サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. リングテイル 勝ち戦の君

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リングテイル 勝ち戦の君(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/297p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-8402-1418-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

リングテイル 勝ち戦の君 (電撃文庫)

著者 円山 夢久 (著)

リングテイル 勝ち戦の君 (電撃文庫)

594(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

正統派ハイ・ファンタジー

2001/03/31 23:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:太田コロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

電撃ゲーム小説大賞・大賞受賞
 魔道師見習のマーニは魔術の練習に明け暮れる毎日。そのマーニにある日<九都市>最高の魔導師フィンダルが弟子にしたいと言ってきた。<九都市>軍とレガトの軍の戦いの中、<九都市>の王は伝説の「勝ち戦の君」を召喚しようとする。それに反対するフィンダル。「勝ち戦の君」とはいったい何物なのか。
 スケールの大きさが魅力の正統派のファンタジー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

堂々の大賞作品

2002/01/12 16:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:十二番目の男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 電撃文庫にファンタジー作品は多数ある。その中にあって、本作は確かな存在感を放っているといえるだろう。第六回電撃ゲーム小説大賞で審査員一堂の絶賛を受けて大賞を受賞したことは、一度でも読めば納得できる
(最終選考における審査員のコメントはメディアワークスのサイトで簡単に公開されている。"http://www.mediaworks.co.jp","http://www.mediaworks.co.jp"興味のある方はどうぞ)。

 その魅力を一言でいえば、作品としての基礎体力の高さである。
 この小説にはモンスターが登場するが、いわゆる「ファンタジー」で頻繁に登場するゴブリンやドラゴンといった面々は登場しない。この小説には魔法が登場するが、いわゆる「ファンタジー」で頻繁に登場するファイヤーボールやサンダーストライクといったものは登場しない。定型化した幻想世界の要素をいくつか当てはめてファンタジーを称しているのではなく、中世ヨーロッパを下敷きにして丁寧に大道具や小道具が作り込まれている。そんな印象を受けた。
 小さなところからこつこつと丁寧に作られた空想世界が実にしっかりとしていて、それが美しい描写を可能にし、作品全体の雰囲気を高めている。だから、300に満たないページ数でありながら、充実した読後感を得られるのだろう。

 大量に生産され、複製され、単なる一ジャンルとして見られるようになってしまったファンタジーの原点というものが、もしかしたら、この物語にあるのかもしれない。本作は美しい物語である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/08 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/06 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/30 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/12 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む