サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

迷路(ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

迷路 (Hayakawa pocket mystery books)

著者 フィリップ・マクドナルド (著),田村 義進 (訳)

ロンドン郊外の高級住宅地で、著名な実業家が自宅の書斎で殺害された。捜査の結果、外部からの侵入は不可能。犯人は当夜屋敷に滞在していた十人に絞られる。だが、彼らの意外な動機が...

もっと見る

迷路 (Hayakawa pocket mystery books)

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロンドン郊外の高級住宅地で、著名な実業家が自宅の書斎で殺害された。捜査の結果、外部からの侵入は不可能。犯人は当夜屋敷に滞在していた十人に絞られる。だが、彼らの意外な動機が次々と明らかになり…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

フィリップ・マクドナルド

略歴
〈マクドナルド〉1899〜1981年。ロンドン生まれ。推理作家。ハリウッドに渡り映画脚本家となる。著書に「エイドリアン・メッセンジャーのリスト」「鑢」「ゲスリン最後の事件」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

挑戦、受けて立ちましょう!!

2002/05/28 21:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、冒頭の著者自身による序文がふるっている。ミステリの中には、探偵に有利で読者に不利なアンフェアなものが多いと苦言を述べてから、しかしこの作品は違うと大見栄をきっている。その後で、読者は探偵役のゲスリン大佐と同じ情報を与えられる、ゲスリンはこの情報で犯人を見つけ出した。もし読者も見つけられたならゲスリンと同じくらいに優れていて、見つけられなかったらゲスリンよりも劣っていると挑戦してくる。本格ミステリ好きならば、この挑戦を受けて立つしかないではありませんか!!
内容は、ある殺人事件が起きるが警察ではラチがあかない。困ってしまった副総監は、ゲスリン大佐に泣きついて、遠く離れた地で休暇を楽しんでいる彼に、裁判での証言の記録を送りつける。ゲスリンは現場に出向くことなく、その記録を読んだだけで真犯人を突き止める、といった安楽椅子探偵ものです。
確かに必要な情報はすべて読者の前に出されていますが、理路整然と犯人を名指しできる人は少ないのでは? それともゲスリン大佐より劣っているのは私だけでしょうか? 解決場面を読む前に、一度本を置いて、自分で名(迷?)推理をしてみましょう。ゲスリン大佐との知恵比べを楽しんでください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/06 11:53

投稿元:ブクログ

とりあえず読み始めて一番驚いたのは情景描写とか事件の場面とかは一切書かず検視審問の時の証言のみで事件を描き、状況を知らせ、証言を知らせると言うこの簡潔にして分かりやすい物語の進め方。ここまでさっぱりしてくれると逆にすがすがしい。パズル小説だね。でもその簡潔さがいい。ゲスリン大佐の推理は逆説的で面白い。またほとんど気にしなかった矛盾点をついた推理は感心。でもこれは普通の人が読んだら怒り出すだろうなぁ。

2010/10/14 17:57

投稿元:ブクログ

アンソウー・ゲスリン・シリーズ

殺害されたマックスウェル・ブラントンの裁判記録。
ブラントンの浮気癖。愛人たちの証言。事件当夜のそれぞれの動きに対する証言。被害者の動き。
ルーカスからゲスリンへの捜査依頼。

 2010年10月14日読了

2010/07/05 21:12

投稿元:ブクログ

 警官と探偵役の書簡、および裁判の傍聴記録のみで構成されており、作者が非常に「フェアプイ」に拘った事が感じ取れる。推理の着眼点やその過程も地に足のついた実に堅実なものになっているが、反面いささか「地味」でもあり、その点では評価が分かれるかもしれないと感じた。
 僕自身は評価したいと思うが、いわゆる「新本格」を通り過ぎた世代としては全体的に若干、手垢がついてるような感じがするのは否めない。
 もちろん、書かれた当時としてはそんなことはなかったのだろうけど。

 が、その一方でこの動機は逆に目新しいのではないかと思う。森博嗣的な「動機が必要ですか?」というある意味スマートな姿勢を吹っ飛ばすだけの強烈な印象がそこにはあった。
探偵役のあまりにあんまりな言い方にちょっと度肝を抜かれたというのもあるけれど……。

 派手さはないが端正なパズラーで、かつ紙数もそう多くないのでこれからの季節、小旅行の合間合間にメモを片手に読まれるとよいのではないかと思う。

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む