サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 私たちはどのような時代に生きているのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

私たちはどのような時代に生きているのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/112p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-883607-2
  • 国内送料無料

紙の本

私たちはどのような時代に生きているのか

著者 辺見 庸 (著),高橋 哲哉 (著)

ガイドライン法案、国旗国歌法案、盗聴法があっさり成立した1999年。この年が21世紀に落とす影とは? 99年『東京新聞』夕刊に連載された対談記事に、辺見庸の書き下ろし文章...

もっと見る

私たちはどのような時代に生きているのか

1,058(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ガイドライン法案、国旗国歌法案、盗聴法があっさり成立した1999年。この年が21世紀に落とす影とは? 99年『東京新聞』夕刊に連載された対談記事に、辺見庸の書き下ろし文章を加えて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

辺見 庸

略歴
〈辺見〉1944年宮城県生まれ。共同通信社勤務を経て、作家に。著書に「もの食う人びと」など。
〈高橋〉1956年福島県生まれ。東京大学助教授。著書に「戦後責任論」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2000/3/14夕刊

2000/10/21 00:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 硬骨の作家と気鋭の哲学者の対談をまとめた。重大な法律が次々に成立した「一九九九年問題」を論じ、「見えない強制」の広がりに警鐘を鳴らす。論点は「戦後民主主義」や「情報市場化社会」にも及ぶ。巻末の辺見氏書き下ろしエッセーも、現代の危険な空気を鋭くとらえている。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/12 18:12

投稿元:ブクログ

ジャーナリスト辺見庸と哲学者高橋哲哉の対談。実際に対談が行われたのは1999年9月だそうだ。直接的にはこの年の第145通常国会で成立した「周辺事態法」「盗聴法」「国旗・国歌法」「改正住民基本台帳法」に対する両者の危機感を契機として行われた対談。「危機感」と簡単にまとめてしまったけど、実際にはそれぞれ思うところも違うし、立脚点も異なる二人。辺見氏は自分の身体的感覚を出発点として、高橋氏は記憶というものを出発点として、それぞれの切り口で話は法案批判にとどまらず、法案成立に至る日本のこの10年の動きから、現在の情報化社会の分析に至るまで多岐にわたってます。
 ただ対談という形式なので、それぞれの話題の深化が足らない感じで、どうも物足りない。辺見氏は思想的というか精神的というか、気持ちの「熱さ」だけが前面に出てしまって空回りしてるような印象を受けてしまった。特に「ジャーナリスト」という自分の立場へのこだわりは、なんか素直に共感できないんだよね。高橋氏はこれまで知らなかったんだけど、その切り口や歴史認識・記憶に対する考え方がちょっと新鮮で面白い。
 まぁ二人の基本的な思想性というか、政治的立場はかなり私に近いので、逆に物足りなさが残ってしまったのかも。
 ★印は3つですが、普段からときどきはこういう事も考えている方には、一読をお薦めします。
 ちょっと興味を持ったので、そのうち高橋哲哉氏の著作を何か読んでみる予定です。辺見庸氏は「もの食う人びと」(共同通信社)は好きなんだけどな。

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む