サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 競争力 「Made in America」10年の検証と新たな課題

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

競争力 「Made in America」10年の検証と新たな課題
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 生産性出版
  • サイズ:20cm/388p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8201-1673-8
  • 国内送料無料

紙の本

競争力 「Made in America」10年の検証と新たな課題

著者 リチャード・K.レスター (著),田辺 孝二 (訳),西村 隆夫 (訳),藤末 健三 (訳)

90年草思社刊「Made in America」以降10年間における驚異的な米国産業の復活の要因と現状を考察。情報化とグローバル化が進む国際社会での競争力の源泉を明らかに...

もっと見る

競争力 「Made in America」10年の検証と新たな課題

2,808(税込)

ポイント :26pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

90年草思社刊「Made in America」以降10年間における驚異的な米国産業の復活の要因と現状を考察。情報化とグローバル化が進む国際社会での競争力の源泉を明らかにし、次世代の企業と国家の課題を提言する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

リチャード・K.レスター

略歴
〈レスター〉1954年生まれ。マサチューセッツ工科大学産業パフォーマンスセンター所長・原子力工学博士。専門は技術革新、生産性、産業競争力。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日本経済新聞2000/3/12朝刊

2000/10/21 00:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤井良広 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、八〇年代に低迷していた米国産業再生の処方せんを描いた米マサチューセッツ工科大(MIT)編の『メイド・イン・アメリカ』(一九九〇年)の続編になる。著者は当時のとりまとめ役だった。米経済は前著の成果か、競争力を回復し、ニューエコノミーをおう歌している。
 だから、米経済賛美の書かというと、そうではない。IT(情報技術)革命で、「景気変動を超えた」という楽観論とは一線を画す。前著では、モトローラ、リーバイ・ストラウス、ニューコアなどの「ベストプラクティス」を実現する企業群を取り上げ、彼らの競争力の背景には、組織を一貫したシステムとして改革する原則と、プロセスの堅持にあると結論付けた。本書ではさらに進めて、そうした組織改革の推進力は何かと問う。
 著者は、「市場の圧力」「顧客の声」などの予想される答えを飛び越え、「内なる声」をあげる。従業員も共有する企業内の信念あるいは理念。組織プロセスと構造に対する評価といい、なにやら伝統的日本企業を思わせる。
 ただ、「内なる声」はあくまでも、新たな技術革新や市場の発展に応じて、組織を柔軟に変革する意識的な力を伴って、初めて競争力に転じる。多くの日本企業が無意識的に「企業一家」を営み、景気低迷の中で、方向感もなく求心力を失いつつある姿とは、明らかに異なる。
 現代社会が不確実性との共存を避けられないとすれば、企業も従業員も、その不確実性に耐えねばならない。耐えられるかどうかは、労使が「内なる声」を共有し、意識的な組織改革をどこまで実践できるかにかかってくる、というのが著者のメッセージだ。
 企業はだれのためにあるのか、組織と個人の相互の在り様はどこまで変わるのか。本書の根源的な問いかけに、明確に答えられる経営をしているかどうかで、企業の競争力も推し量ることができそうだ。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/08/29 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

産業 ランキング

産業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む