サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

晴明。 完全版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 朝日ソノラマ
  • サイズ:18cm/571p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-257-01053-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

晴明。 完全版 (ソノラマノベルス)

著者 加門 七海 (著)

承平七年の平安京に「陰陽寮の化け物」と噂される少年がいた。彼の名は安倍晴明。彼は妖魔を操り、魔道魔物に与する京の破壊者なのか? 95年刊「晴明。」と96年刊「鬼哭。」上・...

もっと見る

晴明。 完全版 (ソノラマノベルス)

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

承平七年の平安京に「陰陽寮の化け物」と噂される少年がいた。彼の名は安倍晴明。彼は妖魔を操り、魔道魔物に与する京の破壊者なのか? 95年刊「晴明。」と96年刊「鬼哭。」上・下を合本した完全版。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

孤独な陰陽師

2002/07/02 16:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TAIRA - この投稿者のレビュー一覧を見る

 題名の通り、安倍清明が主人公の物語。陰陽師ブームの波に乗り、一時期大量に出された天才陰陽師、安倍清明の活躍を描いた本たちと違い、この作品は自分の力に悩む人間としての清明を描いている。

 呪力で人々を呪う一言主との戦いを描いた、清明がまだ少年の頃の話「暁の星神。」
 青年になった清明が、陽成院の霊にとりつかれてしまう「鬼哭」の全2編を収録した完全版。

 人間に成りきれず、だからといって鬼にも成れない清明の苦悩と悲しみが、読んでいて切ないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人間としての葛藤を描く

2001/03/19 23:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藍桐 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 安倍晴明といえば人間離れしていて超人的というイメージがあるかもしれませんが、この作品はそうではなく、晴明が超人的な力を持ってしまった人間として苦しみ、悩み、そして成長していく物語です。
 まだ少年の域を出るかでないかという年頃の晴明は自分の力とそして回りの自分に対する視線、態度に戸惑い、悩み、苦しむ。でも、まだ若いからこそそうやって悩みながら成長していきます。物語の最後で成長した晴明が完璧な人間でも陰陽師でもないところもこの物語の魅力の一つかもしれません。
 ティーンズノベルのイメージが強いソノラマ文庫から出たものを一冊にまとめたものらしいですが、この作品に限ってはティーンズノベルの印象を全く感じません。陰陽師もののファンの人にも時代小説のファンの人にも楽しめる一冊だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/22 21:23

投稿元:ブクログ

希代の陰陽士安部清明。あまりにも人間を超えた力と人間という器がどうやって調和していくのか。
切ない話でした。

2006/07/31 12:16

投稿元:ブクログ

妖と人の狭間で揺れ動く主人公。
神となっても、邪となっても、所詮ひとりになることに変わりはない。
YAです。加門七海の話には安易なハッピーエンドはない。

2006/10/06 15:53

投稿元:ブクログ

――鈍くならねば、人は殺せん――
571ページの長編だけれども一日で完読しましたぞ〜。
こんなに楽しい読書は、久し振り。
でも、序盤のスプラッタ描写が厳しく、ゾゾっとするので
服用のさいにはお気をつけください。

2007/06/29 22:13

投稿元:ブクログ

これも長かった。2冊の合本。
夢枕獏の清明とはまた違って、多くの謎がまだまだありそうだし、スピンアウトした物語もありそうです。
でもいいや。

2015/10/02 13:19

投稿元:ブクログ

図書館で。
初めて読む作家さんでしたが…あまり好みの文章ではないかも。平安時代の人たちなのにあまりに現代過ぎるというか…保憲さんのガラが悪くて辟易するというか。
色々な方が清明を書かれているから知らず知らずそういうイメージが付いちゃってるのかもなあと思ったり。

2015/10/05 13:07

投稿元:ブクログ

10~20代の若い晴明のおはなしです。
そうよだねえ、いくら晴明だって、最初っから夢枕版のスカシた三十路(個人的イメージ)だったわけじゃないと思うのよ。
ああなるまでには若気の至りとか若いゆえの悩みとか葛藤とか大事件とかいらん苦労とか恋バナがあったに違いない!
などと作家の枠を跳び越えたイメージを膨らませることができて、晴明ファンとしては楽しかったです。

ところで先日テレビでドラマ版晴明やってましたが(夢枕版原作)CGだらけの妖怪大戦争だったのう……。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む