サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. わたしの外国語学習法

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

わたしの外国語学習法(ちくま学芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 44件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-08543-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

わたしの外国語学習法 (ちくま学芸文庫)

著者 ロンブ・カトー (著),米原 万里 (訳)

わたしの外国語学習法 (ちくま学芸文庫)

1,026(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

本日は、16カ国語を...

ジュンク堂

本日は、16カ国語を学習によって習得した通訳者、ロンブ・カトーの命日です。
訳者は米原万里さん。文庫版に寄せた訳者あとがきの中で米原さんは、
「エッ!これほどの傑作をこのわたしが翻訳していたの?!」
と驚きそして、
「通訳が仕事でもあり同時に快楽でもあるような通訳者」になれたのも、
この本との出会いのおかげだと書いています。

ハンガリー人のカトーさんは、高校生の時に突如ラテン語に魅せられて、
そこから言葉に捧げ言葉に愛された人生がはじまりました。
ほぼ独学で16カ国語、しかもラテン語から日本語・中国語まで含むというのです。
だから、この本の中でも彼女は自由。縦横無尽に言葉の間を行き来するのです。
ひとつの言葉の言い回しについて英語やフランス語、ドイツ語、日本語、
スウェーデン語ではどのようになっているかをごく普通のように読者へ
差し出してくるのですから。

語学の勉強方法あり、言葉にまつわる論考あり、とにかく刺激的な本です。

【折々のHON 2010年6月9日の1冊】

みんなのレビュー44件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

語学に効く漢方薬

2003/02/24 20:45

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:毛布犬 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 5カ国語の同時通訳、10カ国語の通訳、16カ国語の翻訳をこなす女性による「時間のない大人のための」外国語学習指南書。訳は大学院を出たばかりの米原万里。
 面白そうだけど、しかしこの人めちゃめちゃ外国語のセンスがあるんだろうし、ハンガリー人だから勉強しやすいんだよね、ヨーロッパ系の言語。日本の普通人に役に立つのかなあ…。半信半疑で読み出した。しかし、結果的には驚くほど役に立ったのだ。こういった本には向き不向きがあるとは知りつつも、多くの人に勧めたくなる一冊だ。
 そもそもカトーさん、語学が苦手で大学も理系を選んだクチ。しかし専攻した化学を活かす仕事がなく、食べるために英語教師を目指す。全く英語は知らないのに。たいして若くもなく、語学的才能に溢れているとも言い難い彼女の手持ちの札は、
・母国語ハンガリー語ができる(ただしハンガリー語はウラル語族に属し、他のヨーロッパ系言語とはつながりが薄いそうだ)
・得意とは決して言えないが、ラテン語とフランス語の素養がある。
・本が好き、辞書が好き。
・言葉への強い興味、尽きないあこがれがある。
これだけ。子供の頃から親もあきれる語学オンチであり、また家庭教師を雇うことも出来なかったのに、どうして次々と外国語をマスターすることが出来たのか。彼女が手持ちの札をいかに活用したか。本書にはそれが平易な言葉で記されている。練り上げられた「本格的に学びたい人のためのアドバイス10項目」「すべての言語に通用する架空言語アジール語学習法」これらを読むだけでも、かなりモトはとれる。
 ただ、具体的学習法の体得を目論んでいた人は、ひととき戸惑うかもしれない。この本は百花繚乱のカトー・メソッドを披露するといった類のものではないからだ。もちろん単語暗記法、発音のコツなどの項目はあるが、それら実際的なことと同じくらいの比重でことばとは何か、語学教育の歴史、彼女の学習遍歴等にページが割かれている。「文法はこう覚えよう、とか、そういうの無いのね…」。一瞬、私も落胆したのだ。
 しかし、読み進むうちに分かってくる。もっとも淀みない口調で分かりやすいから、自然とぐいぐい読めるのだが、彼女は「これだけで安心の熟語集200」などという、すぐ効いてすぐ意味が無くなる薬を出すつもりはもともと無かったのだ。効果が出るのに多少時間はかかるかもしれないが、一生もののコツを伝授してくれていたのである。
 それは彼女の手持ちの札の中でも最強にして普遍的なカード「言葉への強い興味、尽きないあこがれ」、言い換えれば言葉の感受性、をいかに育むか。その秘訣だ。読んでいるうち、多くの人に彼女の言葉○チガイが伝染してくる、この本はそんな仕組みを持つ珍書なのだ。語学学習を吐きそうな「苦役」から一生手放したくない「楽しみ」に変換する秘薬、そんな嘘みたいなものが仕込まれている貴重な本だとも言える。
 著者は、戦時下の防空壕内で「ハンガリーの百科事典にロシア小説を張り付けたもの」まで作ってロシア語を会得したという、ちょっと変でかわいいおばあちゃんである。彼女の口調は無駄が多いようで精選されており、常に本質を射抜いている。そして何より、読み手である後輩を思いやっている。じわじわ、じわじわ効いてくるのは当然かもしれない。おばあちゃん手ずからの漢方薬、そう思うと愛おしくさえなる一冊だ。
 春の語学講座スタートにはまだ時間がある。今からじっくり読み込み、飲み込んで、語学体質の向上をはかっておいてはいかがだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

語学の勉強が好きな人は読んでみるといいかも

2016/03/12 22:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Johan - この投稿者のレビュー一覧を見る

語学は好きだけれど、勉強への意欲が少し停滞気味の時に読むと良いかと思います。本来語学は楽しいもので、わくわくする気持ちを再び思い出させてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

16カ国の習得法。

2002/07/21 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:優樹O - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ほぼ独学のみで自国から出ることなく16ヶ国語をマスターしたという著者がその学習法を披露している。14のヨーロッパ系言語だけでなく、中国語もそして日本語も使えると言うのだからその語学力は驚嘆もの。本書を読んで思った感想は語学は結局スポーツと同じ、反復と集中力がないとダメなんだろうな。詳しい内容は読んでください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

通訳を目指す人にはおすすめの部分も

2008/05/04 19:05

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Milina - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本はハンガリー人の著者によって書かれたもので、彼女が日本語や中国語も身につけているとはいっても、やはりヨーロッパ諸語の1つを母国語とする人の視点から書かれている部分も多いと感じました。
それは、私がこの本を読む前に<日本人によって日本人向けに書かれた第二言語(外国語)習得本>を読んでいた為に、余計にそう感じたのかもしれません。

著者は通訳(と翻訳も少し)が職業の為、本の最後の方にその学び方のコツ、適性、失敗談などが書かれていて、通訳を目指す人には参考になる部分があると思います。
しかし、私はどちらかというと翻訳に興味があり、以前に少し翻訳を勉強したことがあるので、この訳者の日本語訳に愕然としてしまいました。
外国語から日本語へ訳すのは非常に難しい場合もあるし、この訳書は比較的古いもののようですが、私の感覚では、こんな翻訳の仕方で1冊の本になっていることが不思議です。特に、日本語訳の中で代名詞の多用が気になりました。また、文の構造を直訳したのだろうと推測できる部分が多々ありました。それで良い場合もあると思いますが、私には非常に読みにくく感じられました。

実はこの訳者も主に通訳の仕事をする方だということで、本書の中にも「通訳者が必ずしも良い翻訳者であるとは限らない」というようなことが書かれていますが、本書を訳した方はまさにそういう方ではないかと思います。

単に外国語学習に興味がある方は、「外国語学習に成功する人,しない人」
など、日本人の為に書かれた外国語学習本をおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/06/15 11:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/02 13:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/05 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/30 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/18 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/12 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/25 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/04 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/08 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/05 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/10 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま学芸文庫 ランキング

ちくま学芸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む