サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 文学全集の通販
  5. 平凡社の通販
  6. 平凡社ライブラリーの通販
  7. 加藤周一セレクション 4 芸術の個性と社会の個性の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

加藤周一セレクション 4 芸術の個性と社会の個性(平凡社ライブラリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2000/02/03
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社ライブラリー
  • サイズ:16cm/471p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-76323-5
新書

紙の本

加藤周一セレクション 4 芸術の個性と社会の個性 (平凡社ライブラリー)

著者 加藤 周一 (著),鷲巣 力 (編)

時に芸術の現代的諸問題を論じ、時に日本的美の基底を探り、あるいは一枚の画布と深く対話する…。自在な射程のもとで、文化全体における芸術の意味を明らかにする。【「TRC MA...

もっと見る

加藤周一セレクション 4 芸術の個性と社会の個性 (平凡社ライブラリー)

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

時に芸術の現代的諸問題を論じ、時に日本的美の基底を探り、あるいは一枚の画布と深く対話する…。自在な射程のもとで、文化全体における芸術の意味を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

藝術家と社会/日本の美学/ヴィーンの思い出/絵 隠された意味/ピカソの女たち/野村万蔵の藝/誰が星の空を見たか、など藝術概論と日本・欧州芸術論を収録。最終回配本。解説=柏木博【商品解説】

収録作品一覧

芸術家と社会 11-44
現代の芸術的創造 45-98
日本の美学 99-134

著者紹介

加藤 周一

略歴
〈加藤〉1919年東京都生まれ。東京帝国大学医学部卒業。文芸評論家、作家などとして幅広く活躍。著書に「日本文学史序説」「現代ヨーロッパの精神」「芸術論集」「雑種文化」など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本の知性って、捨てたもんじゃない、そう思わせてくれる本にであった

2002/12/05 20:29

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんなにも頭にいい人が世の中にはいる、素直にそう思わせてくれる人は中々いない。感じが悪い、性格がちょっとね、あの顔つきがね、いかにも頭がいいってポーズがねなど、どこかでアラを探さないではいられない。でも、加藤周一の文章を読むと、吉田秀和や塩野七生、小谷野敦などに見られるホンモノを感じて、思わず「参りました」といいたくなる。

現代では、芸術の様式について盛んに論じられるが、その質については触れられることが少ない。そこには、質を論じれば、現代美術などの評価そのものが成り立たなくなるといった、私たち鑑賞者にとっては全く意味も無い事情もあるようだが、こういったことについて加藤は極めて分りやすく解き明かしてくれる。

それは1995年に東京で開催されたブーレーズ(現代フランス作曲家。最近は指揮者として活躍)フェアでのピアニスト ポリーニの演奏から、終戦後間もないウィーンでのベルクのオペラ「ヴォツェック」、シーレやクリムトの絵画、バウハウスから京都の寺院や桂離宮、そして竜安寺の石庭などの広い分野に及ぶ。それらについて分りやすく、もっと知りたい、実物を見たいと思わせるように説く。

世界中で様々な文化に肌で触れた経験が生き、絵画、オペラ、能、そして戦争責任などについて広範な知識を駆使し、透徹した文章で語るという点では、吉田秀和に通じるところがある。「絵の中の女たち」「野村万蔵の藝」「現代オペラの問題」などは、どれをとっても面白いし、ためになる。戦時中、客のいない能楽堂で一人、能を鑑賞していたという意志の強さには、驚きを越えた感動を覚える。

『セレクション3 日本美術の心とかたち』でもその透徹した視線と、それを表現する明快な文章には脱帽した。引き続き文学論も読まなくてはいけない気になる。コンパクトな造本の中に日本の最高レベルの知性が詰め込まれた、もったいないようなシリーズ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『加藤周一セレクション 4』

2016/03/08 05:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シエル - この投稿者のレビュー一覧を見る

物凄く多産で著作数・対談集などが多い人だから読み尽きるのは不可能に近いがこの博学多才さは本当に恐れ入る。
元は東大の医学生でそのまま医局で勤めて終戦。
その後転じて、著作と同時にフランスからイギリス~ドイツ~オーストリアなどにアメリカでも住んでいた人だ。
本人はその事に余り書かないが英仏独にスペイン語ぐらいまで理解できるんじゃないかと思う。

日本では「9条を守る会」などの左翼的活動で知られるがそれとは別に本書のように芸術論については本人が色々な国や場所にその美術館などを通じて芸術品に触れているからこそ書けるもので本人は芸術家じゃないと言うだろう。

それにしても万葉集が出来た奈良時代は聖武天皇の仏教布教と東大寺の大仏の創建など仏教が色濃く政治から民意に至るまで影響した時代でもあるのに、万葉集には仏教色が全くないと良く気付いたなと思うな。

目のつけどころが違うと言うか、モノの見方が我々とは全く違った観点から見ていないとこう言う鑑識眼は出来ない。
更にそこから敷衍しての諸外国の芸術・美術品とその論についてが本書における400頁長の様々な著作と言うことなんだろうがそれぞれが成程ねと言うより良くそんなことまで知ってるなと言うことの方が多くて、学ぶと言うより驚嘆する以外にない。

もう少し、今度は国内の政治的なことを含めて読み続けてみようと思う。
ネタが尽きるのとこちらの財布が尽きるのとどちらが早いかみたいな感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/26 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します日本 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。