サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 旅をした人 星野道夫の生と死

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

旅をした人 星野道夫の生と死
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: スイッチ・パブリッシング
  • サイズ:20cm/389p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-916017-91-9
  • 国内送料無料

紙の本

旅をした人 星野道夫の生と死

著者 池沢 夏樹 (著)

1996年にカムチャッカ半島でヒグマに襲われて亡くなった写真家、星野道夫。彼についてこれまで綴った文章と、講演や対談という形で話したことの記録。【「TRC MARC」の商...

もっと見る

旅をした人 星野道夫の生と死

2,592(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1996年にカムチャッカ半島でヒグマに襲われて亡くなった写真家、星野道夫。彼についてこれまで綴った文章と、講演や対談という形で話したことの記録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

池沢 夏樹

略歴
〈池沢夏樹〉1945年北海道生まれ。小説家、詩人、翻訳家、評論家。88年「スティル・ライフ」で芥川賞受賞。著書に「むくどり最終便」「読書癖」ほか多数がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2000/3/19朝刊

2000/10/21 00:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人と人、人と動物とが昔と変わらない関係を続けているアラスカ。その厳しいが豊かな自然の中で、生きることの本当の意味を見いだし、魅せられていった一人が、動物写真家で文筆家としても知られた星野道夫だ。しかし、九六年八月、取材先のカムチャツカ半島でヒグマに襲われ、四十三歳で帰らぬ人となった。
 それから三年余を経て、芥川賞作家でもある著者が星野について書いた文章や講演、対談をまとめたのが本書だ。
 著者がここで試みたのは、友の死を「いかに受け止め、悲しみから理解と肯定への道をたどったか」、その心の軌跡を本という形に編むことだ。
 例えば、死の直後に書いた文章の次に、星野が描く老人たちの死について触れた生前のこんな文章を置いてみる。「その背後には、死が再生であるという狩猟民の死生観があるのではないか。死んだ者はまず記憶の中に生きる」
 続いて星野の魂を、生の言葉で聞かせうる対談を置き、死後の時間の経過に合わせるように、星野の充実した生涯と死の意味を、繰り返し繰り返し探ってゆく。その先には理解と肯定をさらに突き進めて、亡くなった友の魂を継承する語り部としての作家の姿がほの見える。
 「伝説というのは先人が成し遂げたことを継承するためのだいじな手段である」。本書をこう締めくくる著者は、星野道夫という人物を「記憶の中に生きる」存在として再生させ、「伝説」にしようと試みているに違いない。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/04/17 22:56

投稿元:ブクログ

池澤夏樹と星野道夫は、数回しか会ったことがないらしい。
なのに、読んでて息が詰まるぐらいの濃密な語り。
彼の生き方に始まり、アラスカへの傾倒っぷり、
そこに生きる人々と彼らに今なお息づく神話のことについて。
失われているものについて。
池澤さん含め、この人達は周囲にいる人たちと
世界を見る目が違う。なんというか、視野が広いというのか
器が大きいというのか、達観しているというのか…。
日常の悩みがささいなくだらないことに思える。
特に星野さんの写真を見ると(残念ながらこの本にはほとんど載っていないですが)。

星野道夫という人物を全く知らずに手に取ったのだけど
巡り会ってよかったと思った1冊。

2006/05/25 19:44

投稿元:ブクログ

星野道夫さんのエッセイの最後に、解説として何度か池澤夏樹さんが書かれていました。
池澤さんが書く星野さんの解説の文章が好きだったので、この本を知ったときは買いました。
買ったのは良いんですが、途中で読むのをやめました。
まだ読みたくありません。
変な読者ですが、でも大切な一冊です。

2010/11/30 00:55

投稿元:ブクログ

星野道夫と池澤夏樹、そうだよ、こういう素敵な本があったんだよ、と、しばらくぶりに引っ張り出してきて、今宵の寝酒の友に。

2011/02/13 09:22

投稿元:ブクログ

星野道夫という物語

すべての技術的発展には、歴史の狡知とでもいうべき、見えざる手の介入が働いているような気がする。結局、人類は自らが必要とするものを暗黙のうちに準備している。

インターネットも人類にとってのある課題を担って誕生した。情報資本主義の発展の中で、中間体は続々と壊滅していく。

しかし人間というものは、個として生きられるほど強固ではない。ただ組織というものの持つ愚かしさや、酷薄さが、情報の透明性の中で明らかになった今、既存の括りかたでは、もはや人は満足できない。

アラスカの小さな町の航空写真を見た千葉の高校生が、その写真に吸い寄せられるように、その町を訪れ、その後アラスカ大学へ行き、アラスカに住む人々と繋がっていき、写真家として、自らの住む大地のすべてを記録しつづけた。

そして天は、彼を44歳の時に突然、回収してしまう。これが星野道夫という物語だ。

池澤夏樹 「旅をした人;星野道夫の生と死」(スイッチパブリシング)

これは奇妙な本だ。池澤夏樹という作家が、自らが追慕してやまない星野道夫という友人のことを、繰り返し繰り返し語った言葉を集めたものだ。

その意味ではこの400ページ近い書物すべてが、弔辞だとも言える。弔辞の内容は、惜しまれている人間の人生の質を反映して、あたたかく、ユーモアに満ちている。

泣くだけでは前へ出る力が生じない。

彼を失った友人たちは、その喪失感を嘆きはするが、その人生が幸福であったことに一切疑いをもたない。

関わった者の残り人生のかなりの部分が、その人間の記憶を語ることによって費やされる、何と言う生き方だろう。

まさに星野道夫は、神話となったのだ。

星野は生きるリズムを共有する多くの友人を持っていた。

その中には、アラスカという土地の時間と空間の貴重な証人である老人が多かった。老人とともに時代の記憶が失われることへの焦燥感が彼を突き動かしていたと言う。

顔を見て、話をして、共に食べ、同じ時間を過ごした者を友だちとして認める。そのネットワークによって作られた世界観で生きる。会った者、顔を見て話をしたものをまず信じる。

アラスカは具体的な土地である。抽象的思考を背後に置いて、実際に出かけてゆき、人に会い、話を聞き、雪の中を歩かなければ理解できない。

アラスカという自分のサイズで見ることのできる社会に降り立った星野は、全身でその自然と人々を感じ、訪ね、聞くことで、友と繋がっていった。

そして動物写真家ではなく、アラスカ写真家として自分の人生を作った。彼が去った後も、あたかも焚き火を囲んで、老人たちから子供たちに昔語りされる神話上の猟師のようになることで、人と人の繋がりを求める人たちの導きの星となった。

彼の写真と文章はいわば目印としての北極星である。いくら歩いても北極星に行きつくことはできないけれども、しかし星を目印に北へ歩くということはできる。大事なのは距離ではなく方位なのだ。

インターネットは、人���的な衣裳の下に極めて人間臭い性格を秘めている。この技術は人間と人間が新しく繋がっていくために歴史が与えた道具なのだろう。

インターネットの使命は、結局、新しいコミュニティの組み直しなのだ。

そしてそこで最も大切なのは、自分はどんな生き方をしたいのか、そしてどんな人たちと繋がっていきたいのかだ。

答えを模索している時、写真の中で星野道夫は、「永遠の友人」として微笑んでいる。

2012/10/20 17:25

投稿元:ブクログ

池澤夏樹が星野道夫について語る文章には、どれも深い敬意や愛情が感じられるが、これはその集大成。表題作『星野道夫の生と死』は、『星野道夫の死を語る言葉がまだ出てこない。』という一文に始まるが、彼の残した仕事から振り返るに、彼にとっての死とは『生と一体になって巡りきたるものとしての死』であったはずだと理解し、『充分に死の準備をしていた。それだけのしっかりとした生を生きた。』という想いに至る。
おおらかな死生観に励まされる、これからも何度も読み返したい名文。

2011/09/24 14:54

投稿元:ブクログ

まだ未読。
ちょっとずつ、ちょっとずつ。

自分の学ぼうとしていること、学んだと思い込んでいることはなんと表面的で形式的だったのか、またしてもはっきりとさせられる。大切なのはシンプルさの中にあり、シンプルなことほど難しい。なぜ難しいのか?それは人が直面しなければならないのに直面するのが怖いことがはっきりしているからなんだと思う。だから私たちは、たぶんそれらを避けるように余計なものを持ち出して、複雑にして、目に入らないようにする。
嫌なことでも頑張ろうとするのではなく、本当にやりたいことに頑張れるように。
そして、たくさんのものを大切にするのではなく、本当に大切なものを大切にできるように。

「生きることの意味は、生きることそのものにあり、それ以外にはない。」

一回で得られなくても、惹かれるのなら何度でも通えばいい。
そんな風にも思った。
生きてる限り、見失わない限り、きっとまたチャンスは訪れる。
とりあえず今はそう信じることにする。

写真 ランキング

写真のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む