サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 夏服を着た女たち

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夏服を着た女たち(講談社文芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文芸文庫
  • サイズ:16cm/274p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-198201-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

夏服を着た女たち (講談社文芸文庫)

著者 アーウィン・ショー (著),常盤 新平 (訳)

夏服を着た女たち (講談社文芸文庫)

1,058(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

夏服を着た女たち 7-26
街をさがし歩いて 27-44
80ヤード独走 45-72

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

旬のもの

2000/08/11 23:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:katokt - この投稿者のレビュー一覧を見る

 初夏に必ずよまなきゃいけない“The Girls in Their Summer Dresses” を残暑に読むわけである。初夏のわくわくするような、これから何があるんだろうとほのかに期待させるような短編を、暑いだけで何もないじゃんとだらだらしている残暑に読むのも、それはそれでなかなか楽しめるものである。
詳しくは

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

都会的で洒落た好短編集

2002/02/08 18:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろぐう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 都会的で軽くて洒落ていて、しかも読後に余韻を残す。(特に女性なんか)ハマると癖になりそう。でも、こういう小説って、実際に書くとなると難しいんだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

たとえ首の骨が折れようとも。

2004/05/18 00:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなねずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「三十を過ぎると、人はみたいなものを意識し始めるんだよね」

大学の頃、ゼミの先生(専門はジェイムズ・ジョイス→ゼミ生選考のための面接のとき、これ見よがしに丸谷&高松訳のを持っていったら、「いやぁ、絶対に読めないと思うな、それ。あははは」と笑われたが、実際に読んでいない、今に至るも……慧眼)がそんなことを言っていた。「いやぁ、なんか最近桜が綺麗に見えてきてさぁ」と続けた先生は、少し恥ずかしそうに、どこか少し寂しげに、そしてそんな全てを振り払うように笑った。

で、僕は未だに桜はそれほど綺麗だとは思えないのだけれど、最近、っていうのは特別な季節だよね、と思ったりする。それはつまり、常盤新平・訳の世界そのもの。

>

この「そして、陽気がよくなると、夏服を着た女たち」というフレーズ。原文は、。さりげなく、ほとんど直訳みたいに訳してるけど、絶妙としか言いようがない。上野さんに冷ややかな眼差しで見つめられようとも、田嶋さんに唾を飛ばしながら怒鳴られようとも、言葉のリズムといい、シンプルにしてイメージ喚起力抜群の言葉選びといい、常盤さんの生み出したこの日本語は不朽のものだと思うのである。

っていうのは、要するに「ちょっと倦怠期なマイクルとフランセスというカップルの話で、ふたりでデートしてるのに、街行く女の子たちに目をやってばかりいるマイクルをフランセスがとか詰りはじめて……云々」というような他愛もない話なんだけど、それが決して男の身勝手になってないところが素晴らしい。
(という読み方が男の身勝手?)

で、手元にある講談社文庫版の「あとがき」を読んでみると、常盤さんがこんなことを書いている。

>

こういうのって「キザ」とか言うのかもしれない。でも、つまり、「美しいものは美しい」というごく当たり前のことを誠実に書いている小説。それがである。と僕は思う。常盤さんは「あとがき」のなかで「奇蹟」という言葉を使っているけれど、「美しい」と感じる心っていうのは、人間にとって「奇蹟」みたいなものなのだから……

この季節にうってつけの極上の短編小説を、世代を超えて、性別を越えて、楽しんでほしい。で、最後に……

「よそ見しちゃだめよ。首の骨を折ってしまうわ」(by フランセス)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/30 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る