サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蕎麦屋の恋
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: イースト・プレス
  • サイズ:20cm/219p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87257-200-9
  • 国内送料無料

紙の本

蕎麦屋の恋 (Chu chu colors)

著者 姫野 カオルコ (著)

秋原健一、製薬会社課長、43歳。波多野妙子、調理師専門学校講師、30歳。京浜急行の中で出会い、蕎麦屋でせいろを食べ、ホテルでただTVを見るだけの二人の関係を描く表題作など...

もっと見る

蕎麦屋の恋 (Chu chu colors)

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

秋原健一、製薬会社課長、43歳。波多野妙子、調理師専門学校講師、30歳。京浜急行の中で出会い、蕎麦屋でせいろを食べ、ホテルでただTVを見るだけの二人の関係を描く表題作など、「非・恋愛小説」全6編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

蕎麦屋の恋 5-102
お午後のお紅茶 103-138
イーハトーブの小迪 139-156

著者紹介

姫野 カオルコ

略歴
〈姫野カオルコ〉1958年生まれ。青山学院大学文学部在学中より小説誌を中心に作品を発表。著書に「ひと呼んでミツコ」「空に住む飛行機」「四角関係」「ガラスの仮面の告白」「変奏曲」「整形美女」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

セックスのない恋愛小説

2000/12/14 23:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dakara - この投稿者のレビュー一覧を見る

 京浜急行の快速特急の中で出会ったふたり。製薬会社課長の秋原と調理師専門学校講師の波多野。そんなふたりが、快速特急を降りて、することといえば、蕎麦屋へ入り、ホテルでテレビを見る、ただそれだけの幸福感…。
 そこには、セックスのかけらも出てきませんが、なぜかこういう恋のかたちもあるのだろうと素直に読めてしまいます。
 表題作「蕎麦屋の恋」のほかに、「お午後のお紅茶」、「スワンの涙」など6篇の短編小説を収録しています。どれもおもしろいですが、個人的には「蕎麦屋の恋」と「スワンの涙(最後まで読むと笑えます)」がお勧めです。
 姫野ファンの女性はもちろん、男性にもお勧めしたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

分類不可能な小説

2001/05/24 23:31

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この分類不可能な小説をなんと呼べばいいのだろう。クールで、シニカルで、いさぎよくて、非現実的で超現実的。そして全編にただよう独特の笑いの感覚。笑いたいんだけど、すんなりとは笑えないという複雑なおかしさなのだ。
 頭の中が混乱しているので、書き出してちょっと整理してみようと思う。

『蕎麦屋の恋』
珠算検定一級の製薬会社課長、43歳。女板前志望の調理師専門学校講師、30歳。ふたりは京浜急行の快特で出会い、川崎の蕎麦屋でせいろを食べ…。

『お午後のお紅茶』
自由が丘の美容院に勤める小林がおそれている店「ポプリ」。花はポストモダンに活けられ、店内にはジャズが流れる。お昼の定食ではごはん、みそ汁、小鉢、サラダ、メインのおかずといったメニューで…。

『イーハトーブの小迪』
村の分教場を舞台に、用務員のにゃろめ、たばこ屋のけむんぱす、伝説のでこっぱち小僧、おそ松兄弟という赤塚不二夫ワールドの登場人物たちが、田舎版学校の怪談を繰り広げる。もちろん先生は…。

『天国に一番近いグリーン』
「死ね死ね、ぱぱぱやー。んぱっ、死ね死ねっ」強烈なサンバのリズムに乗って、彼らはやってくる。その声を聞いたものは、なにか反省せずにはいられない。男3人、女2人のその軍団は、ある問題を訴えたいがために今日も激しく踊る。

『スワンの涙』
愛しいニコラ。ニコラはぼくの言葉を完璧に理解してくれるパートナーだった。気まぐれからニコラと別れた僕は、同時に言葉をも失ってしまう…。




『色つきの男でいてくれよ』
小説家になれなかった高校教師、相模。今は評論家(さ)として、読みもしない本の書評を書く。今回は『クィーン乱舞曲』という本。「下品な性愛小説」と切り捨てたその本は…。


 うーん、こうやってみたら余計にわからなくなってきた…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/06/30 12:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る