サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. STEPHEN BIESTY’S人体透視図鑑

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

STEPHEN BIESTY’S人体透視図鑑
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 中学生 一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: あすなろ書房
  • サイズ:36cm/32p
  • 利用対象:小学生 中学生 一般
  • ISBN:4-7515-1567-5
  • 国内送料無料

紙の本

STEPHEN BIESTY’S人体透視図鑑

著者 スティーブン・ビースティー (画),リチャード・プラット (文),吉田 秀樹 (訳)

わたしたちの体の中では、今、どんなことが起こっているのだろうか。今まで知らなかった体の働きが、つぶさにわかるスリルに満ちた体の中の旅。詳しいカラーの輪切りイラストで体の中...

もっと見る

STEPHEN BIESTY’S人体透視図鑑

3,078(税込)

ポイント :28pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

わたしたちの体の中では、今、どんなことが起こっているのだろうか。今まで知らなかった体の働きが、つぶさにわかるスリルに満ちた体の中の旅。詳しいカラーの輪切りイラストで体の中を解説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

スティーブン・ビースティー

略歴
〈ビースティー〉1961年英国生まれ。イラストレーター。著書に「解剖断面図鑑」「モノづくり断面図鑑」「ヨーロッパの城」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/07/15 13:11

投稿元:ブクログ

筋肉や血液の細部までリアルなイラストで詳細が書かれている人体図鑑。
なぜか異様にこういうての本が好きな我が息子。。。
将来、医者になりたいの?いや、マックでハンバーガー作る人になりたいらしいw
もの凄く興味があるみたいなので、給付金で買い与えてしまいました(笑)
大人も勉強になる本です。
2850円とお高いですけどね(;´∀`;)

2011/06/02 05:34

投稿元:ブクログ

息子が借りてきた。こういうのを選んでくるとはなかなかシュールでいい。プラスティネーションも見に行けるかな。

2017/01/21 16:41

投稿元:ブクログ

[江戸川区図書館]

同じワイド版コーナーにいくつかあった人体図鑑から、「人体絵本」「人体透視図鑑」「絵でみる人体大地図」を借りてきてみた。

子どもの習熟度からいうと、やはりまだまだしかけ絵本の「人体絵本」に軍配が。といっても内容を読んでいるわけでなく、ひたすらめくり、60以上あるという仕掛けの数を一生懸命カウントするのがメイン(泣)
ただ、この各仕掛けには、二重三重に(切り)開けるものが多く、めくった裏側にもその部位の筋肉組織などが描かれているし、子宮の中には3M、6M、9Mの胎児の画が用意されていたりとしかけが細かい。

ただそれを悲しむ一方、大人目線の自分も、手に取ろうかな、面白そう、と手に取る順はやはり同じかも(笑)
でもいざ細かくそれぞれを読んでみると、「人体透視図巻」は先日読んだ「人体のサバイバル」同様、2人の探検家が人体内を血流やリンパの流れに乗って潜入するというコンセプトで、沢山書かれている小人たちも実は血流チーム、組織チーム、筋肉チーム、などと色別されているのでその辺りに注目してめくるだけでも、ページによって配色比が違うことに気付いたりとか出来るのかも。それに小人が書かれているからと言ってもその描写は細かく正確で、"透視"という表題にも恥じない作りになっている。

残る「絵でみる人体大地図」は最も大人向け。ただこちらは「人体絵本」と同じ著者で、やはりこちらが一番、説明も描写も細かいかも。ただ、どちらかというと近年は、「骨、筋肉、呼吸器系、血液循環系、消化器系、リンパ、…」などと機能系統で分かれて紹介されるものが多い中、臓器レベルで分かれている感があり、"系統"を意識するにはやや分かりづらい反面、各臓器ごとの形や働きについては細かく知ることが出来るのかな。特に「男性生殖器」「女性生殖器」「人間の誕生」などのコーナーは説明内容以前にそもそもないことも多いので、珍しいなぁと思った。

※目次
発見の旅に出発、目、耳、脳、脊髄と神経、骨と骨格、皮膚と筋肉、口と消化器、リンパ液と血液、腎臓と膀胱,生殖器、心臓、鼻と肺

2012/02/23 22:09

投稿元:ブクログ

子どもが興味を持ったので図書館で借りた。よくもまあこんなに細かく…。気持ち悪くなりがちな体内を楽しく冒険できる。そういえば子どもの頃、本当に小人が体の中にいて働いてるんだと信じてた。

家庭医学一般 ランキング

家庭医学一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む