サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新編八犬伝綺想(ちくま学芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/332p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-08540-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

新編八犬伝綺想 (ちくま学芸文庫)

著者 小谷野 敦 (著)

新編八犬伝綺想 (ちくま学芸文庫)

1,188(税込)

ポイント :11pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

新編 八犬伝綺想

1,026(税込)

新編 八犬伝綺想

ポイント :9pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

原典への過剰な愛情

2002/06/17 00:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本を読んだ当時、眼からウロコがボロボロと落ちまくったことを記憶している。なにせおっこちたウロコを集めると、バケツに2杯ほどの分量になったもんなぁ。ウソだけど。
 でもまあ、普通、指摘されてもピンと来ないよ、「ハムレット」と「八犬伝」が同じような物語構造持ってるなんてサ。それに、太平洋をはさんでほぼ同じ時期に書かれた「白鯨」と「八犬伝」が同じようなセクシャリティを持っているなんてサ。いや、そもそも、八犬伝はともかく、白鯨のセクシャリティなんざ、この本を読むまで想像だにしなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

無謀な情熱

2002/06/30 08:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

M・プルーストが引用したヴォルテールの言葉に、「ダンテは必ず後世に残るだろう、あまり人が読まないから」という言葉があるが、曲亭馬琴の「南総里見八犬伝」は、実際その名は誰もが知っているけれども、通読した人は極めて少ない作品である。近年、どういうわけか再評価の機運が高く、川村二郎や高田衛などがさまざまなアプローチから批評を書いている。しかし、その割に実際にはいまだあまり多くの人に読まれているとは言えないようで、むしろ皮肉な見方をすればそれこそが「八犬伝」が近代の古典たる所以であり、だからこそ批評的言説だけがひたすらに再生産されているのだと言うこともできるのかもしれない。
そういうわけでこの本そういった批評でだけ知られるような古典の新しい読みに徹した本なのだが、僕は一読してかなり変な本な印象を覚え、先回りして解説を見ると親本となった福武書店版の初版は1990年となっており、それで何となく納得がいった。
この本の奇妙なところは、というか正確にはこの本を読んで僕が感じた奇妙な印象は、おおむね、当時の流行の言葉で言えば<構造主義>(言語学のソシュール、人類学のレヴィ=ストロース、精神分析学のラカンを代表とするフランス思想の一潮流のことではなく、記号学やポスト構造主義——これはアメリカ批評の言葉だが——までを含む日本での流行語である)の方法的な影響をかなり色濃く受けた比較文学の著作という本書の色合いが、あまりにも方法的に錯綜しており、およそ洗練とは懸け離れた異様な情熱に彩られているところによる。
実際、たとえば同時代の大長編小説であるからと、「白鯨」を持ち出したり、そうかと思えば「ハックルベリー・フィン」が出てきて、さらに「ハムレット」と、ほとんどそれは思いつきだな?といいたくなるような荒唐無稽な分析が、まず江戸思想及び文芸の世界と、60年代フランスを中心とする西洋文学理論の新思潮(そこにはアメリカの新批評も含まれる)にある程度の知識を有していないことには読み込めない、ことさらに衒学的な文体によって展開されているわけで、読み進めながら、こういっては作者に失礼かも知れないが、ある種クスクス笑いが漏れてきてしまった。
こういうのを、青春の情熱によって書かれた本、と呼ぶことが出来ると思う。解説の森毅ではないけれど、最近こういう情熱のある本が少ないと思ったら、考えてみると東浩紀のデリダ論がそうだったかもしれない。
やはり、いつの時代にも無謀な若者はいるものなんである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/29 08:35

投稿元:ブクログ

前近代の産物とされる後期読本の王者「南総里見八犬伝」 単純明快勧善懲悪、“仁義八行の化け物”たちの古き時代の物語と一般に言われるけど、果たして本当にそうなのか? シェイクスピア、メルヴィル、マーク・トウェインなど英米文学や思想、神話・伝説などと、様々な形で自由奔放に比較したその時、八犬伝の真の主題と真の主人公が明らかにされる――八犬伝が前時代の書物でなど、あるものか! 全ての八犬伝読者と八犬伝ファンを驚愕させる一冊がここにある。この書を読む者よ、八犬伝に関する一切の幻想を捨てよ!

と言うわけで意気込んであらすじというか紹介文を書いてみたんですが、長年読んでみたかった綺想ようやく読了いたしました。ブクログ、最初は22年前に出た福武ブックス版の方を登録してたんですけど、こちらの方が「江戸の二重王権」「八犬伝の海防思想」という現在の八犬伝解釈ではおそらく通説となっている重要な二編が収録されているのでこっちで登録し直しました。
私の八犬伝解釈や八犬伝観は、この書に影響されてサイトを開設した伏姫屋敷のゆーかさんに依るところが大きいので然程大きく動揺することはなかったのですがそれでも結構きついものがありました。でも何度も線を引いたり、そういうことだったのか、と大きく膝を打ったりするところもありました。「英米文学もわかってないとわからない」とちくま版後書きでも小谷野氏が書いてますが(ざっくり書いちゃったけど)確かにあらゆる知識に通暁してないとピンとこないかもしれないです。が、私は学術研究の場を離れて久しいし頭パー子ちゃんだから本当の意味で全部理解し切れてないんだろうけど、それでもすごく面白かったし、こういう八犬伝の読み方もあるんだなあ認められてるんだなあと思えばいろいろ新しいものが見えてくると思います。だから八犬伝創作する人やしなくても好きな人は皆これ読んでその上で創作するとちょっと面白いんじゃないかな、と思います。私もそのつもりです。
もうちょっと個人的な想いとか読むに至った経緯はブクログじゃなくてブログの方で綴ります。読み終わった時のツイート小谷野氏にRTしていただいて嬉しかったです~この場を借りて、RTありがとうございました♪

2007/06/09 02:53

投稿元:ブクログ

この人、八犬伝そのものには大して愛着なさそう。だからこそ書けるであろう第六輯以降の犬士への身も蓋もない切り口が面白い。他文学との比較が多すぎて訳わからん辺りは若気の至りか(元は学生論文)。で、あとがきが未だ若気の至りが滲んでて面白かった。「きっと売れてないから本を乱発するんだろう」と福田や宮台に同情している辺り、絶対わかってて書いてると思う。

2012/08/25 05:36

投稿元:ブクログ

いわゆる日本のポストモダン論者の理論を以て、八犬伝を読み解くというもの。ハックルベリーの記述は面白かったが、それ以外のところはいつものように衒学臭が過ぎる。

ちくま学芸文庫 ランキング

ちくま学芸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る