サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ウェッジウッド物語
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:22cm/173p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8222-2679-4
  • 国内送料無料

紙の本

ウェッジウッド物語

著者 相原 恭子 (著),中島 賢一 (著)

1759年、ジョサイア・ウェッジウッドが弱冠29歳で創設したウェッジウッド社。以来2世紀の時を超えてなお人々に愛される銘ブランドの魅力をエピソードや紀行で綴る。雑誌『旅名...

もっと見る

ウェッジウッド物語

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1759年、ジョサイア・ウェッジウッドが弱冠29歳で創設したウェッジウッド社。以来2世紀の時を超えてなお人々に愛される銘ブランドの魅力をエピソードや紀行で綴る。雑誌『旅名人』連載に加筆・修正し、まとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

相原 恭子

略歴
〈相原〉慶応義塾大学文学部哲学科卒業。ドイツ政府観光局勤務を経て、執筆活動に入る。
〈中島〉東京都生まれ。米国のデザイン学校の写真科中退後、フリーランスとして活動。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2000/4/1

2000/10/26 00:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経レストラン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 柔らかな青と繊細なレリーフが印象的な「ジャスパーウェア」,丸みを帯びた光沢を放つ純白の「ファインボーンチャイナ」——。華やかでありながら日常の食卓にもなじむ,芸術性と実用性を兼ね備えた英国の名陶,ウェッジウッドの魅力に迫った一冊。多彩な写真で見せる作品群にとどまらず,創始者ジョサイア・ウェッジウッドの人生も丹念に追っている。
 18世紀半ば,陶芸の世界に近代的な生産手法を持ち込み,一代で欧米社会に名を知らしめたジョサイアは,「英国陶工の父」「産業革命の申し子」と称される。進化論を唱えたチャールズ・ダーウィンが彼の孫であることや,当時としては画期的な,陶磁器のカタログ販売に挑戦した企業家としての一面などを紹介,氏の人となりを多面的に浮き彫りにする。
 レストラン界にもファンが多いウェッジウッドの,新たな一面が見えてくるだろう。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/12/01 23:37

投稿元:ブクログ

私と母は陶器と言われるものに目がない。
特にウェッジウッドは特別。
と言っても、昔から知っていたわけではなくて、このウェッジウッドの存在を知ったのは10年位前に父がロンドンに海外出張に行ったときのこと。
母親がガイドブックを見て
「これを買ってこい」
と言ったのか、それとも父が向こうで
「ウェッジウッドは英国でもっとも有名な陶器なんだよ」
と誰かに教えられたのかは記憶があいまいだが、まず、こうして我が家にウェッジウッドのティーセットがやってきたのだ。
父が選んだわりには、とても趣味がよく、その美しさに魅せられた母、娘はさっそく近くのデパートに行って、その価値の高さを知ったのである。
それからは、ことあるごとに何かといえば陶器売り場に寄って必ずウェッジウッドを眺めて帰って来る。誰かのお祝事があったら必ずお祝の品としてウェッジウッドをプレゼントする…それは私達の習慣だ。

それから何年か後、テレビでウェッジウッドの特集をやったことがあった。
そのときに初めてこのウェッジウッド社の創立者ジョサイア・ウェッジウッドの数奇な運命を知り(ちなみに甥があの、ダーウィンだというから、これまた驚きだ)、今度はウェッジウッド本人に強く惹かれることになる。

でも、そんなことは、ここ数年の間にすっかり忘れかけて、それから数年後ロンドンに行った母と娘はただただその美しい芸術に魅せられて、夢中で新たなテーブルウェアを購入してきたのだが…。

この本は日経BP社より発行された旅行雑誌「旅名人」の1998年5月号から1999年1月号に連載されたものに加筆、修正および書き下ろしを加えて単行本されたものである。
まず目を惹かれるのが表紙の美しい写真。
この本に巡り会って再び、ウェッジウッド自身のことを思い起こさせられ、また、彼の「Heritage of Innovation」につながっていく精神に強く勇気づけられたのだ。と同時に彼自身について知らないこともまだまだたくさんあったということを知った。この本を読んだらもちろん彼の故郷、ストーク・オン・トレントへ行ってみたくなるのだが、旧東ドイツのヴェルリッツにも行きたくなるし、ロシアのエカテリーナ大帝についてももっと知りたくなってくる。つまり…それだけウェッジウッドが世界中で(上流階級だけでなく、労働者や奴隷たちにまで)愛されてきたということなのだ。

今すぐイギリスに行くというのは無理な話だから…それなら…まずはテーマソングとも言われるアルバート・W・ケテルビー作曲の「ウェッジウッド・ブルー」とやらを探してみようと思う。

2011/07/14 18:33

投稿元:ブクログ

ウェッジ・ウッドの歴史を図版や写真で紹介しながら教えてくれます。創業者のジョサイア・ウェッジウッドはイギリス産業革命期の重要人物のひとりで、王侯貴族からのオーダーメイドをつくりつつも、新興ブルジョア階級向けのラインも作った先駆的な人物。人口が急速に増えつつあった都市にショールームを作ったり、カタログ販売を始めたりと、彼が作り上げた販売手法はいちいちあげたらキリがないほどだ。また、チャールズ・ダーウィンとも親戚関係にあり、その相互関係がイギリスの産業、また科学の発展に貢献したことも見逃せない歴史の1ページだ。