタジー文庫からコバルトへ移植。
やっぱ作家さんはプレッシャーのない状態で好き勝手書いているのが一番面白いんだなと実感。ちょーの後半に比べたらこっちのほうがずっと野梨原さんらしくて面白い。

2006/05/25 15:34

投稿元:ブクログ

タイトルと、主人公の台詞がよくあっていて、よけいに台詞に重みが出ていた気がします
何でも屋を営む女性と、小粋な悪党の話。
個人的にちょーシリーズよりこちらの方が好き
(2001/10)

2008/05/05 20:44

投稿元:ブクログ

テンションとノリと勢いのよさが爽快な逃走活劇。メイン以外の登場人物にも、それぞれちゃんとキャラクターがあってよいです。ホームレスの男女とかホットドッグスタンドのおっちゃんとか船頭さんとか。読後にタイトルがバシッと決まる感じも好きです。

2009/10/30 12:04

投稿元:ブクログ

人気作家様である野梨原花南先生の中でも傑作なのに、現在比較的入手困難な1冊です。
ノベライズなど除き今作以外で見れない木下さくら先生の挿絵が絶品すぎるので(今でも文庫の挿絵という意味で1番好きかもしれない)、それだけでもオススメです(オイ)。
今中古なら簡単に入手出来ますが(しかも2パターン。元々今は無き「スーパーファンタジー文庫」から出たものであり、紹介のものはコバルト移行版。旧版は本文が若干と挿絵が違います。旧版は未所持)、再販されてもいいのになぁ。
てか続きが見れると凄く嬉しいかもしれないが、木下先生挿絵は難しいか;;

と、本文も非常に良い。
野梨原先生は単発というか1巻完結のほうが面白いと思います。
1話完結の刑事ドラマ(日本物+海外物)のような感じで、軽快に起承転結します。
2000年発売ですが、当時も1回読んでいたのですが大筋はすっかり忘れていたので(笑)、新しく読めました。
…て大筋の大オチはしっかり覚えていたのですが(^_^.)

今続編?の「あきらめろ!」も所持なのでこっちも読むつもりです。

2011/11/16 22:51

投稿元:ブクログ

『ちょー』シリーズで有名な野梨原花南先生の作品。アメリカ映画のような軽快なストーリーとキャラクターが魅力的でぐいぐい読めます。何回読んでも飽きない大好きな作品です!

2012/07/13 00:54

投稿元:ブクログ

表紙に魅かれてジャケ買いしたけれど、軽く読めて面白い。
マクロードが頭良いのか悪いのか解らないところが好き。
ふっ、と笑える作品。