サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 旅をした人 星野道夫の生と死

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

旅をした人 星野道夫の生と死
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: スイッチ・パブリッシング
  • サイズ:20cm/389p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-916017-91-9
  • 国内送料無料

紙の本

旅をした人 星野道夫の生と死

著者 池沢 夏樹 (著)

1996年にカムチャッカ半島でヒグマに襲われて亡くなった写真家、星野道夫。彼についてこれまで綴った文章と、講演や対談という形で話したことの記録。【「TRC MARC」の商...

もっと見る

旅をした人 星野道夫の生と死

2,592(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1996年にカムチャッカ半島でヒグマに襲われて亡くなった写真家、星野道夫。彼についてこれまで綴った文章と、講演や対談という形で話したことの記録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

池沢 夏樹

略歴
〈池沢夏樹〉1945年北海道生まれ。小説家、詩人、翻訳家、評論家。88年「スティル・ライフ」で芥川賞受賞。著書に「むくどり最終便」「読書癖」ほか多数がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2000/3/19朝刊

2000/10/21 00:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人と人、人と動物とが昔と変わらない関係を続けているアラスカ。その厳しいが豊かな自然の中で、生きることの本当の意味を見いだし、魅せられていった一人が、動物写真家で文筆家としても知られた星野道夫だ。しかし、九六年八月、取材先のカムチャツカ半島でヒグマに襲われ、四十三歳で帰らぬ人となった。
 それから三年余を経て、芥川賞作家でもある著者が星野について書いた文章や講演、対談をまとめたのが本書だ。
 著者がここで試みたのは、友の死を「いかに受け止め、悲しみから理解と肯定への道をたどったか」、その心の軌跡を本という形に編むことだ。
 例えば、死の直後に書いた文章の次に、星野が描く老人たちの死について触れた生前のこんな文章を置いてみる。「その背後には、死が再生であるという狩猟民の死生観があるのではないか。死んだ者はまず記憶の中に生きる」
 続いて星野の魂を、生の言葉で聞かせうる対談を置き、死後の時間の経過に合わせるように、星野の充実した生涯と死の意味を、繰り返し繰り返し探ってゆく。その先には理解と肯定をさらに突き進めて、亡くなった友の魂を継承する語り部としての作家の姿がほの見える。
 「伝説というのは先人が成し遂げたことを継承するためのだいじな手段である」。本書をこう締めくくる著者は、星野道夫という人物を「記憶の中に生きる」存在として再生させ、「伝説」にしようと試みているに違いない。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/04/17 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/25 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/30 00:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/13 09:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/20 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/24 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

写真 ランキング

写真のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む