サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. 建設業における都市開発営業の進め方と実務知識

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

建設業における都市開発営業の進め方と実務知識
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 日本法令
  • サイズ:21cm/233p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-539-71665-4
  • 国内送料無料

紙の本

建設業における都市開発営業の進め方と実務知識

著者 長門 昇 (共著),松島 昭 (共著)

建設業の都市開発営業への展開のためには、発注情報を待っているのではなく、積極的に都市開発を企画提案し、新しい建設市場を開拓していかなければならない。図表をもとに都市開発営...

もっと見る

建設業における都市開発営業の進め方と実務知識

2,057(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

建設業の都市開発営業への展開のためには、発注情報を待っているのではなく、積極的に都市開発を企画提案し、新しい建設市場を開拓していかなければならない。図表をもとに都市開発営業の初歩から解説。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

開発事業をどうつくり出していくかーー。建設会社の開発営業マンに向けて,仕事の基本と進め方を整理する

2000/07/17 09:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 建設会社はひところ,それまでの「受注」という姿勢から脱却し仕事をつくり出す=「造注」のために大量の不動産を抱え込んだ。バブル崩壊でそれが不良資産となり,経営を圧迫するに至った経験から,「造注」目当てで不動産を抱え込む,といったことはほとんどみられなくなった。ただ,「受注」から「造注」へ,との底流に変わりはない。
 本書は,都市開発事業を仕事として獲得しようとする営業マン向けに,開発事業の基礎知識から開発営業の基本までをわかりやすく簡潔にまとめたもの。組織としてどのように対応すればいいのか,個人としてどのような素養をもって,実務をどのように進めていけばいいのかがわかる。二人の著者は,大手建設会社で開発営業に従事した経験をもつ。
 開発営業の世界は不動産を活用したビジネスモデルを構築できるか否かが勝負。ノウハウを語るのには限界もあろう。仕事の全体像を確認する入門書として活用したい。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

建設・土木 ランキング

建設・土木のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む