サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

螺旋(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/718p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87728-850-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

螺旋 (幻冬舎文庫)

著者 山田 正紀 (著)

螺旋 (幻冬舎文庫)

905(税込)

ポイント :8pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

読み応えあるミステリ

2007/09/23 22:38

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

千葉県房総半島へ水を引く導水路を巡る贈収賄事件を追う新聞記者。彼の目の前に現れる現実と幻想が交じり合ったような異様な世界、そこで次々と起こるまるで旧約聖書の世界を再現したかのような殺人事件。文庫で700ページを超える大作本格ミステリ。

本作の前に発表された『妖鳥(ハルピュイア)』に勝るとも劣らない質、量、読み応え。幻想さにいたっては増していて、山田正紀テイストを充分に堪能できます。
キリスト教、旧約聖書が題材となっているのですが、使われているのはカインとアベル、モーセなど一度はどこかで聞いたことのある有名なところが多いので、私のようにキリスト教に詳しくない人でも楽しめます。が、知識があれば、もっともっと楽しめたろうと思うと残念でなりません。

それにしても、この時期の山田正紀は凄い。『妖鳥(ハルピュイア)』、本作に続き『阿弥陀(パズル)』、『仮面(ペルソナ)』、『神曲法廷』、『長靴をはいた犬』と、とんでもなく質の高いミステリを次々と矢継ぎ早に発表、神懸り、鬼気迫るといった形容がまさしくピッタリな大車輪の活躍でファンを驚かせ楽しませてくれました(その後これがたたったのか大病を患ってしまわれたそうですが)。ミステリが好きで、まだこの時期の山田正紀作品を読んだことがないという方はぜひ手を伸ばしてみてください。ミステリの楽しさを満喫でき、きっと山田正紀の虜になってしまうことでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/06/12 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/04 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る