サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 限りなく人類に近い隣人が教えてくれたこと

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

限りなく人類に近い隣人が教えてくれたこと
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/431,35p 図版16p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-791337-5
  • 国内送料無料

紙の本

限りなく人類に近い隣人が教えてくれたこと (角川21世紀叢書)

著者 ロジャー・ファウツ (著),スティーヴン・タケル・ミルズ (著),高崎 浩幸 (訳),高崎 和美 (訳)

チンパンジーは考え、悩み、言葉をも駆使する。「手話」を使えるチンパンジー・ワショーとのコミュニケーションを通じて、人類とチンパンジーの心と意識の謎に挑んだ、驚きと感動の物...

もっと見る

限りなく人類に近い隣人が教えてくれたこと (角川21世紀叢書)

2,592(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

チンパンジーは考え、悩み、言葉をも駆使する。「手話」を使えるチンパンジー・ワショーとのコミュニケーションを通じて、人類とチンパンジーの心と意識の謎に挑んだ、驚きと感動の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロジャー・ファウツ

略歴
〈ファウツ〉実験心理学者。セントラル・ワシントン大学で教鞭を執る。
〈ミルズ〉1955年生まれ。環境と野生生物について多くの記事を手がけるライター。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

チンパンジーは感情を持ち、論理的に考える。人類は特別な存在ではない。

2001/09/14 23:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊勢村 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ロジャーは2歳のチンパンジー、ワショーと出会った。これがすべての物語の始まりだった。二人の30年にも及ぶ人生を描写した本作には、「人間とは何なのか」という根本的な命題が刻まれている。一人の人類と一人のチンパンジーが紡ぎ出した、驚きと感動の物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/16 00:24

投稿元:ブクログ

 人間とはなんなのかをここまで考えさせる本はなかなか無いだろう。

 かつて、ロケットの実験にチンパンジーが使われていた時代、チンパンジーに操縦を覚えさせるために、手順を間違えると電気ショックが与えられていた。
 ところがテスト飛行中にトラブルが発生して、正しい手順を踏んでも電気ショックが流れるようになってしまった。研究スタッフの誰もがチンパンジーは混乱して為す術が無くなって立ち尽くしていると考えた。
 しかし、チンパンジーは電気ショックに惑わされず、苦痛を受けながらも”正しい”手順を踏んで地上に帰還した。

 扉だったか帯だったかに書かれていたジェーン・グドールのコメントが胸に突き刺さる。