サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マリス博士の奇想天外な人生
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-208264-X
  • 国内送料無料

紙の本

マリス博士の奇想天外な人生

著者 キャリー・マリス (著),福岡 伸一 (訳)

「史上最も身持ちの悪いノーベル賞受賞者」の異名を持つマリス博士が、デートの途中でPCRを思いついたこと、アブナイ実験に明け暮れた学生時代の思い出、LSDの常用体験等、その...

もっと見る

マリス博士の奇想天外な人生

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「史上最も身持ちの悪いノーベル賞受賞者」の異名を持つマリス博士が、デートの途中でPCRを思いついたこと、アブナイ実験に明け暮れた学生時代の思い出、LSDの常用体験等、その型やぶりな人生をユーモアたっぷりに語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

キャリー・マリス

略歴
〈マリス〉1944年アメリカ生まれ。化学者。93年、PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)の発見でノーベル化学賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本経済新聞2000/3/26朝刊

2000/10/21 00:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:渡辺 政隆 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法は、DNAの断片一個を短時間でしかも自動的に大量増幅させる魔法の技術である。この発見(八〇年代半ば)がなければ、血液鑑定や親子鑑定はおろかヒトの全遺伝子を解読するヒトゲノムプロジェクトも夢物語にすぎなかった。原理はいたって単純で、細胞が現にDNAを複製している方法を、試験管の中で化学的に反復させるだけのことである。だが、そんなことが可能だとは、誰一人考えてもいなかった。その常識を破ったのがマリス博士である。
 バイオベンチャー企業の社員だった彼は、PCRの原理を思いついた業績により、ノーベル化学賞を受賞した。これだけの話ならば、よくある天才科学者の成功物語だ。しかしマリスは、ここでも常識を覆す。大学院ではドラッグにふけり、博士号をとってもまともな職には就かず、PCRの発明で貢献した会社もけんかをして首になる、ノーベル賞受賞発表時には海辺でサーフボードを抱えた写真を世界に配信させる、O・J・シンプソン裁判では傍聴席からテレビ中継を見ている母に手を振る等々、その奇行は数かぎりない。しかもそれは、無邪気な天才のそれというより、世の中の権威に反抗する確信犯的な奇行である。
 半自伝的なエッセイ集である本書でも、テレパシーや星占いは非科学的ではない、エイズウイルスがエイズの原因とはかぎらない、超常現象は存在する、理論宇宙物理学はむだな学問だ等々、奇をてらう話ばかりだ。これは、いわゆる「科学的な説明」(仮説検証や対照実験など)を逆手にとった、世の中の仕組みや常識への反抗にほかならない。しかもここで皮肉なのは、これを科学界のアウトサイダーのたわごととして無視できないことだろう。なにしろ彼は、科学界最高の権威とされるノーベル賞の受賞者なのだ。本書を反面教師と読むか、問題提起と読むかは、読者の問題意識しだいである。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/19 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/23 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/15 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/12 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国 ランキング

外国のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む