サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

洗脳原論
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 春秋社
  • サイズ:20cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-393-36116-4
  • 国内送料無料

紙の本

洗脳原論

著者 苫米地 英人 (著)

不安と焦燥が蔓延る日本に、心を操作し、精神を破壊しようと企む者の影…。あなたの「リアル」は大丈夫か? オウム真理教等を例に挙げつつ、洗脳とは何かを概観し、脱洗脳のための科...

もっと見る

洗脳原論

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

不安と焦燥が蔓延る日本に、心を操作し、精神を破壊しようと企む者の影…。あなたの「リアル」は大丈夫か? オウム真理教等を例に挙げつつ、洗脳とは何かを概観し、脱洗脳のための科学的な手法を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

苫米地 英人

略歴
〈苫米地英人〉1959年東京都生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。カーネギーメロン大学大学院博士課程修了。現在、コグニティブ・リサーチ・ラボラトリィズ株式会社代表取締役社長。脳機能学者。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

認知心理学特殊講義

2001/06/06 00:13

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:駒根地 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者のわかりやすい頭の良さが発揮されていて読んでいて楽しい。博学な人間が知識を縦横無尽に操る様子は一種のサーカスと思えるような気がする。

 文章が独特なので、慣れるまでは時間が要るだろう。専門用語なのか個人言語なのか判別がつきづらい。もともと精密に読むに耐えるようにわざと設計していない書物なのかもしれない。

 心理学や隣接科学が専門の人にとっては割と自然なことかもしれない。

 心理学に興味をもった高校生などが読んでみてもいいかもしれない。真剣に何かで悩んでいる人が、この本にたどり着けるかどうかを、心配したりしてみる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

脳はこうして騙される

2001/02/19 14:53

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:指名打者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「洗脳原論」という怪しげなタイトルであるが、人間の高次脳機能のメカニズムの1つとして、筆者のホメオスタシス仮説をわかり易く解説している。洗脳、脱洗脳の実際から、脳が騙されるプロセスが見えてくる。
 我々が実際にいる世界を現実世界、知的活動の中で創りあげる世界を可能性世界と定義した上で、人が変性意識下では可能性世界を現実世界との比較できないリアルな世界に感じるメカニズムを持ち、人間の恒常性機能であるホメオスタシスによるものである。人間は可能性世界に臨場感を感じると恒常性を維持するようホメオスタシスによって生体レベルでフィードバックを受ける。
 確かに“仮説”の域を完全に脱していないが、なるほどと思わせる説得力のある一冊である。読んでも“洗脳”されることはないと思うのでご安心を(多分)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/22 06:20

投稿元:ブクログ

イカツイ表紙だが、内容は極上☆
洗脳について元オウム信者との脱洗脳記をケーススタディとして、わかり易く解説している。
ディベートについても詳細に書かれている。

2008/11/03 01:16

投稿元:ブクログ

苫米地英人 洗脳原論まとめ

洗脳とは

われわれの神経レベルでの情報処理、信号処理の段階に何らかの介入的操作を加えることによって、その人の思考、感情を思うがままに処理しようとすることである。p4

通常の物理的現象世界とは異なる仮想世界に臨場感を持たせ、ホメオスタシス・フィードバック・ループを構築させ、固定化させる作業である。 p59
(※1)


洗脳のプロセス

変性意識と神秘体験
変性意識状態(トランス状態)は無意識の外在化が起こる。書き換え可能な状態。他者からアクセス出来る状態。
この状態の際に至高体験を再体験(アンカー)できるトリガーを仕込む・設定すること。
(※2)


洗脳のステップ

1.体感的条件付け
因習的な情報の刷り込み
(たとえば、墓場をみると「ぞっとする」ように)体感的な経験と結びつけられ、特定の表象と、特定の臨場感状態を結びつける。日常的作業の反復としてのフィードバック・ループが形成される。


2.臨場感の強化

感覚遮断、催眠、薬物、神秘体験など繰り返し行う。


3.アンカーの埋め込み

トリガー(引き金)によって変性意識の臨場感体験(たとえば至高体験)が即座に再現されるようにする。
オウムでは薬物、ヨーガ、チベット密教の瞑想、長時間のビデオ、頭への電流ショックなど。これらを組み合わせてトリガーとアンカーを巧みに仕込む。これらのトリガーによって容易に臨場感が再現される。
(※3)(※4)


4.永遠の洗脳サイクル

さめない変性意識サイクルの果てしない循環に意識がはまっていて、抜け出そうとしても、ホメオスタシスに連結した鎖によって引き戻され、さらにその鎖に以前よりも強くがんじがらめにされる。
深い変性意識状態に引き戻すためのアンカーを、ありとあらゆる脱洗脳状態に関連する事柄や、考え方、言葉などに結びつけておく。「法を破ると死ぬ」など。
(※5)


(※1)魔術修行にとてもよく似ているし、宗教の修行とはこのプロセスの習慣化による固定化でもある
(※2)これはアシッド体験をした人がその体験を再体験できるマテリアルを収集することと似ている。この場合、自らトリガーを仕込んでいるともいえるか。
(※3)臨床において患者が行動化を起こす際、外傷体験が呼び起こされ行動化へと至ることがままあるが、これは外傷体験のアンカーとトリガーの関係といえるかもしれない。臨床場面でも、ぼーっとしたような変性意識状態の後、パニックになることはままある。このとき外傷的な体験を再体験していることは多い。そのときの対処行動も、まずい対処行動のことが多く、これが日常的に問題になっていることが多い。幼い頃からの唯一の対処行動を繰り返していると理解。精神分析でいう反復強迫。
(※4)さらにリストカットをする少女たちは、外傷体験(トラウマ)がアンカーされており、トリガーされることで変性意識状態に入る。自傷行為は変性意識へのトリガーの役目を果たす。リストカットは変性意識へのトリップ=快��の側面があるということ。サドマゾ的トランス。
(※5)あらゆる外部世界の意味合いを、洗脳世界の基準によって逆転再構成して、反論とし用意しておけばより強化される。(例、宗教)相対化させればなお強固となる(例、ポストモダニズム)



洗脳原論 まとめ2 脱洗脳(デプログラミング)のプロセス

(1)アンカーとり

1,アンカーの発見
無意識下に沈んでいるアンカーを、表面に受けたたせてやる作業のこと。
傾聴しながら好きなだけ自由に話させて、アンカー作用を発現させるものを見つける。それを何度も口に出させ、どんな感じがするかを確認してみる。

2,アンカーの無効化
アンカーによって脳内でホメオスタシスが機能する鎖を断ち切る作業。アンカーを言葉によって本人に自覚させることから、取り去る作業に入ることができる。

無意識に沈んだアンカーを浮き立たせるためには、被洗脳者と一緒に過ごす空間を、デプログラマーが支配するとともに、その空間を操作する必要がある。

a,空間の支配
 「こころをつかむ」。関係性における力関係で優位に立つ。
b,無意識の共有 空間を操作する
 アンカーを捉え、内部表現をビジュアル化する。
c,アンカーの確認
 命題を操作する。相手の脳内の情報を自分の周囲に仮想現実的にビジュアル化し、相手に見せ体感させた状態で、更に臨場感あふれるイメージ操作を言葉や仕草によって行う。
d,教義に深入りしない
e,専門家との協力  
 精神疾患への配慮、

(2)イニシエーションの逆転
イニシエーションの「抑圧」された効果を無効化し、逆転させるそのために
1,意識レベルにおけるイニシエーションのシンボリックな意味合いを再解釈させる
2,無意識レベルにおいて「抑圧」されたイニシエーションの心的外傷効果を無力化させる

(3)意識下情報のデプログラム(準記号・非記号デプログラム)

準記号的な情報・・・記号化されるほどシンボリックではないが何らかの言葉や概念と結びついている漠然とした思考のプログラム(例 墓場、北枕など)

非記号的な情報・・・生体レベルで埋め込まれたプログラム(例 クンダリニー体験、シャクティパッドによる光の体験)

それぞれカルトのルールとは異なる状況で体験を想起させ、ルールを無効化させる。教祖の超能力以外の方法でこれらの体験を起こさせ、次にこういたことが起こらないようにしてしまう。

(4)記号化情報のデプログラム
生み出した仮想世界に臨場感が生じてくると、洗脳者はそれを固定化する為に道具として、記号レベルで仕掛けをしてくる。ホーリーネームやその集団内部でしか通用しない独特な用語などの記号を用いる。

1,リジッドネーム化
親の名付けた名前で呼び慣れさせる。
2,社会的語彙化
社会に通用する用語で会話を続ける。


(5)カタルシスの中和化
神秘体験や至高体験、圧倒的な感激体験など。これらのカタルシス体験は体験者にとっては嘘偽りのない純粋な体験である。しかしこのカタルシスが起こるメカニズ��そのものは瞑想や観想といった修行に内因的に含まれるものであって、教義の正当性に関わりなく、あるとき偶発的に起こるものである。この体験に神秘体験として特別な意味合いを持たせるのがカルトの手段である。

これをデプログラミングするためには、より強烈な神秘体験を経験させるしかない。

そのために本人の記憶を利用する。
オリジナルと同程度のレベルの体験を退行催眠などで引き出す。それを少しずつ強化してゆく。カルトで体験した変性意識下の体験よりもより強いカタルシス体験をさせることで、無意識へのアクセスが容易な関係を作り上げる。そして神秘体験のレベルの差が術者の神秘性や宗教性とはなんの関係もなく、単なる技術の優劣の差に過ぎないことを説明すれば、神秘体験は無効化する。

(6)フレームの再構築

リフレーミング・・・洗脳者の手法は、現実社会のどのような環境に取り巻かれたときどんな問題が起きるのか、その環境のパターンを分析する。

次に、その環境に対して、洗脳者の提案する可能性世界において、そのこころの問題の意味づけを行う。もちろん、その問題を解決するような意味づけを行う。

デプログラムでは、通常の社会のコンテクストを構築し、これが洗脳者が被洗脳者をとらえるために構築したフレームより優れたことを示す。

(7)ゲシュタルトの正常化
ゲシュタルト崩壊によって生じる解離の状態「フローティング」に対処する方法

健康な体調を維持する、薬物やアルコールを避ける、毎日体を動かさせる、過度の感覚刺激を避ける、カレンダーや時計などの時と位置の目印を定着させる、これからすることのリストを作る、用事に出かける前に、行動や買い物、計画などの予定を書いたリストを見直させる、済んだ項目に印をつける、最新のニュースを見聞きさせる、など。
 






2006/12/06 12:09

投稿元:ブクログ

【読む目的】

洗脳の仕組みを知って、自分が他人から洗脳されないための方法を知りたい。

【読んだ感想】

洗脳と脱洗脳の仕組みを知ることが必要。今の日本にはたくさんの危険性が潜んでいる。洗脳されないためには精神的拠り所と癒しが必要。これらのことを意識しているだけでも全然違うと思う。

2010/05/14 09:08

投稿元:ブクログ

オウムの脱洗脳をしてた人の本。
どうやら賢い人のようだ。
内容は面白い。
驚くほど文章が淡々としている。
あまり興味のない他人の事を書いてる様な不思議な文章。

2012/12/04 18:57

投稿元:ブクログ

思えば、カルト宗教でなくても、この世は洗脳だらけである。
web上に反乱する「あなたにおすすめの広告」だってそうだ。
学校、職場、知人、家族も。
洗脳に対する危機感をもって、身と心を守る知識の必要性を認識した方がいい。

2015/11/29 22:23

投稿元:ブクログ

テレビとかに出ているのを見ているととても怪しい(w)苫米地さんですが、2000年に書かれたこの書籍はその第1歩ともいうべき書籍です。オウム脱会者への脱洗脳に関する話で、そのメカニズムとどのような対応を取ったのか。深いところの心理学がどのようになっているのかを理解するにはとても役立つかと思います。エンターテイメントとしても十分楽しめます(2015.10.10ごろ読了)

2009/03/07 22:59

投稿元:ブクログ

■目的
苫米地さんの著書4冊目。


■本の内容・特徴
洗脳について。
オウ○信者の脱洗脳の実例を交えて話が展開。


■感想
内容も一般人にわかるように書かれています。とても読みやすいです。
オウ○信者の脱洗脳を手がけた実例を用いてあるので、洗脳というものはどこか遠い世界の話ではなく身近なことなのだと感じることができます。
今まで苫米地さんの著書を4冊読みましたが、一番面白かったです。

2009/11/10 01:47

投稿元:ブクログ

いまでは月に一冊のペースで本を量産している苫米地氏。それらの本の内容のほとんどは、この本をベースにしていると思われるほど、内容が濃く、興味深い本です。洗脳に関する理論的なものはやや難しく、オウム信者相手に奮闘している日記の部分が面白かったです。また、アメリカのディベート、教育について言及している箇所もあります。

2009/10/20 07:12

投稿元:ブクログ

「ビジネス書のトリセツ」で紹介されていて、図書館で借りて読んだ。
メディアでよく見かける人だと思ってたけど、何やってる人か知らなかった。
知らない専門用語が多くて何度も目移りしたが、興味のある話なので
おもしろく読んだ。

デプログラミング、ディベート、心理学、シャンク、チョムスキー、
虹の階梯

2012/04/05 21:52

投稿元:ブクログ

氏の本はこれだけ読めばいい、という意見をたまに見るが、わからなくも無い濃度。
氏の最近の、自分を高める云々の本はちょっと食傷していたが、この感じの本が最近も出てるなら読みたい。

2010/09/15 06:43

投稿元:ブクログ

苫米地氏がまだお手軽自己啓発本にさほど手を出していなかった頃の硬派な本。オウム信者の脱洗脳レポートは、例えフィクションだとしても読み応えがある。
ハナから読者に理解させる気の無い芸風はこの頃からの様で、面白かった。

2010/04/04 12:25

投稿元:ブクログ

すべての洗脳は変性意識状態が介在している。
朝鮮戦争時に中国共産党がアメリカ兵に行った。
抽象世界n次元神秘体験。
トリガー、アンカー。エリクソン。
クリプキ可能性世界、ホメオスタシス。
ODヘップ感覚遮断。
精神の記号化とテクノによるチューニングについて

2010/09/20 16:42

投稿元:ブクログ

洗脳の方法論の概観が書いてある。
あとはオーム信者の脱洗脳の実地による解説。

アンカー、変性意識状態がキー。
変性意識状態は、意図的に作る方法がある程度確立しているらしい
(作者がシステム化と実験済み?)

作者がやたらすごい人?
(内容の端々に作者のすごさが滲み出ているが・・・)

社会病理・犯罪 ランキング

社会病理・犯罪のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む