サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ポトマック(河出文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-46192-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ポトマック (河出文庫)

著者 ジャン・コクトー (著),渋沢 竜彦 (訳)

ポトマック (河出文庫)

734(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2004/10/16 08:24

投稿元:ブクログ

様々なイメージが断片的に綴られている。面白い。気が向いた時に開いたり、閉じたりする。本の世界にたゆたう。

2006/08/28 17:23

投稿元:ブクログ

文章に使われる表現が面白かった。作者の感性や知識、見識がその表現に広がっており、好きだ。
しかし、文章慣れしていない人には少しつまらないかもしれない。

2009/08/09 19:46

投稿元:ブクログ

2009/8/9図書館で借りる 2010/1/16ジュンク堂で購入
2009/



ジャン・コクトーは何を考えてるのかわからない・・・。

2010/03/09 23:32

投稿元:ブクログ

僕らは互いに愛し合っている。それは一つの不安だ。
二人の人間を接合して、美しい太古の怪物をつくる試み。

2010/06/26 15:05

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
ロマネスクな筋や構成を全く無視して、全篇を一種の散文詩、寓話、アネクドット、対話、アフォリズムのようなものから成り立たしめているのが、この変ったスタイルの小説『ポトマック』の第一の特徴であろう。
さらに本文と同時に描かれた、六十四のデッサンがこれに加わって、この風変りな小説はいよいよユニークなものとなる。

[ 目次 ]


[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2010/11/12 00:44

投稿元:ブクログ

初めて読んだ当時は物凄く刺激的で面白く感じた記憶はあるのだけど、改めて読み直してみたら、一体何を面白いと感じたのか分からなくなっていて、年取ったなあなんてひとりごち。若い時に読んだほうが心にすっと入り込む、そんな本の1つ。

2016/02/22 00:09

投稿元:ブクログ

本棚の本読破企画、二冊目です。昔からその存在感が大好きなジャン・コクトー。最初っから鬼のように難解。でもこのまどろっこしくて、翻訳独特の文体が読んでて気持ちよかったりします。ただ最後まで集中力が持つかどうか、自分との闘いみたいな気もする。読み終わったら感想書きます☆

河出文庫 ランキング

河出文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む