サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

ブックオフ宅本便ページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

愛をください(リーフノベルズ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: リーフ出版
  • レーベル: リーフノベルズ
  • サイズ:19cm/227p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7952-9318-X
  • 国内送料無料
新書

紙の本

愛をください (リーフノベルズ)

著者 ふゆの 仁子 (著)

画材店に勤める水島は、連日、閉店間際に水島の描いた画材説明用の見本画と同じ画材を買っていく男の噂を聞く。ある晩、その男と出会うが、ゴージャスな外見とは裏腹の縋るような視線...

もっと見る

愛をください (リーフノベルズ)

918(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

画材店に勤める水島は、連日、閉店間際に水島の描いた画材説明用の見本画と同じ画材を買っていく男の噂を聞く。ある晩、その男と出会うが、ゴージャスな外見とは裏腹の縋るような視線の彼を邪険にできず…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

互いに癒されていくような。

2001/05/26 16:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miyagi aya - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夢を捨てて画材屋に勤めた水島と、彼と過去に接点のあったホストの冴木がどちらとも落ち着いた印象で、地味な癒し系かなという雰囲気。特に冴木が優しくて優しくて、そのくせ寂しそうで、このひと人間くさくてとても好きです。
 成長してしょうもない人間になってしまった水島のかつての親友については、もう少し書き様があったのでは?という気も。確かにこういうのもアリかなとは思うけれど、どうせ水島に絡むのなら、もうちょっと書き方を変えたら読者の同情を引くオイシイ当て馬になれたと思うのですが…。
 ひとつだけどうにも気になっのが、Hしようとして相手がその気になってないこと気づき、「職業意識で甘いこと言って自分をからかってたんだな」と水島が傷つく場面。いきなりそういう考えに行き着く水島もナンですが、「あなたに痛い思いをさせるのが心配でダメだったんです」と言い出す冴木も何とも…。そのやり取りだけは情けなすぎるからちょっとパスです(涙)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/28 22:42

投稿元:ブクログ

孤独なホスト×書店員。ふゆのさんは、たまに作中でつじつまが合わないことがあります。これも途中年齢と言ってる事がチグハグ。でもすっごく好きな本です。ホストの孤独っぷりと、世間の目と自分の中で葛藤する受けに萌え!

2010/09/14 05:31

投稿元:ブクログ

文具店画材売り場のチーフ・水島は毎朝立ち寄るコーヒーショップで会う姿形の良い美形が気になっている。風邪で1週間寝込んで出社した水島は売り場で高い画材セットを吟味して買っていった客がいることを知る。それはコーヒーショップで会う冴木だった。


ホストになる前の冴木が水島の売り場に納品している業者の新人で失敗した時、水島に叱ってもらえたことがその後の彼を変えた、というのは分かるけど、そこまで執着するかな、普通、というのが正直な感想。
天涯孤独な冴木を水島が放っておけないと感じて冴木の愛を受け入れるのも安直。
Hシーンは1回のみ、あまりエロくない。

イラストは可愛いすぎて萌えなかった。

2011/11/11 00:34

投稿元:ブクログ

 画材店に勤める店員さんとホストの恋。

 きらびやかな世界にいるはずなのに、どこかさびしげなすがるような視線で見つめられて、水島は彼を邪険にできなくて……という話。

 この話の一番のよかったところは、二人の心の交流でしょうか?
 まったく別の世界に生きているのに、お互いがお互いの仕事のことをきちんと尊重しつつ、その上で、二人の距離をちょっとずつ近づけてる感じが、すっごこく好感度が高かったです。
 勢いじゃなくて、そこにちゃんと心の交流があって、そこから始まる物語でした。

 伏線も綺麗だし、ほっとする物語を読みたい時にはいいかもしれません。

ボーイズラブ小説 ランキング

ボーイズラブ小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む