サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

インド・ノート
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 文英堂
  • サイズ:21cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-578-12966-7
  • 国内送料無料

紙の本

インド・ノート

著者 小林 キユウ (著)

振り返るといつもインドがあった…。深い陰影が静かな混沌を写し出すインドの旅の写真と、インドへの憧れを抱きながら暮らす日本での日常を綴った文章とが、瑞々しい感性によって溶け...

もっと見る

インド・ノート

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

振り返るといつもインドがあった…。深い陰影が静かな混沌を写し出すインドの旅の写真と、インドへの憧れを抱きながら暮らす日本での日常を綴った文章とが、瑞々しい感性によって溶けあうフォト・ストーリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小林 キユウ

略歴
〈小林キユウ〉1968年長野県生まれ。東洋大学経済学部卒業。写真家。長野日報社の新聞記者を経て、98年フリーとなる。第32回準太陽賞受賞。著書に「Tokyo omnibus」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2004/10/15 14:48

投稿元:ブクログ

正直なところ、戸惑った。
写真は確かにインドのものだが
文章はインドに関係がない。
タイトルからインド旅行記のようなものを想像してした僕は
なかなか内容に入り込むことが出来なかった。
写真に写し出されているインドは
どこか寂しいような儚いような
物憂げな表情を見せていた。
何十年も前から時間が止まってしまったかのようだ。
インドという国がそうなのか
小林キユウが撮ったからそうなったのか
僕には分からない。
そんな写真を背景にしながら
小林キユウ自身の思いや記憶が綴られている。
すごく、乖離しているな。
と思った。
読み進めるうちにカメラのピントを絞るかのように
小林キユウの視点にフォーカスが定まっていくのを感じた。
この本は小林キユウ自身なのだ。
インドでこれらの風景に出会った時に
小林キユウはインドそのものではなく
インドというキーワードで自分と繋がる人たちや物事のことに
思いをはせていたんだと思う。
インドというフィルターを通して
小林キユウは自身を省みている。
なぜインドなのかは分からない。
おそらく、本人も。
ただ、写真を通して何かを見付けようとしている
そういう気持ちと危うさが
何故だか僕には心地よかった。
小林キユウの本は何冊か読んできたけれど
この本で初めて写真家としての彼に触れた気がした。

2007/03/08 09:05

投稿元:ブクログ


著者は小林紀晴の実兄。新聞社で働いていたことも、インドに興味を持っていることも、文体も、そして顔も、何から何まで似ているよ。一貫してインドに想いを馳せる文章で、インド(及びネパール、バングラデシュ)に滞在していたのは合計1ヵ月半に満たないけれども、「振り返るといつもインドがあった」ある通り、日本の日常からインドへと心が戻っていく構成です。

見慣れた光景(デリーやバラナシの街並み)がたくさん出てきて、懐かしくなりました。

2009/07/20 22:04

投稿元:ブクログ

インド放浪するとこういう風景に出会うのだろうな、という現地写真が数多ある。
インド哲学、放浪、人生。インドは奥が深い。

写真 ランキング

写真のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む