サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本奥地紀行(平凡社ライブラリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 38件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社ライブラリー
  • サイズ:16cm/529p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-76329-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)

著者 イザベラ・バード (著),高梨 健吉 (訳)

文明開化期の日本…。イザベラは北へ旅立つ。本当の日本を求めて。東京から北海道まで、美しい自然のなかの貧しい漁村、アイヌの生活など、明治初期の日本を浮き彫りにした旅の記録。...

もっと見る

日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)

1,620(税込)

日本奥地紀行

1,296 (税込)

日本奥地紀行

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

文明開化期の日本…。イザベラは北へ旅立つ。本当の日本を求めて。東京から北海道まで、美しい自然のなかの貧しい漁村、アイヌの生活など、明治初期の日本を浮き彫りにした旅の記録。73年刊東洋文庫の再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

イザベラ・バード

略歴
〈イザベラ・バード〉1831〜1904年。イギリス生まれ。23歳でアメリカとカナダを訪れ、「英国女性の見たアメリカ」を出版。40歳を過ぎてから本格的に旅行を始める。著書に「朝鮮紀行」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー38件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

130年前、聡明な英国女性が見た日本の奥地

2008/05/03 20:27

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mikimaru - この投稿者のレビュー一覧を見る

1878年(明治11年)の横浜に、ひとりのイギリス女性が船で到着した。

持病の影響で控えめな青春時代を送ったスコットランド地方出身の著者イザベラ・バードは、医者のすすめにより20代でアメリカとカナダを訪れて旅行記を出版したのち、社会奉仕活動などを経てふたたび40代から転地療養を兼ねた旅行をはじめる。オーストラリア、ニュージーランド、ハワイ諸島などに滞在。日本には47歳で到着し、東北や北海道をまわった旅行(本書)を終えたのち関西をまわった道中で、48歳を迎えたことになる。

病気がちの一婦人による単身の旅行、しかも荷物運搬や案内人は必要に応じて雇った場合もあるが、原則として通訳兼随行者の伊藤青年以外には頼る者もない旅に出るという、その強い意志におどろいた。道路も鉄道も完備されておらず、人を乗せることには慣れていない日本の馬(多くは使役用)を利用した旅に出るには、思いきった年齢だとの思いがある。

だが著者は、地方の村や僻村での不衛生さ(*1)、人々の不作法(*2)を嘆きながらも約三ヶ月の旅行を終えた。しかも最後の四週間は各地のアイヌの集落を訪ねながら北海道に滞在し、現代の日本人がよく知らずにいるアイヌ文化や言語(語彙)についても、細かくつづっている。

随行者である伊藤青年は18歳で、面接時には紹介状もない状態だったが、三ヶ月のあいだにまたとない人材へと成長していく。著者の望みを察知し、有能で機敏に対応すると同時に、ずるがしこさや野心も持ち合わせた一癖ある存在でもある。

指示を受けずとも、著者が興味を示すその村の戸数や人口を聞いてまわったり、えらい外国の先生に付いている通訳であると自分を誇示したい場合には正装をする。自分が行きたくない僻地には、やれ道が悪い、たいへんな道のりだからやめたほうがいいと、難癖をつけたりもする。なかなか味がある。この紀行の最後、北海道でふたりは別るが、その後はどうなったのだろうと検索をした。その後も通訳兼ガイドとして活躍したようである。

だが、伊藤青年の存在が気になる人はいるようで、どうやら彼の存在をモチーフにした小説「イトウの恋」というものも、出ているのだそうだ。

閑話休題。

乳製品や肉をなかなか食べる機会がない著者に、伊藤は鶏を買ってきて宿屋にゆでるように手配する。だがその直後、鶏卵をとるためならばともかく、肉として食べられるのは哀れだと、飼い主が返金しやってくる、あるいは鶏が逃げてしまうなどの珍事も数回あった。道中の食べ物に関する苦労話は枚挙にいとまがない。

旅の序盤で日光の金谷家(のちの日光金谷ホテル)に滞在し洋風の食事ができたころや、東北地方で洋食屋に遭遇したこと、そして旅のごく最後のほうで北海道の海の幸を食べられたことを除き、著者はほとんどの日々を嘆いてばかりだった。これは著者がわがままというよりは、当時の日本の僻村が、人をもてなすほどに余分な食料を持たなかったことにもよるだろう。

あとがきによると著者はこのあと韓国やインド、ペルシャなどに旅をし、病院の建設などに携わったようである。60代でも日本を数回訪れている。旅の生涯を1904年に、72歳で終えた。

とても長い本だが、読んでみるだけの価値はじゅうぶんにあった。

----------
(*1)不衛生さについて
屋内や畳の蚤、人々の不衛生さからくる皮膚病の蔓延については、数え切れないほどの描写がある。著者は折りたたみ式の寝台(枠組みに布をつけたもの)を携行していた。

(*2)人々の不作法について
外国人が珍しいとはいえ、集団で見物にくるなどは序の口で、安宿で就寝中に障子に穴を開けられたり、ふすまをすべて取りはらわれて見物されたことも一度や二度ではなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

てらいも気取りも無い妹宛の手紙文が好ましい

2008/09/19 21:55

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は英国地理学会の会員ではあるが、地理学者でも民族学者でもない旅行家の、スコットランドの一中年婦人である。しかし、観察力と文才はなかなかのものである。てらいも気取りも無い妹宛の手紙文が、好ましい。この著作以前にも旅行記を何冊か発行し、再版されていたとのこと。
 明治11年に東京から日光・会津を経由して日本海側から東北地方を北上し、北海道に渡り、門別まで行っている。その過程での観察と印象が、当時の東北・北海道の道路事情や和人と蝦夷人の生活事情、自然や風物の貴重な記録となっている。当時の人々の貧しい暮らしぶりと、なきに等しい道路事情に驚く。その中で暮らす人たちは、好奇心が強く、明るく親切で、礼儀正しい。森林や河川の自然の美しさも格別であったようだ。現代までに失われてしまったこれらのものに、惜別の感情を持たざるをえない。しかし、とても昔に戻りたいとは思えない、蚤と蚊と、貧しい暮らしぶりと交通状況である。外国の一婦人が、そのような環境で良く旅行を続けられたものだと思う。本人の強い意志と世界中を旅行してきた経験と、当時の日本人の人の良さによるものであろうか。
 この本は原著の前半でしかもいくらかの省略があるという。この本には無い後半は、奥地ではなく関西地方の旅行記であるとのこと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/01/11 16:49

投稿元:ブクログ

イザベラ・バードは明治11年に横浜に上陸し、東京から東北地方を縦断、北海道まで旅を続けた英国人女性です。彼女の足跡を追うNHK仙台制作の番組に感化され、今一番読みたい本の一つです(読んでなくてすみません)。

2008/09/17 13:38

投稿元:ブクログ

中島京子の『イトウの恋』を読んで読みたくなった本。

あまり期待せずに読み始めたのに
イトウの恋を先に読んでいたせいもあったのか
意外ののめり込んでしまった。。

2012/06/24 17:51

投稿元:ブクログ

けっこう辛辣だけども精密な描写で、100年ちょっと前の日本はこんなだったんだなーと新鮮な驚き。東北地方についてはちょっと似た感じが長々と続いて飽きたけど、アイヌのところは興味深く面白く読めた。たぶんもう、ほとんど消え去ってしまったし・・・。

2007/01/17 00:01

投稿元:ブクログ

この本を知ったのはJALの機内誌で紹介されてたから名前をメモってきて購入。明治時代の日本の田舎ってこんなのだったんだと素直にびっくり。外人からみたらなおさらびっくりしたということがこの本から感じ取れます。

2007/07/03 19:20

投稿元:ブクログ

(2006.02.13読了)(2005.12.25購入)
宮本常一著の「イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む」という本を読んだのですが、本家はまだ読んでいなかったので、神さんに頼んでクリスマスプレゼントとして買ってもらいました。宮本さんの本もかなり興味深い内容でしたが、この本も、明治初めの頃の東北地方の状況が書いてありますので、貴重な記録といえます。
芭蕉の「奥の細道」と同様、同じ道をたどってみたい気が起こります。但し、この本には地図か付いていませんので、自分の地理の知識では、大雑把な道筋しか分かりません。
東京から日光に向かい、さらに会津の辺りを通り、新潟に抜け、山形、秋田、青森と辿り、函館に渡り、室蘭、苫小牧、長万部などを訪れたようです。北海道では、アイヌ部落で、生活したようです。
「本書は、私が旅先から、私の妹や、私の親しい友人たちにあてた手紙が主体となっている」(18頁)(郵便制度というのは凄いです。)

●横浜駅(36頁)
切符切り《これは中国人》、車掌と機関手《これは英国人》、その他の駅員は、洋服を着た日本人である。
●中国人(43頁)
横浜に一日でも滞在すれば、小柄で薄着のいつも貧相の日本人とは全く違った種類の東洋人を見ずにはいられない。日本に居住する二千五百人の中国人の中で、千百人以上が横浜にいる。もし突然彼らを追い払うようなことがあれば、横浜の商業活動は直ちに停止するであろう。
商館で何か尋ねたり、金貨を札に換えたり、汽車や汽船の切符を買ったり、店で釣銭をもらったりするときには、中国人が必ず姿を見せる。街頭では、何か用事のある顔つきで元気よく人のそばを通り過ぎる。彼は生真面目で信頼できる。彼は雇い主からお金を盗み取るのではなく、お金を絞り取ることで満足する。人生の唯一の目的が金銭なのである。このために中国人は勤勉であり忠実であり克己心が強い。だから当然の報酬を受ける。
●日光、入町村の学校(118頁)
学校の器具はたいそうよい。壁には、立派な地図がかけてある。先生は、二十五歳ばかりの男で、黒板を自由自在に使用しながら、非常に素早く生徒たちに質問していた。英国の場合と同じように、最良の答えを出したものがクラスの首席となる。従順は日本社会秩序の基礎である。子供たちは家庭において黙って従うことに慣れているから、教師は苦労をしないで、生徒を、静かに、よく聞く、おとなしい子にしておくことができる。
●子供をかわいがる(130頁)
子供たちは両親と同じように遅くまで起きていて、親たちのすべての話の仲間に入っている。私は、これほど自分の子供をかわいがる人々を見たことがない。子供を抱いたり、背負ったり、歩く時には手をとり、子供の遊戯をじっと見ていたり、参加したり、いつも新しい玩具をくれてやり、遠足や祭りに連れてゆき、子供がいないといつもつまらなそうである。他人の子供に対しても、適度に愛情をもって世話をしてやる。父も母も、自分の子に誇りを持っている。
●「外人が来た!」(168頁)
外国人がほとんど訪れることもないこの地方(猪苗代湖辺り)では、町のはずれで初めて人に出会うと、その男は必ず町の中に駆け戻り、「外人が来た!」と大声で���ぶ。するとまもなく、老人も若者も、着物を着た者も裸の者も、目の見えない人までも集まってくる。
●日本の子供(312頁)
私は日本の子供たちがとても好きだ。私は今まで赤ん坊の泣くのを聞いたことがなく、子供がうるさかったり、言うことをきかなかったりするのを見たことがない。
私は、子供たちが自分たちだけで面白く遊べるように、うまく仕込まれているのに感心する。家庭教育の一つは、色々な遊戯の規則を覚えることである。子供たちは自分たちだけで遊び、いつも大人の手を借りるようなことはない。
私はいつも菓子を持っていて、それを子供たちに与える。しかし彼らは、まず父か母の許しを得てからでないと、受け取るものは一人もいない。許しを得ると、彼らはにっこりして頭を深く下げ、自分で食べる前に、そこにいる他の子供たちに菓子を手渡す。

著者 イザベラ・バード
1831年10月15日 イギリス生まれ
1854年 医者に航海を勧められアメリカとカナダを訪れる
1878年(明治11年) アメリカを経由し上海へ。さらに横浜へ。東北、北海道を旅行
1880年 「日本奥地紀行」出版
1894年 朝鮮旅行
1898年 「朝鮮とその隣国」出版
1904年10月7日 死亡、享年72歳

(「MARC」データベースより)amazon
文明開化期の日本…。イザベラは北へ旅立つ。本当の日本を求めて。東京から北海道まで、美しい自然のなかの貧しい漁村、アイヌの生活など、明治初期の日本を浮き彫りにした旅の記録。73年刊東洋文庫の再刊。

2009/12/15 02:00

投稿元:ブクログ

転地療養のため明治の日本を訪れ、北海道までを旅したイギリス人女性による紀行文。病弱なはずなのにとんでもなく元気だ。当時の日本人の暮らしぶり、特に歴史の表舞台に立つ事の無かった東北や北海道の庶民の暮らし、あるいは既に迫害を受け始めていたアイヌの暮らしなど、外国人ならではの「外部の視線」で描かれているのが新鮮だった。

2010/02/21 13:07

投稿元:ブクログ

20091218
イザベラ・バードさん。
身体が弱いので旅行でもしたら?で世界中回って紀行文書いて
旅行家扱いなお方。
明治初期の日本の関東~東北~北海道(アイヌ)の観察紀行記。
詳しく書いてあるので面白い。
昔の日本て古いところだったんだなあ。

2011/06/05 22:25

投稿元:ブクログ

とても良い本でした。

ちょうど西郷隆盛の西南戦争が終わった翌年(1878年)に、著者であるバード女史が東北地方と蝦夷(北海道)を旅行し、その旅行の困難さや、それまで西洋に知られていなかったそれらの地方の風俗を描いた貴重なレポートです。

当時の東北地方農村部や蝦夷のアイヌなど、今の僕ら現代日本人でも想像がつかない彼らの実態を見せてもらえます。(これは僕の無知を曝け出すようで恐縮なのですが、アイヌが日本人と容姿や言語そして宗教まで全く異なる人たちであるということを、この本で初めて知りました。)

バード女史ですが、この旅行をしたのがなんと47歳の時!理由が健康回復のため(女史は若いころから体が弱かった)とのことなのですが、こんな旅行をすると、健康なひとでも身体を壊してしまうというくらいハードな旅行です。

資料として非常に貴重な紀行文なのですが、この本で僕が一番おもしろかったのは、バードさんの歯に衣着せぬ物言いでした。汚い住居や粗末な食事、愚かな原住民等々に対してのコメントが全く容赦ないです。(笑)

勿論、見るもの聞くこと全てに対してネガティブな反応をしている訳ではなく、例えば米沢平野の拓かれ方や北海道有珠(うす)地方の景色など、良いものは良いと激賞しています。

大体において紀行文というのは僕にとっては非常に退屈なものが多いのですが、バードさんのこの超辛口のコメントのお陰で最後まで面白く読み通せました。

ここで面白かったエピソードを2、3紹介します。

1.当時の日本の宿(住居)には蚤などの虫で一杯だった。
2.アイヌ(一部の部族だけかもしれない)は源義経を崇拝していた。
3.アイヌの大人の女性はみんな入れ墨をしていた。

興味を持たれた方は、是非読んで頂きたいと思います。

2009/05/13 23:31

投稿元:ブクログ

明治時代に、東北から北海道を旅した、イギリスの女性探検家の紀行文。
若干の優越意識はありそうだけど、でも、日本を見る目がすごく素直でかつ鋭い。好奇心といい、描写力といい、視点の確かさといい、この著者は、私にとって「尊敬する女性」のひとりだなぁ…。
寺子屋で教材にしていたという「いろは歌」の訳し方(これはいい訳だ!)とか、「子どもにこんなクラい歌を教えるのがよくわからん」という感想とか、非常に面白いです。
日光に行ったあたりで、著者は「将来ホテルを経営したいという夢を持ってる金谷さん」のおうちにお世話になっています。のちのあの金谷ホテル! 夢をかなえたんですね、すごーい!!

2011/09/15 07:03

投稿元:ブクログ

正直期待はずれであった。明治維新から間もないまだ江戸時代の生活がそのまま残っている東北や北海道の紀行文なのだが、人々の息遣いが伝わっているとは言い難い。温かいまなざしよりも西洋人より劣った人種として、また未開人として観察している。数か月の旅でありながら人々との触れ合う場面は少なく、プライバシーが無いとか蚤に悩まされたとか不平が多い。また、北海道では晩夏に増水した川を泳いで渡ったというから本当なのかと疑ってしまった。風景描写も凡庸で表現力に欠けると感じた

2010/09/07 21:36

投稿元:ブクログ

明治時代の東北北海道の風俗を知る貴重な旅行記
文明開化期の日本。イザベラは北へ旅立つ。本当の日本を求めて。東京から北海道まで、美しい自然のなかの貧しい農村、アイヌの生活など、明治初期の日本を浮き彫りにした旅の記録。

イザベラ・バードの「日本奥地紀行」は是非読んでみたかった一冊です。東洋文庫は高価な2冊組みですが、平凡社ライブラリーでは安価で入手することができます。
イギリス人の女性が日本の東北北海道を一人旅するというのは、交通網が発達した今とは違って、当時はとても勇気の要ることだったと思います。それでも日本の奥地へ向かったのは、彼女の好奇心の強さによるもので、従者を一人だけ連れて何度も落馬したり危険な目にあって苦労しながらも北海道に向かいます。
途中の町で様々な日本人と交流し、その土地の風俗を手紙に書きとめて発信したものが、この記録の基になっています。
日本人にとって、当たり前の習慣は記録に残りにくいものですが、外国人の彼女の目からは、見るもの聞くものが風変わりで珍しいものに見えたのでしょう。
この本を読んでいくと、明治初期の日本の地方の姿がどのようなものであったか、よくわかります。
江戸や京都などの大都市を描いた外国人の著作は多いのですが、彼女のように地方を旅した人は少ないと思います。同じ日本でありながら全く違う習慣や風俗を見て、別の国を旅している気分になったかもしれません。
日本という国の多様性を知る意味でも大変貴重な記録だと思います。

2010/07/15 17:47

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
文明開化期の日本…。
イザベラは北へ旅立つ。
本当の日本を求めて。
東京から北海道まで、美しい自然のなかの貧しい農村、アイヌの生活など、明治初期の日本を浮き彫りにした旅の記録。

[ 目次 ]
初めて見る日本
富士山の姿
日本の小船
人力車
見苦しい乗車
紙幣
日本旅行の欠点
サー・ハリー・パークス
「大使の乗り物」
車引き〔ほか〕

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2012/05/29 23:05

投稿元:ブクログ

スコットランド出身のイザベラ・バードの1878年(明治十一年)の6月から9月にかけての東北,北海道紀行の記録.交通機関は人力車と駄馬で,この馬にはそうとう困っていたようだ.
宿屋では外人女性を一目見ようと人々が群がり,プライバシーがなく,おまけに蚤,蚊,悪臭に始終つきまとわれている.さらに夜中の隣室の宴会によって,眠れないこともしばしばだったようだ.食事のひどさも相当だったらしく,肉への執着をしばしば口にしている.

多くの町はそのひどい様子をこき下ろされるのだが,山形県と秋田市(久保田)は非常にほめられているのが印象に残った.
(バードが通ったところで私がいちばん行ってみたいと思ったのは,青森県黒石.ねぷたが見てみたい.)

残念ながら,私は民族学的な興味はあまりないので,この本の価値はそういう記述にあるのだろうなと思いながらも,しばしば退屈に感じることがあった.500ページ以上あるので実際長いのだが,その長さを感じさせるページも少なくなかったということ.

それよりも私は実際にどのルートを通っていったかにとても興味があって,はじめは地図帳や google map で調べていただのが,これが意外に難しい.地名が使われなくなっていたり,バードが思い違いをしていたり,旧道がすたれてなくなっているからである.それで途中から,参考書を開きながらという読書になった.

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む