サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 市民がつくる東京の環境・公害条例 東京都公害防止条例改正市民案

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

市民がつくる東京の環境・公害条例 東京都公害防止条例改正市民案
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 公人の友社
  • サイズ:21cm/109p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87555-288-2
  • 国内送料無料

紙の本

市民がつくる東京の環境・公害条例 東京都公害防止条例改正市民案 (地方自治ジャーナルブックレット)

著者 東京都公害防止条例改正市民案をつくる会 (企画・編集),市民フォーラム2001 (企画・編集)

1969年の制定以来、30年ぶりに全面改訂されようとしている東京都公害防止条例。これに対して市民案をつくろうとする市民団体の活動の報告。座談会、インタビュー、他県の資料等...

もっと見る

市民がつくる東京の環境・公害条例 東京都公害防止条例改正市民案 (地方自治ジャーナルブックレット)

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1969年の制定以来、30年ぶりに全面改訂されようとしている東京都公害防止条例。これに対して市民案をつくろうとする市民団体の活動の報告。座談会、インタビュー、他県の資料等を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

市民案づくりで私たちが訴えたいこと 田中徹二 著 8−17
東京都・公害防止条例改正のインパクト 加藤三郎 ほか座談 18−64
完全比較!・東京都公害防止条例(現行)・都中間まとめ・市民案 65−77

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

東京都公害防止条例改正に対して,環境NGOが市民の立場から提案する改正案づくりの視点をまとめている

2000/10/06 15:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今日の地球環境問題への国際的な取り組みのひとつの基点となった,92年の地球サミット。そこで採択されたリオ宣言の中には,非政府組織(NGO)の役割の重要性が明記されている。環境政策へのNGOの関与では,欧米に比べて遅れていた日本だが,地球サミットをきっかけに,市民団体との協調や連携を求める行政側の意識も高まり,市民による政策提言の場は徐々に増えてきている。
 東京都は,69年に制定した公害防止条例を,2000年に抜本改正することを表明した。これを機に,23の市民団体が集まって組織した「東京都公害防止条例改正市民案をつくる会」の提言をまとめることで,環境政策への市民の参加を呼びかけているのが本書だ。
 市民案は,東京都環境審議会が“公的な立場”から検討してきた改正の方向づけ(99年10月発表の中間報告書)をたたき台として,環境改善の実効性を高めるためのさまざまな政策手法や,政策の実施を保証する制度の導入を具体的に提案している。日本のNGOも政策の提案能力を身につけ始めていることが,本書から読み取れる。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する